あひるの空(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

あひるの空は、日向武史原作のバスケットボール漫画。『週刊少年マガジン』2004年第2,3合併号より連載を開始し、現在コミックスは46巻まで刊行されている。
小柄ながらもバスケ熱にあふれた車谷空は、九頭龍高校に入学する。しかしバスケ部は、ただの不良のたまり場となっていた。それでも空のバスケに対する情熱が周囲を巻き込み、チームは成長していく。
そして「インターハイ出場」を目指す。

日高誠(ひだか まこと)

努力家でバスケが上手くなりたいという気持ちは非常に強いのだが、その反面なかなか自己主張ができず周囲から喝を入れられることもある。
ずっとやる気のなかったチームもいつかは変わると思っていたのだが、クズ高戦で途中交代させられたり、女子バスケ部の兵頭から叱咤を受けたことで奮起し、自らの手でチームを変えようと考え始めた。
クズ高戦の最終局面で空を抜き去るプレーを見せる。試合自体はクズ高の勝利だったが、空本人は日高に負けたと感じた様で、リベンジを誓っている。

兵頭新(ひょうどう あらた)

女子バスケ部員。非常に気が強い性格で、レギュラー落ちした日高に喝を入れたり、何かと円に絡む。バスケの実力は確かなもの。
化粧をしっかりしたり、チャラチャラした相手と試合をしたくないと言い、円に食ってかかった。
クズ高戦で円とのつながりができた事から円に「選手として」憧れを抱かれ、その後も何かと会う機会が増える。
卒業後の描写でも円とはよく一緒におり、新自身は選手としてバスケを続けている様子。

関谷とも子(せきや ともこ)

女子バスケ部員。小柄ながら、実力者。新と一緒にいることが多く、新が周囲に迷惑をかけた時にフォローをする役回り。
不良に絡まれているところを助けてくれたヤスのことを気に入っており、お互い好意を持ってはいるが何も伝わっていない。

その他

車谷由夏(くるまたに ゆか)

空の母親で、元女子バスケ日本代表選手。現役時代のポジションはシューティングガード。
病気で入院しており、体調の悪い中無理をしながらも空の試合を観戦し、その後家族の見守る中で息を引き取った。
空を大きい体に産んであげられなかったことを悔やんでいる。
過去に鷹山にバスケを教えたことがある。

堀江ヨネ(ほりえ よね)

由夏の母親で、空の祖母。老人とは思えない程元気で、毎日理髪店を一人で切り盛りしている。現在引っ越してきた空と智久と3人で暮らしている。
普段空の髪も切っているが、過去にトビの髪型をコーン・ロウにしたことがあり、その技術力に驚かれた。通称「ゴッドハンド・ヨネ」。
神出鬼没で、皆が驚くタイミングで登場することが多い。

『あひるの空』の名言・名セリフ/名シーン・名場

「小さいからこそ皆注目してくれるんだと思うし、小さかったからこそ、ここまで頑張ってこれたんだ。だから…だから、母さんに、ありがとうって言いたかったんだ。」

コミックス12巻より、空の言葉。
母・由夏が亡くなる直前空に、「大きく産んであげられなくてごめん」と言ったことに対して言ったセリフ。
バスケ選手にとって体が小さい事はマイナスの方が大きく、由夏は空を大きく産んであげられなかったことをずっと悔やんでいた。
その母の気持ちを知った空は、体の大きさなんて関係ないという精一杯の感謝の気持ちを伝えるのだった。

「人が”もうダメだ”っていう限界ギリギリのラインなんてこんなもんじゃない。こんなもんじゃないんだ。」

コミックス25巻より、智久の言葉。
合宿でのハードなメニューに音をあげた選手に対して言ったセリフ。
自分で限界を作ってしまっては成長は生まれない、まだまだできるんだ!という、スポ魂満載のセリフ。

「走りっぱなしの奴なんてこの世にいない。進んで止まって、止まって進んで、人はそれを歩みと呼ぶのだ。」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents