あんさんぶるスターズ!(あんスタ)のネタバレ解説まとめ

Screenshot 2017 02 28 01 17 24

2015年よりHappy Elements株式会社が配信するアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは夢ノ咲学院のアイドル科に所属する生徒達のプロデューサーとして彼らと学校生活を共にしていくなかで、それぞれの抱えた事情や夢ノ咲学院の闇と光に向き合っていく。

概要

Img 20170228 012922

ソーシャルゲーム会社HappyElementsが配信するゲームで公式の略称は「あんスタ」
メインシナリオは大人気ラノベ作家の日日日(あきら)が担当。
個性豊かなキャラクターたちを、細谷佳正さんや梶裕貴さんなど豪華声優が声を吹き込んだことでサービス開始前から話題を呼んだ。
グッズの販売や商業施設とのコラボが行われているほかに、2016年には舞台の上演、2017年にはアニメの放送が行われるなど人気と勢いがあるソーシャルゲームだ。

ゲーム内容

Screenmemo share 2017 04 08 05 00 30

シナリオ内で協力を求める氷鷹北斗

ストーリー

学院自体が大きなアイドル事務所となっている夢ノ咲学院。主人公(プレイヤー)は新設のプロデュース科のテストケースとして転校してきた。
転校初日にクラスメイトであるTrickstarのメンバーに校舎案内をされ、氷鷹北斗から「ユニットに祝福をもたらす女神になって欲しい」と言われる。
それは学院の権力を握る生徒会執行部に立ち向かうTrickstarへの協力の相談。
校内で行われるドリームフェスタ(通称:ドリフェス)はアイドルの実力を計るために行われているが、裏で八百長や取引がされていた。
特定のユニットが優遇され、そうでないユニットの努力や才能は一切認められず虚構の評価を受けているのが実情。
公平に評価される学院にするために、主人公は生徒会執行部のトップである天祥院英智への勝利を目標にしたプロデュースをする。

ゲームシステム

Screenmemo share 2017 04 01 19 57 26

ユニット編成画面

まずアイドルをスカウト(ガチャ)してカードを引いてからユニット(パーティ)を組むところから始まる。
その後プロデュース→アイドルロード→ライブの流れを繰り返すことで開放されるゲームのストーリーが読むことが可能。
プロデュースにはAP、ライブやドリフェスにはLPを消費する。これらは時間経過での回復や課金アイテムで回復する。

スカウト

Img 20170228 014100

スカウト(ガチャ)の画面

スカウトには
プロデュースを行うことで得られるポイントを使用するスカウト
ダイヤの使用で高レアのカードが狙えるスカウト
ダイヤの使用で期間限定のカードが狙えるスカウト
以上3種類がある。

プロデュース

Screenshot 2017 02 27 00 18 17

プロデュース中のレッスン画面

20回のレッスンを1セットで行う。
カードの経験値を積むのと、ステータスを上昇させるためのジュエルを回収するのが目的。
レッスンでは難しい操作は一切無く、レッスンを行う場所を選んでタップするだけ。

アイドルロード

Screenshot 2017 02 26 23 56 40

アイドルロードの画面

カードのステータスを大きく上げるモード。
すごろくのように並べられたマスを選んでジュエルと交換でステータスを上昇させる。
最高ステータスまで上昇させるのには条件があるため、プロデュースでの育成が不可欠。
ガチャでカードが重複した場合、このアイドルロードのマスが増えていく。

ライブ

Screenshot 2017 03 02 01 07 12

ライブ画面。下部の4000人が目標値でステータス値が越えていれば達成。

イベント期間中にライブに参加すると報酬として課金アイテムや期間限定カードがもらえる。
決められたステータス値をユニットが越えていればライブ達成。できていなければ達成されるまで何度でも挑戦できる。
イベントライブは新入生課題を達成しない限り参加ができない。

カード

カードにはそれぞれレア度、ドリフェススキルとレッスンスキルが設定されている。
またアイドルロードの「才能開花」というマスでカードのグラフィックが変わる。

keeper
keeper
@keeper

Contents