オデッセイ(The Martian)のネタバレ解説まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。
過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

原作は、アンディ・ウィアーの人気小説『火星の人』。15歳からサンディア国立研究所でプログラマーとして働き始めたウィアーは、幼い頃からのSFファンだった。『火星の人』は彼自身のウェブサイトで発表していた作品だが、読者の要望によってKindleストアで販売を開始。その後、3ヶ月で35,000ダウンロードを記録するほどのベストセラーになった。

『オデッセイ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

火星から帰ったワトニーが訓練生の前でスピーチするシーン

「物事が悪い方に向かったとする。その時にできるのは、それを運命と受け入れるか、諦めず問題を解決するかしかない」
「死ぬかもしれないということは何度も考えた。でも、あきらめるか、立ち向かうかは自分が決めることだ。要は、目の前に出てきた問題をひとつひとつ解決すること、そうすれば大丈夫だ」
ワトニーは地球に生還後、新人宇宙飛行士の講師となり、訓練生の前で火星での経験についてこう語った。

『オデッセイ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ゴールデングローブ賞を受賞

リドリー・スコットとマット・デイモンが初めてタッグを組んだこの作品は、数々の映画賞に輝いた。
シリアスなストーリの中にユーモラスなシーンがちりばめられている。映像とリンクした音楽が作品をいっそう盛り上げ、ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で作品賞・男優賞を受賞した。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents