あひるの空(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

あひるの空は、日向武史原作のバスケットボール漫画。『週刊少年マガジン』2004年第2,3合併号より連載を開始し、現在コミックスは46巻まで刊行されている。
小柄ながらもバスケ熱にあふれた車谷空は、九頭龍高校に入学する。しかしバスケ部は、ただの不良のたまり場となっていた。それでも空のバスケに対する情熱が周囲を巻き込み、チームは成長していく。
そして「インターハイ出場」を目指す。

高橋克己(たかはし かつみ)

新城東和(新城高)の元キャプテン。2年間部員が足りず全く試合にも出れていなかったが、3年生時に初出場を果たす。
ミニバス時代からの付き合いの千葉からは、「埋もれた才能」と称され、その実力は誰もが認めるもの。絶大なキャプテンシーがあり、後輩たちからは非常に慕われている。
天性のオールラウンドプレイヤーで、ポストアップからのドライブインや、クイックモーションからの3ポイントシュートなどが得意。
ミニバス時代は千葉(兄)と同じチームで、千葉を差し置いてスタメンを張っていた。

児島幸成(こじま ゆきなり)

中学時代からの高橋のチームメイト。最後の年のインターハイ予選前に膝の靭帯を負傷してしまい、クズ高戦ではベンチだった。しかし負けそうなチームを黙って見ていられず、途中から怪我をおして出場する。相手を左右に揺さぶってからのターンアラウンドシュートが得意。高校に入学した時点では部員が高橋と児島の二人だけで、ずっと1on1で技術を高めあってきた。
怪我さえなければ相当の実力の持ち主で、チームのムードメーカー的存在。インサイドでもアウトサイドからでも点がとれる。

横浜大栄高校

不破豹(ふわ ひょう)

小学5年生までアメリカに住んでいた、オレンジ色の髪の毛をした奇抜な選手。
トビと1on1で勝負した際には圧勝し、「こんな選手が高校生にいたのか」とトビが驚愕したほど。中学1年の時には1試合で80得点という記録を残した。
協調性にかけており練習嫌い。しかし練習をさぼった罰で他の部員よりも多く練習させられており、その練習量が本人のスキルを支えている。これからの世代のキーマンと監督から期待されているが、性格ゆえのムラの多さは克服するべきだと指摘されている。

白石静(しらいし せい)

横浜大栄のエース。関東屈指の実力者で、性格はクールでストイック。本気でNBAを目指している。
クズ高との練習試合で千秋とマッチアップした際「お前らの現在地を教えてやろうか」と言い、そこから怒涛のポイントを重ねクズ高に実力の差を見せつけた。
不破の目立つ容姿が嫌い。

上木鷹山(かみき ようざん)

小柄で華奢、一見大人しい雰囲気からチーム内では一番下に見られているが、かなりの根性の持ち主。
小さい体にずっとコンプレックスを抱いていたが、現在ではむしろ「バスケの定説を覆せる」と言い自身にあふれている。
1年生時、同じく体格に恵まれない同学年の空が試合に出ているのをみて嫉妬していた様子。
実は幼少期に施設で出会った車谷由夏にバスケを教わっていた。そのため現在でも両手での3ポイントシュートが得意。そのフォームは空曰く「完成型」とのこと。
やわらかいドライブ、そしてスティールにも長けており、パスの能力も非常に高い。不破との相性がよく、鷹山のアシストと不破のシュートで得点を量産した。

川崎菊川高校

二ノ宮昭人(にのみや あきひと)

全中の最優秀選手。親の仕事の都合で転勤が多く、菊川高校で15校目。以前通っていた高校では仲間とともにインターハイ出場を目指したが、県予選直前に転校が決まってしまうなどの辛い経験から、部活動からは身を遠ざけていた。ストリートでの技術が優れており、それを活かしたコート上のプレーも光る。
空とはよきライバルになり、頻繁に連絡も取っている。初めて会った七尾に一目ぼれし、七尾をデートに誘うかどうかを試合の勝敗で賭けようなどと空に持ちかけたこともある。
高校2年生の総体地区大会の後、本人にとっては2回目となる沖縄への転校が決まる。旅立ちの日に、空に来年のインターハイで会おうと誓った。

沖田竜二(おきた りゅうじ)

とにかく声が大きい熱血漢。百春と当たっても弾き飛ばすほどのパワーを持つ。全体的に高さが足りない菊川において、欠かすことのできないインサイドの主力選手。
3年生になり、キャプテンに就任する。

梶直樹(かじ なおき)

沖田竜二とは正反対で大人しい性格で、分析力に長けている。流れをつかむタイミングでの3ポイントシュートやドライブが得意で、ヤスでは歯が立たなかった。
女子からモテる。

里実西高校

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents