AKIRA(アキラ)のネタバレ解説まとめ

AKIRAとは1982年~1990年に連載された大友克洋によるマンガ作品、および1988年劇場アニメ版作品のことである。新型爆弾により崩壊した東京地区に住む主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力者を巡る抗争に巻き込まれる。軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦う。

ケイと共に大東京帝国を引き継ぎ、誰の言いなりにもならないことを決めた金田

何もかもが崩壊した世界に取り残された、僅かに生き残る被災民たちと金田、ケイ、甲斐。
そこにアメリカ軍をはじめとした国連からの派遣団が上陸し、難民救済の名目の元制圧しようとするが、そこへ「大東京帝国」を引き継いだ金田らが現れ反旗を翻す。
「救援物資は頂くが、それ以上のことは内政干渉とみなす。アキラはまだ俺たちの中に生きている」
そういい残し、ケイを乗せたバイクに乗った金田は、仲間と共に崩壊した街を駆け抜けていくのだった。

※上記のシーンは連載では描かれず、その後出版されたコミック版で追記されたシーンである。
そのため、どういった経緯で金田が新たな「大東京帝国」を治めることになったのかまでは描かれておらず、あくまでエピローグ的な表現にとどまっている。

登場人物・キャラクター

金田正太郎(CV:岩田光央)

ネオ東京の職業訓練校に通う学生。暴走族のリーダー的存在で人望も厚い。
明るく前向き、度胸があり、女好き。悪運が強く、高い運動能力を持ち合わせており逃げ足が速い。
幼馴染の鉄雄とは対照的な性格で、大人しい彼を庇護するような立場にいた。

盗んだバイクを改造して走っており、興奮剤のようなものを摂取しながら暴走行為にあけくれている。
自称「健康優良不良少年」。

アキラ覚醒後の能力発揮によりネオ東京が崩壊した時、光に飲まれ瓦礫の中で眠っていたが、その後鉄雄の覚醒による衝撃で瓦礫の中から生還する。
最終決戦後、鉄雄たちの残した大東京帝国を引き継ぎ、上陸したアメリカ軍らに反旗を翻す。

島鉄雄(CV:佐々木望)

金田の幼馴染。大人しく引っ込み思案な性格のせいか、金田をはじめとした仲間たちにいつも庇護される立場にいた。
ところが本人はこれに対し強い劣等感を抱いていた。
バイクでの走行中、ナンバーズの一人タカシとの接触事故を期に超能力が覚醒し、軍のラボにおいて「41号」とナンバリングされていた。
超能力の覚醒後は凶暴な性格になり、今まで感じていた劣等感が金田への憎悪に変貌する。
彼の得た超能力は最終的に月を破壊するほどに至るが、その時には肉体と精神がバラバラになり自らの力を制御することができなくなってしまっていた。

アキラ

かつてナンバーズとして超能力の才能を見出され軍の研究機関で能力を育成されていたうちの一人。28号とも呼ばれる。
アキラの能力は桁違いだったため、1982年に覚醒と同時にその能力が暴走してしまい、結果東京が破壊されてしまう。
その後アキラは冷凍状態で封印されていたが、鉄雄の手により封印が解かれる。その後タカシの死を目の当たりにすることで再び能力が暴走し、ネオ東京崩壊を招く。
ネオ東京崩壊後は「大覚様」として崇められ「大東京帝国」のシンボルとなるが、実際は夢遊病のような半覚醒状態でいつまた能力が暴走してもおかしくない状態であった。
作中では言葉を喋ることはなく、精神的ショックを受けた時(タカシの死を目の当たりにした時)や後半の鉄雄の暴走時などに雄たけびをあげるにとどまる。

ケイ(CV:小山茉美)

反政府ゲリラのメンバーの一人である少女。
兄の後輩にあたる、同メンバー竜作とコンビで活動していた。
作戦行動中、危機に陥ったところを金田に助けられたのを期に行動を共にする。女好きの金田からさんざん迫られるがうまくかわしている。
軍に捕えられラボに収容された時に、ナンバーズの超能力により操られ鉄雄を抹殺しようとしたり、ミヤコの超能力を媒介する能力を開発されたりするなどしている。
最終的には化け物と化した鉄雄と超能力で戦うことになる。

竜(本名・竜作)(CV:玄田哲章)

反政府ゲリラのリーダー。ケイとコンビを組んで行動していた。金田に助けられたケイの助言により金田を仲間に入れる。
ネオ東京崩壊後は酒に溺れるが、アメリカからの工作員と手を組み行動を共にするようになった。

チヨコ

通称おばさん。反政府ゲリラメンバーの一人。
大柄で腕っ節が強く姉御肌。ケイのことを実の娘のようにかわいがっており、ネオ東京崩壊後行動をともにしていた。
キヨコとマサルをミヤコの元へ移送中、大東京帝国の手下に襲撃され負傷しているところを敷島大佐に助けられ、その後ケイと合流する。
最終決戦後、金田らと共に大東京帝国側についている。

敷島大佐(CV:石田太郎)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents