バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』は2012年にアメリカで公開されたコメディ映画。高校時代の仲良し4人組グループ、通称Bee軍団。卒業してからも付き合いが続いていた彼女達だったが、仕事や恋愛で上手くいかない日々を送っていた。そんな時、内心「ブタ顔」と呼んでバカにしていた仲間の1人から、結婚するという衝撃の告白を受ける。笑顔で祝福しつつも、内心はドロドロの嫉妬心を抱えたガールズ達はドタバタの大暴走を繰り広げる。NYを舞台に、恋に仕事に友情にと奮闘する女性達を描いたブラックコメディだ。

『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』の概要

『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』とは2012年にアメリカで公開されたコメディ映画。親友の結婚前夜、嫉妬にかられたシングル女子3人が、NYを舞台に繰り広げるドタバタ痛快友情コメディだ。友達に先に結婚される時の女の子の複雑な心境をコミカルに描いた本作は、同世代の女子の共感を呼び、一躍ヒット映画となる。元々は監督のレスリー・ヘッドランドが舞台用に書き下ろした戯曲だったのだが、この脚本の面白さに感銘を受けたコメディ俳優ウィル・フェレルとコメディ監督アダム・マッケイの製作によって映画化された。

主役の完璧女子を演じたキルスティン・ダンストンは、映画『メランコリア』(2011年)で第64回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した実力派俳優である。太めの親友ベッキー役のコメディアン女優レベル・ウィルソンは、体型を生かした役柄をコミカルに演じている。彼女は人気映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズでも個性的な役を演じ、見事な歌声も披露するなど多才ぶりを発揮した。高校時代の元カレを恨むジェナ役を演じたリジー・キャプランは、『トゥルーブラッド』など、人気TVシリーズや映画で活躍する美人女優だ。ドラッグ大好き女子ケイティを演じたアイラ・フィッシャーは、主演した『お買いもの中毒な私!』(2009年)にて一躍大注目を浴びた期待の女優である。今作でもおバカ女子をユーモラスに演じている。

レーガン、ジェナ、ケイティは高校時代からの美人仲良し女子グループだ。しかし卒業してからは恋や仕事が上手く行かないワケありな生活を送っていた。そんな時、もう一人の友達ベッキーから結婚の報告を受ける。高校時代ベッキーのことを「ブタ顔」とバカにしていた女子たちは大ショック。嫉妬にかられた彼女達は、結婚前夜ベッキーのウエディングドレスを破ってしまう。結婚式まであと12時間、ドレスの修繕のためにNYの街を駆け巡るガールズ達のドタバタ劇が巻き起こる。次から次へと起こるトラブルを乗り越えながら、友達のために奮闘するガールズ達の友情の行方はどうなるのか。果たしてベッキーは無事結婚式をあげられるのか。女同士に渦巻くドロドロとした嫉妬とハートフルな友情を描いた、女子共感度100パーセントの痛快ブラックコメディ映画だ。

『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』のあらすじ・エピソード

ブタ顔同級生の結婚

婚約指輪を見せながら結婚を報告するベッキー

高校時代の同級生グループ、通称「Bee軍団」のレーガン・クロフォード、ケイティ・ローレンス、ジェナ・メイヤーズ、ベッキー・アーチャーは仲良し4人組女子だ。卒業後、レーガンはガンで苦しむ子どもをケアする仕事に就いていたが、恋人と上手く行かずイライラする毎日。ショップ店員として働くケイティは、上司のマニーが眉をひそめるほど仕事に全く身が入っていない。ジェナは高校時代と変わらず男と酒とドラッグに溺れた生活をしている。卒業してからも付き合いが続いた彼女たちだったが、ある日太っちょのベッキーから結婚するという衝撃の告白を受ける。しかも花婿のデイルはイケメンの好青年だ。高校時代、ベッキーのことを「ブタ顔」と呼んで内心小ばかにしていた3人は大きなショックを受け、結婚式に乗り込んでやろうと意気込んだのだった。

波乱のバチェロレッテパーティー

結婚前夜祭パーティーでのスピーチの様子

いよいよ結婚式の前夜祭パーティーの日。メイド・オブ・オナー(花嫁のサポート役の代表者)のレーガンがパーティーを取り仕切った。ケイティとジェナは高校時代のようにドラッグではじけようとしたが、そこは落ち着いた大人の雰囲気のパーティーだった。しかし2人はこっそりドラッグを楽しみ、ハイになる。パーティーでレーガンは、花婿デイルの友達、トレヴァー・グラハムと知り合う。ケイティは高校時代の同級生ジョー・バーンズと再会する。ジョーは昔からケイティに思いを寄せていた地味目の男性だ。またジェナは高校時代の元彼氏クライドと再会したが、彼とはある確執を抱えており、内心穏やかでいられない。しかもジェナはクライドにまだ未練があり、彼にツンケンとした態度を取ってしまう。クライドは「いまだに反抗期」とジェナを批判し、2人は嫌味の応酬に終始した。その後思い出を語るスピーチをしたジェナが、高校時代ベッキーがトイレで嘔吐していたことをみんなの前でバラしてしまい、なんとなく気まずい雰囲気が漂う。

いよいよ女子だけの独身最後の夜を楽しむバチェロレッテパーティーが始まる。すると、いきなり警官に扮したマニーが訪ねてくる。不審がるベッキーだったが、マニーは突然制服を脱ぎながらダンスを始める。突然のストリップショーに、女子たちは大いに盛り上がる。しかしストリッパーが「ブタ顔ちゃん、もっとはじけて」と叫ぶと、ベッキーは突然怒り出す。高校時代にバカされていたあだ名で呼ばれ、トイレの件も暴露されたベッキーは、突然キレてジェナに食ってかかった。そして「明日の式にはこないで。態度を改めないかぎりね」とジェナに言い渡す。

ウエディングドレス騒動

ベッキーのウェディングドレスを破いてしまい動揺するレーガン(左)とケイティ(中央)とジェナ(右)

パーティーはお開きになったが、久々の再会を祝してレーガン、ジェナ、ケイティのプチ女子会が始まる。酔いが回った彼女たちは、太っちょのベッキーをさんざんこき下ろす。レーガンは頭も良く、美貌も完璧な自分が結婚できないことに納得がいかないと憤慨していた。そこで酔っぱらったレーガンとケイティは、ふざけてベッキーの大きなウエディングを2人で着ようとする。その勢いでドレスが破れてしまい、3人は大パニックに陥った。結婚式までになんとかせねばと、ウエディングドレスショップの店員を呼び出し、新しいドレスを買おうと画策する。しかしそこにはベッキーに合うサイズのドレスは1着しかなかった。しかもそのドレスはレーガンが昔から憧れていたデザインのウエディングドレスだった。レーガンは「憧れのドレスをベッキーに着せるくらいなら、道路をナメるわ」と言い放ち、絶対に買おうとしなかった。

ストリップバーへ乱入

独身最後の夜をストリップバーで楽しむ男達

そこで、ショップ定員のケイティが実は裁縫ができることがわかり、ミシンを調達することとなった。クライドなら手配できるということになり、男達が楽しんでいるストリップバーに乗り込む。そこでジェナはクライドがストリッパーとイチャついてる場面を目撃してしまう。そのことにショックを受けたジェナとレーガンの間でケンカが勃発する。3人は別れ別れとなり、ジェナはクライドを無理やり連れだし、レーガンはトレバーと、ケイティはジョーとそれぞれ店を後にした。

ジェナは高校時代クライドの子どもを中絶した事件を蒸し返す。ジェナはクライドが中絶に付き添わず、1人で子どもを始末しなければならなかったことをまだ怒っていたのだ。険悪な雰囲気だったが、まずはドレスの修繕が最優先であると思い直し、裁縫が得意なクライドの母を訪ねる。クライドの母親が修繕を引き受けてくれ、2人はホッとする。そこでなぜ中絶に付き添ってくれなかったのかとジェナが問うと、クライドは「悲しすぎて」と告白した。その後2人は高校時代の思い出に浸りながら、一夜を共にする。

一方、ケイティとジョーはホテルのプールを楽しんでいた。最高の気分に浸りながら、ケイティは過去に自殺未遂をしたことを告白する。そんなケイティを慰めるようにジョーはキスをした。いい雰囲気となった2人だったが、「酔った勢いで関係したくない」とジョーはその場を立ち去った。関係を断られたケイティは大きなショックを受ける。

高校時代の秘密

パーティーでキレたことをレーガン(右)に詫びるベッキー(右)

その頃レーガンとトレバーは飲みながらいい雰囲気となり、トイレで体の関係を持つ。しかしお楽しみの最中、突然ベッキーから電話で呼び出される。レーガンがベッキーのホテルの部屋を訪ねると、バチェロレッテパーティーでキレてしまったことをベッキーが謝罪し始めた。そして「メイド・オブ・オナー」として結婚式の準備をしてくれたレーガンに感謝を伝えた。しかし本当はベッキーに嫉妬していたレーガンはバツが悪くなってしまう。そこでそそくさとトイレに逃げ、口に指を突っ込んで吐こうとした。その現場をベッキーが目撃し、レーガンを諫めた。レーガンは高校時代、ストレスのはけ口としてトイレでよく吐いていたのだ。ベッキーはその場に付き添っていたのだが、学校ではベッキーがトイレで吐いていると噂が流れてしまう。レーガンをかばったベッキーは、同級生にからかわれ辛い思いをすることになった。その時レーガンはベッキーに、「他人は気にするな」と慰めた。お互いに支え合っていた高校時代のことを思い出し、レーガンは「私ってサイテー」と罪悪感を抱く。

結婚式の朝

結婚式を見守るジェナ(左)とレーガン(中央)とケイティ(右)

いよいよ結婚式の朝。クライドの母親がなんとかドレスの修繕を完了してくれた。ジェナはそれを手に取り、タクシーを捕まえて、運転手に激を飛ばしながら式場に急いだ。慌てふためくジェナの隣で、クライドがいきなり真剣に愛の告白を始め、車内はまるでカオス状態となってしまう。

一方、レーガンは「メイド・オブ・オナー」として、参列者やスタッフに喝を入れながら、慌ただしく指示して回る。そんな中、ケイティはホテルのトイレに閉じこもっていた。心配したジョーとレーガンがなんとか中に入ると、ケイティは真っ青になって倒れていた。安定剤を大量に飲んで、失神していたのだ。レーガンは手慣れた手付きでケイティの口に指を突っ込み、薬を全部吐かせた。レーガンの荒療治でなんとか事なきを得たケイティにジョーが優しく付き添った。

その頃、ベッキーは自分のドレスがないことに気付く。レーガンは、しわになるからスチームをかけているとごまかして、ドレスがないままとりあえず車で式場に向かった。ドレスがないとパニックに陥るベッキーを見ながら、レーガンはジェナが間に合うように心の中で祈る。式場に着くと、ベッキーはレーガンに向かってついに「人でなしのクソ女!」と罵倒した。もはやこれまで、というピンチにようやくジェナが到着した。しかしドレスを着たベッキーは、バージンロードを前にして急に怖気づく。それを見たレーガンが「他人は気にするな」とベッキーを励ます。その言葉で元気を取り戻したベッキーは、祭壇で待つデイルの元へと歩き出した。なんとか無事にドレスを用意できたレーガンは、ジェナとケイティと共に式を見守る。あれだけベッキーに嫉妬していたレーガンの目にはなぜか涙が浮かんでいた。

披露宴でハッピーエンド

披露宴を楽しむ人々

結婚式を滞りなく終えて、和やかに披露宴が始まった。自殺というピンチを乗り越えたジョーとケイティは、いい雰囲気で食事を楽しんでいる。すると突然、クライドがスピーチを始め、改めてジェナに愛を告白する。スピーチを終えたクライドがジェナにキスをし、お互いの愛を確かめ合った。昨夜関係を持ったレーガンとトレヴァーも目配せをしあっている。音楽が始まり、花嫁と花婿、参列者のダンスの輪が広がる。レーガン、ジェナ、ケイティ、ベッキーは肩を組んでダンスを楽しんだ。4人の顔には見たこともないようなはじける笑顔が浮かんでいた。

jcdyx331t3
jcdyx331t3
@jcdyx331t3

Related Articles関連記事

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマン2(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン2(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

Read Article

スパイダーマン(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

ピッチ・パーフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト』とは、2012年アメリカで公開され、大ヒットしたミュージカルコメディ映画。 トニー賞のミュージカル演出賞にノミネートされたこともあるジェイソン・ムーアが監督を務めた。 孤独を抱えて大学に入学した主人公ベッカはひょんなことからアカペラサークル「バーデン・ベラーズ」に入部する。個性溢れるアカペラガールズが、ヒットチャートを賑わせた大ヒットナンバーをカバーし、大学アカペラ選手権を目指す。彼女たちの葛藤、友情、恋、成長をコメディタッチに描いた青春サクセスストーリー。

Read Article

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』とは2017年にアメリカで製作された青春アカペラミュージカル映画。 2012年の映画『ピッチ・パーフェクト』、2015年の映画『ピッチ・パーフェクト2』の続編。 前作で世界アカペラ選手権で優勝し、大学を卒業した「バーデン・ベラーズ」メンバーだったが、実社会の厳しさに揉まれる毎日を送っていた。しかしひょんなことから再結成し、米軍慰問団ツアーに参加することになる。ポンコツぶりを発揮しながらも突き進み、いよいよベラーズは感動の「ラストステージ」を迎える。

Read Article

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト2』とは、2015年にアメリカで大ヒットした青春ミュージカルコメディ映画。 2012年公開『ピッチ・パーフェクト』の続編で、前作で大学アカペラ選手権優勝に輝いたアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」が、数々の失態を乗り越えながら、今度は世界アカペラ選手権優勝を目指す。アカペラへの情熱や将来の夢、不安を抱えながら突き進むポンコツアカペラガールズのその後をコメディタッチで描いている。

Read Article

ジョジョ・ラビット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ・ラビット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョジョ・ラビット』とは第二次世界大戦下のドイツを舞台にした珠玉のヒューマン・ドラマである。 主人公のジョジョは10歳の少年。空想上の友達であるアドルフの助けを借り立派な兵士になろうと奮闘するが、心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺すことができず「ジョジョ・ラビット」とあだ名を付けられてしまう。そんなある日、自宅にユダヤ人の少女が匿われていることに気づく。 戦争への辛口のユーモアをきかせたハートフルなコメディの形を取りながら、困難な環境にあっても輝く希望を失わない人々の物語である。

Read Article

NEW
グランド・イリュージョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グランド・イリュージョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランド・イリュージョン』とは2013年10月に日本公開されたクライム映画。ジェシー・アイゼンバーグが主演を、ルイ・ルテリエが監督を務める。大金を狙うマジシャンのアトラス、マッキニー、ワイルダー、リーブスの4人が「フォー・ホースメン」というグループを組み、マジックショーを行い鮮やかなトリックで復讐を果たすストーリー。彼らの逮捕に乗り出す捜査官との攻防、巧妙に張り巡らされた伏線、マジックの華麗な種明かしが見所。日本での興行収入4億8千万円を記録した大ヒット作品。

Read Article

目次 - Contents