怪盗グルーの月泥棒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーの月泥棒』(原題: Despicable Me)とは、2010年に公開されたアニメーション映画。
『怪盗グルーシリーズ』の第1作であり、ユニバーサル・ピクチャーズ配給映画初の3Dアニメ作品となっている。
グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

声:ダニー・マクブライド / 吹き替え版:青山穣
グルーの家の隣に住む住人。
明るい性格でグルーに気楽に話しかけるが、グルーからは飼っている犬のしつけができていないと文句を言われてしまう。

『怪盗グルーの月泥棒』の用語

縮ませ光線銃

東南アジアの研究所で作られた銃。
赤い光線を出し、その光線にあたったものを縮ませることができる。
グルーはこの銃を使って月を縮ませて地球に持って帰るという盗みの計画をたてた。

悪党銀行

犯罪者に資金援助をして悪事の協力する銀行。
融資担当をベクターの父親であるパーキンスが務めている。

『怪盗グルーの月泥棒』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

遊園地で遊ぶグルーと子供たち

子供たちにせがまれてしぶしぶ遊園地に行くグルー。
ジェットコースターに子供たちを乗せて、そのまま置き去りにしてしまおう、などとよからぬことを考えているが、自分も乗るハメに。
怖がってばかりのグルーとは対照的に大喜びの子供たち。

ユニコーンが大好きなアグネスにせがまれて射的で遊ばせるが、景品のユニコーンはなかなか取れない。
的に当たっても、ちゃんと落ちないと景品はもらえない、と意地悪く説明する店員に腹を立てたグルーは、自分の武器で的を吹き飛ばし、射的場を半壊させてしまう。
子供たちは大喜び。自分たちのためにがんばってくれたグルーに感謝し、まんざらでもないグルーは子供たちと仲良くなる。
やっていることはめちゃくちゃだが、グルーと子供たちに信頼関係が生まれる温かみのあるシーンである。

絵本を読むグルー

子供たちを引き取った時のグルーは、アグネスに「寝る前に絵本を読んで」とせがまれても断っていたが、次第に打ち解けて読んであげるようになる。
映画の終盤、グルーは自ら絵本を作って子供たちに読み聞かせる。
その内容は、性格のひねくれたユニコーンが三匹の子猫と暮らすうちに仲良くなって離れられなくなるというもの。
ユニコーンはグルーを、三匹の子猫は三姉妹を示している。グルーが絵本を通して子供たちへの愛情を伝えるシーン。

グルーとベクターの戦い

なんとかしてベクターの家に侵入しようとするグルーを家でゲームをしながら気楽に追い払ってしまうスマートなベクター。
グルーとベクターの対照的な人物像が描かれているシーン。
また、アグネスたち3姉妹とグルーの初対面シーンでもあるため見どころのあるシーンとなっている。

『怪盗グルーの月泥棒』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード

ワールドプレミアにレッドカーペットならぬイエローカーペットが使われた

ロサンゼルスのワールドプレミアに出席した芦田愛菜と笑福亭鶴瓶

日本語版のグルーの吹き替えを担当した笑福亭鶴瓶は、冗談でハリウッドに行きたいと言っていたら本当にこの仕事が来て、ワールドプレミアに行かれたそう。
レッドカーペットがあると聞いていたのに、行ってみたらミニオンズにちなんだイエローカーペットだったらしい。
アグネス役の芦田愛菜はこの時のワールドプレミアが初の海外だったとのこと。そこで6歳をむかえ、大きなケーキをもらったと語っている。イエローカーペットはふわふわだったとか。

バレエ発表会チケットのナンバー

アグネスがグルーにバレエの発表会のチケットを渡すシーンがあるが、そのチケットのナンバーは072069。
この数字を3つにわけると07/20/69。1969年7月20日という日付が浮かび上がってくる。アポロ11号が月面着陸した日である。
月を盗もうとしているグルーにとって、重要な日付であったことが現れている数字である。

umi-aoi8008g8
umi-aoi8008g8
@umi-aoi8008g8

Related Articles関連記事

怪盗グルーのミニオン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怪盗グルーのミニオン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーのミニオン危機一発』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第2作目で2013年公開の3Dアニメーションのコメディ映画。 日本の興行収入は25億円となった大ヒット作品。 監督は前作同様、ピエール・コフィンとクリス・ルノーが務める。 前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗いよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石でとある極秘研究所が盗まれるという事件が起き、反悪党同盟はグルーに協力を仰ぐことになる。

Read Article

ミニオンズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミニオンズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミニオンズ』とは、2015年公開の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画で、「怪盗グルー」シリーズの『怪盗グルーの月泥棒』『怪盗グルー危機一髪』に続く3作目。 前2作ではグルーと一緒にいる謎の黄色い生き物たちというだけだったミニオンが、主人公となった今作。 悪党に仕えることを生きがいとするミニオンだが、自分たちのドジのせいでボスを失い続ける。 ある時悪党大会に参加し、見事勝者となり、最強最悪の女大悪党スカーレットに仕えるが、またドジを踏んでしまう。

Read Article

NEW
怪盗グルーのミニオン大脱走(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怪盗グルーのミニオン大脱走(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーのミニオン大脱走』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第3作。東宝東和配給・イルミネーション・エンターテインメント制作、2015年公開『ミニオンズ』から共同監督を務めるピエール・コフィン監督とカイル・バルダ監督が手掛ける3Dアニメーションのコメディ映画。反悪党同盟に所属するグルーは念願の結婚を果たし、家族で幸せな毎日を送っていたのだが、組織が目標とする新たな敵を捕まえ損ねて組織をクビにされてしまう。相棒のミニオンたちもいなくなってしまう中、組織に戻るため生き別れた双子の兄弟と奮闘する。

Read Article

SING/シング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SING/シング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SINGとは、「ミニオンズ」「ペット」などを手がけたイルミネーション・スタジオが贈る、コメディ映画。2016年に12月21日にアメリカ合衆国で公開。日本では2017年3月17日に公開された。 子供の頃、舞台に惹かれたバスターは劇場支配人になるも、夢見た世界とはかけ離れた生活を送っていた。そこで彼は賞金1000ドルをかけた歌唱コンテストを開催、バスターの最後の賭けが始まろうとしていた。

Read Article

ペット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ペット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット』とは、2016年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督はクリス・ルノーとヤーロー・チーニーが務めている。マンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。小型犬マックスは飼い主と平和に過ごしていたが、ある日保健所から大型犬デュークを連れてきた。マックスはデュークを受け入れられないでいるが、一緒に過ごすうちに和解する話である。2019年には、続編『ペット2』が公開された。

Read Article

ペット2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ペット2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット2』とは、2019年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画で、『ペット』の続編である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督は引き続きクリス・ルノー。共同監督はジョナサン・デル・ヴァル、脚本はブライアン・リンチが務めている。ペットがどう考え過ごしているのかというのが描かれた物語である。小型犬マックスは大型犬デュークと平和に過ごしていたが飼い主が妊娠しリアムが産まれたことで、心配性のマックスは行動障害を起こす。そんな性格のマックスの成長が見られる作品である。

Read Article

【USJへ行こう!】かわいいミニオンズのグッズ・お土産まとめ

【USJへ行こう!】かわいいミニオンズのグッズ・お土産まとめ

大阪市此花区に位置する一大テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。ハリウッド映画の世界観を楽しめる場として、日本国内のみならず海外からも観光客が訪れています。そんなUSJで人気なのがミニオンエリア。この記事では、黄色い身体が特徴のミニオンズのかわいいグッズやお土産について紹介しています。

Read Article

目次 - Contents