溺れるナイフ(Drowning Love)のネタバレ解説まとめ

『溺れるナイフ』とは、朝倉ジョージによる大人気少女漫画である。2004年より『別冊マーガレット』により連載された。思春期の危うく繊細な感性と切ない恋を描いた人気作であり、2016年に実写映画化された。
父の仕事の都合で東京から田舎町の浮雲町に越してきた夏芽は、華やかな生活を思い出しては拗ねる日々を送っていた。そんなある日、美しい少年・航一朗と出会い、航一朗を手に入れたい、勝ちたい、と強く思うのであった。

コウの祖父の愛人の娘・西条薫の子供。コウの父親に取り入ろうとする薫についてきた。
当初はコウを目の敵にしていたが、自身と同じく複雑な家庭環境を持っていることや、その暴力性に惹かれ、「兄ぃ」と呼んで慕うようになった。
しかし、夏芽とコウが会うことによって、コウの付き合いが悪くなったり、暴力性が影を潜めたことが許せなかった。その後、コウが乗り移ったように暴力的になり、人を刺した。そして「コウが出来なかったことを…」と考え、長谷川家に火を放った。

西条薫(さいじょう かおる)

桜司の母親。コウの祖父とその愛人の間に出来た子供。
コウの父親い取り入り、長谷川家に住むようになった。コウにも取り入ろうとしたが、こうは「当主になったら手始めに殺してやる」と拒絶された。それ以降は、コウを家から追い出そうとしていた。その際に、息子である桜司を見捨てるような発言をして、桜司からも拒絶された。

広能省吾(ひろのう しょうご)

夏芽の写真を撮影したカリスマカメラマン。夏芽をスタジオで人目見て気に入り、写真集撮影を持ち掛けた。その後も映画出演をオファーしたり、ドラマ出演の話を機に夏芽を芸能界に復帰させようと目論む。夏芽は大友と付き合い始めて芸能界に興味をなくし始める。そんな夏芽をなんとか芸能界に戻そうとした。

早瀬(はやせ)

夏芽たちの小学校のクラスメイト。明るい性格だが、陰口や噂が好きで下世話な面がある。
夏芽とは中学校まで親交があったが、夏芽が蓮目に拉致された際に事件の詳細を聞き出して、それを影で笑っていたことで親交が切れた。実は大友に想いを寄せていた。

上原(うえはら)

コウが夏芽と別れて付き合った女性。コウのことを本気で思っているが、コウが自分に本気でない事を知っている。
明るく、美人で、どこか夏芽に似ているところがある。

じゅり

カナの二つ上の従兄弟。上原と同じ学校に通っており、仲も良い。
カールがかかった金髪で服装も派手であり、従兄弟のカナとは正反対。イメチェンするまでカナの事をバカにしていた。

国広鈴香(くにひろ すずか)

夏芽たちの中学生からのクラスメイト。化粧をしたり、男女付き合いに積極的。コウのことを好きで、夏芽のことをライバル視していたが、修学旅行に行ってからは親交を深めている。

江波(えなみ)

夏芽の中学のクラスメイトで、鈴香のグループに所属している。
大友に想いを寄せている。夏芽がそれを知りつつも大友と交際を始めたことで、親交が途絶えた。

武田(たけだ)

夏芽の中学のクラスメイト。オカルトマニアであり、周りから浮いている。しかし本人はそれを気にしていない。担任によって、同じくクラスから浮いている夏芽と共に写真同好会を結成することになった。実はハーフで綺麗な顔立ちをしている。それに気付いた夏芽とカナによってファッションとメイクをされ、クラスで話題になった。その出来事が夏芽がクラスに馴染むきっかけとなった。

蓮目匠(はすめ たくみ)

夏芽の熱狂的なファン。夏芽を思うあまりストーカー行為を行なっている。
火付け祭りの日に夏芽を拉致して暴行しようとした。それを止めに来たコウを石で殴りつけた。大人たちに止められ夏芽の暴行は阻止されたが、夏芽とコウの心に大きな傷をつけた。逮捕されて懲役3年となるが、出所後に再び夏芽の前に現れる。再び夏芽に暴行しようとするが、コウに阻止される。その後コウから逃げ出し、ガソリンをかぶって火を付け、崖から落ちて死亡した。実は死ぬ事こそが蓮目の目的であり、以前のレイプ事件を話題にして夏芽の芸能活動を妨害しようとしていた。
夏芽たちの前に現れる前に山で出くわしたカナをレイプしている。

『溺れるナイフ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「美」っちゅーのはよう、それ自体が力じゃけ

一目見た日から航一朗に特別なものを感じていた夏芽は、どうにかして自分の力を見せつけてやりたい、航一朗に勝ちたい、と思うようになる。そんな折、カリスマカメラマンの広能省吾からヌード写真を撮りたい、という申し出を受ける。驚く夏芽だったが、自分が求められていることが誇らしく、航一朗を驚かせたいという気持ちもあり、写真集の話を受けるかどうか迷ってるふりをしてコウに相談する。
そんな夏芽の心を見透かしたかのようなコウのセリフ。力を持っているのなら、見せつけてやりたいと思うのが当然だろう、と言われ、夏芽は何も言えなくなった。

神さんでいてくれなかったから

夏芽にとってコウは神様のような存在だった。いつも強気で、不思議な魅力があるコウは、不可能さえもなくしてしまうような、夏芽にとって完全な存在だったのだ。そんなコウは、夏芽が拉致され襲われた事件の日から夏芽を守り切れなかったことに苦しみ、これまで見せたことのなかった孤独で脆い素顔を見せ始めまる。夏芽もまた、そんなコウとの距離に悩み、二人の関係が変わってしまったことに激しく苦しむ。

大友に、どうしてコウと別れたのか、と聞かれ、夏芽が発したのがこのセリフ。自分にとって全てであり、完璧な存在であったコウ、が自分の事件のせいで変わっていくことが耐えられなかったのだ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

実写版「銀魂」メインキャストが出揃う!※キャラ絵との比較画像、公式最新動画掲載

主役の銀さん以外のキャスティングが発表になりました。それぞれドラマや映画で主役を張れる方達の揃い踏みです。そこで「銀魂実写化!」の妄想キャスティングと同じような感じで、画像を並べてみました。 メインキャストのビジュアルや予告動画、主題歌などについての情報は、その都度紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents