あひるの空(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

あひるの空は、日向武史原作のバスケットボール漫画。『週刊少年マガジン』2004年第2,3合併号より連載を開始し、現在コミックスは46巻まで刊行されている。
小柄ながらもバスケ熱にあふれた車谷空は、九頭龍高校に入学する。しかしバスケ部は、ただの不良のたまり場となっていた。それでも空のバスケに対する情熱が周囲を巻き込み、チームは成長していく。
そして「インターハイ出場」を目指す。

愛称「ナベ」。
バスケ未経験者。チームが成長していく中で自分自身の役割を模索していた時、モキチからのアドバイスで3ポイントシュートの習得を目指す。
最初はやる気がなく、部の合宿では「練習以外の時間は極力ボールに触る」という七尾の指示を無視し、部室で千秋らとゲームをしていた。それをトビに叱責されると喧嘩になり、茶木とともに逃走。公園で中学生相手にバスケ勝負をするも敗北してしまい、自身をなくしてそのまま退部を考えたほど。しかしその中学生の彼女が「バスケしている人ってかっこいい」と発言したのを聞き、再びやる気を取り戻した。
部室炎上事件ののちの謹慎中にバスケ部再開のための署名集めを行った。
安原と茶木が着々と実力をつけていくのを横目に、自分だけ置いて行かれることに悩んでいた時期もあったが、自分には才能がないと割り切ってその分努力を重ねる事を決め吹っ切れた。現在は3ポイントシューターとして、時折アウトサイドの得点源として大事な場面でも信頼されるようになっている。
経験したポジションはフォワード。背番号は8。

茶木正広(さき まさひろ)

元部員。愛称は「チャッキー」。
バスケ未経験者ながら、安原、鍋島とともに実力を伸ばしてきた。ディフェンスが得意。
安原と鍋島がそれぞれ自分の役割を見つけ出したころ、茶木自身はそれが見つけられず悩んでいた。
そんな時にポイントガードとしてスタメンを任された試合で敗戦。監督である智久にポイントガードとしてもう一度使って欲しいと訴えるも、「ポジションは保身の場所じゃない」と叱責を受ける。それが響いてか、それ以降部活を休みがちになる。
部活を休んでいる間に、下校中の後輩が他校の不良に絡まれているところを助けたが、「ここで手を出したらバスケ部の皆に迷惑をかけてしまう」と思い一切反撃はしなかった。ぼろぼろになり倒れているところを偶然通りかかった智久に助けられた。その際「ポジションにこだわったのは、安原と茶木に離されていくのが怖かったからだ」と認め、自分はそれを否定したかったと明かす。ここで退部の意思を智久に伝え、後日智久から他の部員にも伝えられた。
茶木退部後は明らかにチームのディフェンス力が低下したと感じていて、茶木の退部を惜しむ声が多く上がっていた。
経験したポジションはガード。背番号は6。

七尾奈緒(ななお なお)

男子バスケ部の女子マネージャー。
中学時代はプレイヤーとしてバスケをしていたが、身体面の問題から断念。それからは独学でバスケ関連の知識を習得し、マネージャーとして選手を裏から支えるようになる。良い戦略眼をもっており、それは試合中に他校の監督からも評価されている。
ギター演奏はうまいが音痴。料理等も得意で、部員や先生たちからの信頼も非常に厚い。
北住吉高校の蒲地とは、いとこ。

紺野道郎(こんの みちろう)

新学年になり最初に入部してきた1年生10人の中で、初日の練習で辞めなかった唯一の新入部員。中学3年の時に高校総体の地区予選で九頭龍高校の試合を見て、この人達は絶対上がってくると確信し、入学を決めた。
スタミナとジャンプ力に優れるが、極度のイップスで、中学時代にはほとんど試合に出れなかった。
背番号13。

田中よしお(たなか よしお)

バスケ未経験者で全くの初心者。中学でもバスケ部に入りたかったのだが、身長が低いからと先輩や顧問に入部を断られ、3年間帰宅部だった。丸坊主の可愛い容姿で、千秋と鍋島に気に入られている。
自宅が遠方のため毎日10km以上のランニングを自主的に行っている。
身体的、性格的にプレイヤー向きではない為、トビから辞めることを打診されるが、「それでも3年間諦めずに続ける誓うなら」という条件のもと、トビから特訓を受けることになる。
背番号8。

五十嵐行太(いがらし こおた)

新城中バスケ部出身。モンスターバッシュで空達と対戦した際、実力の高さを見せつけた。生意気な性格で、その高いスキルの反面、調子に乗りやすく、プレーにもムラがあるなどの欠点もある。モンスターバッシュの試合の最後に見せたプレーは新丸子の千葉も認めるほどのものだったが、空は更にその上を行くプレーをし、それに反応できなかった五十嵐は決勝点を献上してしまった。
その後、当然新城高に進学すると思っていたのだが、九頭龍高校のユニフォームを着てプレーする自分の姿のイメージが拭えず、結局九頭龍高校に入学。
バスケを教えてくれた新城の高橋らを裏切る事になると悩んだが、高橋から「自分で決めた道なら迷うな」と言われ、心を決めてバスケ部に入部。
相変わらず生意気ではあるが、空達チームメイトの事は一目置いている様子でもあり、空を超えようと闘志を燃やしている。
経験したポジションはポイントガード。背番号14。

五月(さつき)

九頭龍高校男子バスケ部の顧問。顧問であるがバスケに対する知識はほぼなく、監督役は七尾に一任していた。
当初はバスケ部が廃部になる事を望んでいた節があったが、空達のバスケに対する情熱に触れ、教師としての仕事の合間を縫ってバスケの勉強をするなど教育者として成長した。妻と、最近生まれた子供がいる。

車谷智久(くるまたに ともひさ)

空の父親。九頭龍高校女子バスケ部の監督。長らくバスケから離れて長野で農業を営んでいたが、旧友である横浜大栄高校監督の坂巻の助言を受け、九頭龍高校に教師として赴任してきた。
最初は女子バスケ部の監督だったが、男子バスケ部の県大会出場を期に、男子バスケ部の監督も兼任することになる。
非常に厳しい監督。「○○禁止!」が口癖。大抵の事は「大丈夫だ」の一言で片づけてしまう。
監督としての指導力はもちろん、バスケの技術でも部員たちからは信頼を勝ち取っている。普段は厳しい事を言っているが、選手個人のこともよく見ており、ケアも大事にしている。

薮内円(やぶうち まどか)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents