ロックマンX4(Rockman X4, Mega Man X4)のネタバレ解説まとめ

ロックマンX4はカプコンのアクションゲーム。人類を守るための組織「レプリフォース」が起こした反乱を鎮圧するために、エックスとゼロが出撃する。今作からはじめてゼロを主人公として使うことができる。射撃戦主体のエックスと、剣による接近戦主体のゼロとでは全く違った遊び方ができるのが特徴。ゲーム機種がプレイステーションとセガサターンになったことでグラフィックもバージョンアップしている。

概要

『ロックマンX4』は、カプコンが1997年に発売したアクションゲーム。『ロックマンX』ナンバリングシリーズの4作目のゲームとなる。プレイステーションとセガサターン用ソフトが同時発売された。

最大の特徴は、『ロックマンX』~『ロックマンX3』の主人公だったエックスに加えて、ゼロをプレイヤーキャラクターとして選べるようになったことである。
射撃戦をメインとし、ステージに隠されているアーマーパーツを探してパワーアップできるエックスと、剣による接近戦がメインとなるゼロとでは遊び方が全く異なってくる。

また、『ロックマンX3』までは対象機種がスーパーファミコンだったが、今作は対象機種がプレイステーションとセガサターンになったことによって、グラフィックがバージョンアップしたほか、エックスやボスたちにボイスがついたことやアニメーションが挿入されるようになったことも特徴である。

コミカライズには、『コミックボンボン』で連載されていた岩本佳浩の『ロックマンX4』がある。

あらすじ・ストーリー

21XX年(『ロックマン』シリーズから100年以上の歳月が経過した時代)。
人間のように複雑な思考をもつロボット「レプリロイド」と人類は共生関係にあった。

悪事を働くレプリロイド「イレギュラー」を処罰する「イレギュラーハンター」と、大規模な災害などに対応する軍隊「レプリフォース」の2大組織が人類の平和を守っていた。2つの組織は互いに協力しつつ、ともに活動していた。

ある日、レプリフォースの総司令官であるジェネラルのもとを死神のような男が訪ねる。その男は、「イレギュラーハンターは人間の言いなりとして危険な力を持ち始めている」とジェネラルを諭す。ジェネラルは一喝と共にその男を立ち去らせる。

しばらく時間がたったころ、ゼロはいつもの夢を見ていた。老いた科学者がゼロを「わしの最高傑作」として、何者かの破壊命令を出す。そして彼の手はレプリロイドを破壊し、オイルまみれになっているのだった。そこで出動命令が出て彼は目を覚ます。

エックスとゼロが出動した空中都市「スカイラグーン」は、2人の懸命の活動も虚しく、イレギュラーの手によって地上に落下してしまう。多大な被害が出る中、スカイラグーンの落下にはレプリフォースが関わっているという疑いが持ち上がった(岩本佳浩のコミカライズだとレプリフォース製のパーツがイレギュラーに使われていた設定になっている)。

イレギュラーハンターはスカイラグーン落下地点に居合わせたレプリフォースの士官であるカーネルに動向を求めるが、彼はそれを拒否する。
しだいにレプリフォースに対する疑惑は深まり、それに反抗したジェネラルは、ついにはレプリロイドだけの国家を作ることを宣言し、各地でクーデターを起こす。
これらの事変を鎮圧するため、エックスとゼロは出撃するのだった。

登場人物・キャラクター

エックス(X、CV:伊藤健太郎)

イレギュラーハンター第17部隊の隊長。
100年以上前に、ロックマンを創った「ロボット工学の父」トーマス・ライト博士によって創られたロボットであり、人間にあまりにも近い精神構造を持つがゆえに、人間に反旗を翻す危険性も考慮されて、ライト博士自身によって封印されていた。
イレギュラーによる数々の反乱を鎮圧してきた「英雄」であるが、本人は戦いを望んでいない優しい性格である。

主武装はソーラーエネルギーを弾丸状にして放つ「エックスバスター」であり、溜め撃ちすることで威力を向上させた「チャージショット」になる。
ロックマン同様に、ステージボスのDNAデータを解析することによって、そのボスたちの使っていた武装の一部を使える「特殊武器トレースシステム」を備えている。

また、特定のステージに隠されている、ライト博士の人格データが搭載されているカプセルに入ると、エックスの機能をパワーアップさせるアーマーパーツを装備できる。
「ヘッドパーツ」は特殊武器の通常使用時のエネルギー消費をゼロにする。「フットパーツ」は空中でダッシュできるエアダッシュと、空中でその場にとどまるホバリングが可能になる。2種類の「アームパーツ」はそれぞれ特殊武器のチャージを可能にするほか、チャージショットを4発まで撃てる機能と強力なプラズマチャージショットを撃てる機能を選べる。
「ボディパーツ」は防御力を上げ、さらに敵からのダメージが変換されたエネルギーが満タンになると、無敵の突進攻撃「ノヴァストライク」を放つことができる。

装備できるアーマーには、隠しパスワードを入力してカプセルに入ることにより、ノヴァストライクが無制限で使用できる「アルティメットアーマー」も存在する。

ゼロ(ZERO、CV:置鮎龍太郎)

イレギュラーハンター第0特殊部隊の隊長。エックスの親友。
『ロックマン』シリーズで何度となく世界征服を企んできたアルバート・W・ワイリー博士(Dr.ワイリー)が創りだした最後のロボットとされており、エックス同様に限りなく複雑な思考をもつ。

主武装はビームの刃で連続の剣技を繰り出す「ゼットセイバー」。『ロックマンX3』まで装備されていた「ゼロバスター」は装備されていない。
(岩本佳浩のコミカライズでは、修復時にバスターの回路に欠陥があり、その状態で必殺の「アースクラッシュ」を放ったことにより完全に回路が死んでしまったことによるものとされている。ただし、『ロックマンX5』『ロックマンX6』では、威力が低い副武装の「ゼットバスター」を装備している)。
また、ステージボスを倒すことによって、戦いによって得た経験値から修得する「スキルラーニングシステム」によって新たな技を使うことができるようになる。

最終ステージにて、ゼロの素性が明らかになる。
かつては見境なくレプリロイドを破壊していく殺戮者のイレギュラーだった。彼を処分しようとした、当時最強のイレギュラーハンターと言われたシグマと対等な戦いを繰り広げ、次第には彼を圧倒して一方的にいたぶる。しかし、額に「W」の文字が刻印されたときに急に苦しみはじめ、その隙を突いたシグマの攻撃で機能停止に追い込まれる。
その際に、Dr.ワイリーが仕込んでおいたコンピューターウィルスをゼロとシグマの双方が浴びるが、ウィルス耐性が極めて強かったゼロはそれまでの記憶を失うとともに、残虐性が消滅し、優れたイレギュラーハンターとなるに至った。

かつてイレギュラーであった過去をシグマに明らかにされても、そのことに悩むことはなく、事件の黒幕であったシグマを討とうとするクールな性格。一方で熱い性格も持ち合わせており、心を通わせていたアイリスが機能停止したときには絶叫し、その死を悼んだ。

カーネル(CV:山野井仁)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロックマン5 ブルースの罠!?(Rockman 5, Mega Man 5)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン5 ブルースの罠!?』はカプコンが開発・発売したアクションゲーム。冒頭でライト博士が誘拐されてしまい、その犯人はブルースと推測された。さらに8体の戦闘用ロボット率いる軍団が世界各地を荒らしまわる。ロックマンは平和を守るために、ライト博士を救うために、そして事件の真相を探るために出撃する。

Read Article

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(Rockman 2, Mega Man 2)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』はカプコンが発表したアクションゲーム。Dr.ワイリーが繰り出してくるロボット軍団から世界を守るべく、ロックマンは再び戦いに出る。ロックマンシリーズの中でも最高販売数を記録している本作では、サポートメカの登場、E缶の導入、一般からのアイディア募集など、その後のシリーズの定番となった演出が初めて導入された。

Read Article

ロックマン8 メタルヒーローズ(Rockman 8, Mega Man 8)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン8 メタルヒーローズ』はカプコンのアクションゲーム。宇宙から飛来した悪のエネルギーを悪用せんとするDr.ワイリーの野望にロックマンが立ち向かう。ゲーム機がプレイステーションとセガサターンに移ったことで、グラフィックが大きくバージョンアップした。ステージ中にあるネジを集めることで、好きなようにロックマンをカスタマイズできる。ロックマンたちにボイスがついたのも特徴である。

Read Article

ロックマン6 史上最大の戦い!!(Rockman 6, Mega Man 6)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン6 史上最大の戦い!!』は、カプコンが開発・発売したアクションゲーム。Mr.Xを名乗る謎の人物が繰り出してくるロボット軍団を相手に、ロックマンは世界の平和を守るために戦う。今作ではロックマンがラッシュとの合体によってパワーアップする要素が加わり、アクションの幅が広がっている。

Read Article

ロックマン&フォルテ(Rockman & Forte, Mega Man & Bass)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン&フォルテ』は『ロックマンシリーズ』最後のスーパーファミコンソフトであるアクションゲーム。難易度はかなり高めとなっている。Dr.ワイリーの城を乗っ取り世界征服を企むキング軍団に、ロックマンとフォルテが挑む。最大の特徴はプレイキャラクターにロックマンかフォルテの好きなほうを選べることである。両者の特性が異なるため、全く違った感覚でプレイが可能になる。

Read Article

ロックマンX2(Rockman X2, Mega Man X2)のネタバレ解説まとめ

ロックマンX2はカプコンが1994年12月に発売したスーパーファミコン専用のアクションゲームソフトである。ロックマンシリーズから派生したロックマンXシリーズの2作目にあたる。カプコンが独自に開発したDSPチップのCX4というものがカートリッジに搭載されており、従来のスーパーファミコンのソフトよりさらに発展したグラフィックや演出を実現させている。

Read Article

ロックマン4 新たなる野望!!(Rockman 4, Mega Man 4)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン4 新たなる野望!!』はカプコンが1991年に発売したアクションゲーム。Dr.ワイリーが消息不明になった中、新たに世界征服の野望を宣言した科学者、Dr.コサック率いるロボット軍団にロックマンが立ち向かう。今作からシリーズの定番となった「チャージショット」が可能になっており、攻撃アクションの幅が広がっている。

Read Article

ロックマン(Rockman, Mega Man)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン』はカプコンが1987年に発売したアクションゲーム。『ロックマン』シリーズの1作目である。世界征服の野望を抱き、戦闘ロボット軍団を繰り出してくるDr.ワイリーにロックマンが挑んでいく。難易度の高いステージや、ボスの武器を使用できるシステムに注目が集まり、その後も愛されるシリーズとなるきっかけをつくった作品である。

Read Article

ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?(Rockman 3, Mega Man 3)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』はカプコンが発表したアクションゲーム。ロックマンシリーズの第3作目で、ブルースやラッシュなどのシリーズのレギュラーとなるキャラクターが初登場した。ライト博士とDr.ワイリーがともに開発したロボット「γ(ガンマ)」を巡って起こった戦いを収束させ、世界の平和を守るためにロックマンは戦いに赴く。

Read Article

ロックマン7 宿命の対決!(Rockman 7, Mega Man 7)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン7 宿命の対決!』は、スーパーファミコンで初めて発売された、ロックマンのアクションゲームである。止むことを知らないDr.ワイリーの世界征服の野望を食い止めるため、ロックマンは8大ボスらとの戦いを繰り広げることとなる。今作からフォルテやライトットが登場し、またネジを貯めてアイテムを手に入れることができるようになるなど、その後のシリーズにも共通するキャラクターやシステムが登場している。

Read Article

ロックマン11 運命の歯車!!(Rockman 11, Mega Man 11)のネタバレ解説まとめ

『ロックマン11 運命の歯車!!』とはカプコンより2018年10月4日に発売されたアクションゲームである。 ロックマンシリーズにおける今までのアクションの要素(ショット・チャージショット・スライディング・特殊武器など)を押さえつつ新要素『ダブルギアシステム』を含めたのが特徴だ。今回も悪の天才科学者ワイリーの世界征服の野望を打ち砕くべくロックマンが出撃する。

Read Article

目次 - Contents