あひるの空(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

あひるの空は、日向武史原作のバスケットボール漫画。『週刊少年マガジン』2004年第2,3合併号より連載を開始し、現在コミックスは46巻まで刊行されている。
小柄ながらもバスケ熱にあふれた車谷空は、九頭龍高校に入学する。しかしバスケ部は、ただの不良のたまり場となっていた。それでも空のバスケに対する情熱が周囲を巻き込み、チームは成長していく。
そして「インターハイ出場」を目指す。

女子バスケ部副キャプテン。フォワード。
空の憧れの女性であり、入部時からの良き理解者である。
百春とはお互いに好意を抱いているが、傷心時の百春に突き放されたことで大きなショックを受けた。その後半ばヤケになり参加した合コンで知り合った男性と付き合いそうになったこともあったが、バスケ一本に集中しようと決めた。百春が円を突き放したり、円に彼氏ができたという疑惑が浮上したことによりしばらく二人の関係はギクシャクしていた。現在では関係は元に戻りつつある。
フォワードとしてさらに実力をあげたいという熱意があり、合宿時には智久にマンツーマンのレッスンを頼んでいた。
里実西の兵藤新に負けてから、彼女にたいしてある種憧れを抱くようになり、その後もよく関わり合いを持つ描写がある。

新見玲(にいみ れい)

女子バスケ部部員。
空のクラスメイトであり、レギュラーになるため空から技術指導をしてもらっていた。非常に努力家で、冬季合宿の前半では40度の高熱が出るまでハードワークを重ね、そのまま合宿もリタイア。その際看病等お世話になった男子部員にお礼としてクッキーを渡した。
二年時にはレギュラー入りを果たし、円達三年生が引退した後はキャプテンに指名される。

川崎市立新丸子高校

千葉真一(ちば しんいち)

新丸子高校(丸高)の元キャプテン。200cmの長身センター。神奈川で5本の指に入る実力者で、後輩らチームメイトから信頼されている。
インターハイ神奈川県予選で横浜大栄高校との試合に負け、バスケを引退。試合後に城北大学バスケ部の監督から推薦の話を受けたが、ミニバス時代からの仲間である新城高校の高橋と児島から勝手に断られてしまった。二人は、千葉に一緒に専修大学でバスケをしようと誘うのだが、保留にする。その後、8人兄弟の面倒を見ることを優先し就職の道を選ぶが、クズ高と大栄の試合を観戦したことでバスケに対する熱を思い出し、卒業まで丸高でバスケを続けることにした。
就職を選んだはずだが、高橋と児島率いる専修大でバスケをしているであろう未来の描写もある。詳細は不明。

常盤時貴(ときわ ときたか)

丸高のエースで、千葉引退後はキャプテン。バスケの実力もかなりのものだが、イケメンで女子からもモテるため蒲地や千秋に目の敵にされている。
バンド活動に力を入れており高校ではバスケはやらないつもりだったが、千葉のしつこい勧誘に観念し再びバスケを始めることとなった。
まだまだポテンシャルを秘めており、限界が見えない選手。千秋と対峙した際、千秋に才能の差を痛感させた。

千葉淳

千葉真一の弟であり、204cm,100kgの巨漢。クズ高メンバーからはジュニアと呼ばれている。
兄よりも身体能力では全てにおいて勝っているが、精神面での未熟さが目立ち、その攻撃的すぎる性格から中学時代までは友人もほとんどいなかった。
中学時代には対戦相手を負傷させることがよくあったため、今でも恐れられている。

北住吉高校

蒲地太郎(かばち たろう)

北住吉高校(北住)の絶対的エース。
家はお寺で、七尾とはいとこ。小さいころには一緒にお風呂に入った経験がある。サラサラの髪が特徴で、とにかくナルシスト。だがバスケの実力は確か。
クズ高との試合に負けた際、頭を坊主にした。
三枚目キャラで、ギャグ扱いされることが多いが、横浜大栄相手に一人で互角に渡り合うなど、強豪のエースに勝るとも劣らない実力者。
ストップ&ジャンプのシュートが得意で、空にも影響を与えている。蒲地本人のフォームはスピード重視でフォームはばらばらだが、精度は高い。

香取(かとり)

太郎と一緒にいることが多く、KATO(カト)と呼ばれている。ポイントガード。スピードがあり、目立つプレイヤーではないが実力は本物。
特に太郎との連携プレイがうまく、個人のスキルも豊富。
3年生時にはキャプテンになる。

小西(こにし)

百春、千秋と同じ中学出身で、二人を慕っていた。太郎からはKONEY(コニー)と呼ばれている。
中学時代の実力がそれほどでもないことを知っている百春たちはやや甘く見ていたが、試合の中で徐々に成長を見せ、周囲を驚かせた。
身長196cmのセンター。

新城東和学園

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents