ストライクウィッチーズ(STRIKE WITCHES)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストライクウィッチーズ』とは、島田フミカネおよびProjekt Kagonish原作のメディアミックス作品。
魔力を持つ少女たち「ウィッチ」が空を駆け、侵略者「ネウロイ」に抵抗するストーリー。
ストライクウィッチーズ関連として漫画は既刊31冊、小説は既刊13冊。
2012年に「ストライクウィッチーズ劇場版」が公開された。

原隊:カールスラント空軍 第52戦闘航空団 第2飛行隊
階級:大尉
固有魔法:筋力強化
使い魔:ジャーマンポインター
ストライカーユニット:フラックウルフ Fw190D-6プロトタイプ(第1期)、フラックウルフ Fw190D-9(第2期)、メッサーシャルフ Me262 V1(第2期4話のみ)
使用武器:MG42S機関銃、MG131重機関銃、MG151/20機関砲、MK108 2連装30mm機関砲(第2期4話のみ)、レヌスメタルBK-5 50mmカノン砲(第2期4話のみ)、パンツァーファウスト(劇場版)

カールスラント出身の軍人で、ネウロイ撃墜数が250機を超えるエースウィッチである。
固有魔法は筋力強化で、銃撃後に銃身を逆さに持ってネウロイに叩きつけて攻撃する荒業をすることがある。

軍人のため軍記や規律には厳しく、ハルトマンのだらしなさに手を焼くことが多い。
また、戦友であるミーナとハルトマンからは「トゥルーデ」と呼ばれている。

バルクホルンは戦火のため入院している妹クリスを溺愛しており、クリスに似た雰囲気を持つ芳佳を何かと気に掛けることが多い。

エーリカ・ハルトマン(CV:野川さくら)

原隊:カールスラント空軍 第52戦闘航空団 第2飛行隊
階級:中尉
固有魔法:シュトゥルム
使い魔:ダックスフント
ストライカーユニット:メッサーシャルフ Bf109G-6(第1期)、メッサーシャルフ Bf109K-4(第2期)
使用武器:MG42S機関銃、MP40短機関銃

カールスラント出身の軍人で、天才的な戦闘センスを持つウィッチでバルクホルンと並んでカールスラントのエースである。
ネウロイの迎撃数は当初は200機以上となっていたが、最終的には300機以上の戦果を挙げている。

戦闘以外では、だらしなくいたずら好きで、そのうえ軍の規律を嫌っておりバルクホルンにいつも注意されている。

フランチェスカ・ルッキーニ(CV:斎藤千和)

原隊:ロマーニャ公国空軍 第4航空団 第10航空群 第90飛行隊
階級:少尉
固有魔法:光熱
使い魔:ダックスフント
ストライカーユニット:ファロット G55チェンタウロ(第1期)、ファロット G55Sチェンタウロスペチアーレ(第2期)
使用武器:M1919A6重機関銃、ブレダ-SAFAT 12.7mm重機関銃、ベレッタM1938拳銃

ロマーニャ出身で第501統合戦闘航空団の中では最年少のウィッチであり、最年少ながら戦闘能力は高く、射撃の命中率は高い。
また、連合軍第501統合戦闘航空団のトラブルメーカーで度々問題を起こし、その度にミーナなどに叱られることがある。
勝手気ままな性格だが、ヴェネツィア陥落後はロマーニャを守るためネウロイと戦う決意を見せる。

部隊の中ではシャーロットがお気に入りでいつも一緒に行動している。

シャーロット・E・イェーガー(CV:小清水亜美)

原隊:リベリオン陸軍 第8航空軍 第357戦闘飛行群 第363戦闘飛行隊
階級:中尉(第1期3話)、大尉(第1期5話以降)
固有魔法:超加速
使い魔:ウサギ
ストライカーユニット:ノースリベリオン P-51D“ムスタング”
使用武器:M1918BAR自動小銃、M1A1トンプソン短機関銃、M1911A1拳銃

リベリオン出身のウィッチで、元々はバイクレーサーだったが、更なるスピードを求めてウィッチとなる。
そのため、暇のある時や非番の際は魔道エンジンの調整やテストを繰り返している。
一度、調整したストライカーユニットを壊したルッキーニが勝手に修理した際は、直後のネウロイ戦で音速を超えることに成功した。

豪快でおおらかな楽観主義者のため、バルクホルンとは反りが合わない事が多々あり、逆にルッキーニとは仲が良く行動を共にすることが多い。
また第501統合戦闘航空団では一番の巨乳である。

サーニャ・V・リトヴャク(CV:門脇舞以)

原隊:オラーシャ帝国陸軍 586戦闘機連隊
階級:中尉
固有魔法:全方位広域探査
使い魔: 黒猫
ストライカーユニット:ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG60(第1期)、ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG I-225(第2期)
使用武器:フリーガーハマー、九九式二号二型改13mm機関銃(第1期6話)

オラーシャ出身のウィッチで、固有魔法の全方位浩広域探査を持つため、その能力を活かした夜間哨戒を行う第501統合戦闘航空団唯一のナイトウィッチである。
また、サーニャ自身が紫外線に弱く夜型のため、夜間哨戒後は就寝しているため、他のウィッチとはあまり接点がない。
しかし、エイラとは仲が良くお互いに大切に思っている。

主に使用している武器はロケットランチャーの「フリーガ―ハマー」で、第501統合戦闘航空団の隊員の中では一番の重武装となっている。

エイラ・イルマタル・ユーティライネン(CV:大橋歩夕)

原隊:スオムス空軍 飛行第24戦隊 第3中隊
階級:少尉(第1期)、中尉(第2期)
固有魔法:未来予知
使い魔: 黒狐
ストライカーユニット:メッサーシャルフ Bf109G-2(第1期)、メッサーシャルフ Bf109K-4(第2期)
使用武器:スオミM1931短機関銃、MG42S機関銃

スオムス出身のウィッチで、相手の行動・位置等を予測できる未来予知を使用することで、オールラウンドに役割をこなすことができる。
未来予知を持つためネウロイから被弾したことがなく、シールドを使用したことがない。
そのため、シールド使用の熟練度は低く、第2期ではシールドを使用するために訓練をすることになる。

夜間哨戒から帰ってきたサーニャの着替えや食事の用意をする、サーニャと一緒のチームを組むためにシールドの訓練をするなど、サーニャが大好きであり、文句を言いながら世話を焼くことが多い。

用語

ウィッチ

ストライクウィッチーズの世界では、大昔から存在する魔法力を扱うことのできる存在をウィッチと言う。
ウィッチは女性に多く、10代までが魔法力のピークとなり加齢とともに魔法力が減衰し、最終的には魔力を失う。
魔法力を行使する際、ウィッチの使い魔である動物の一部(耳と尻尾)が現れる。
また、ストライクユニットを装着時は普段よりも魔法力が増幅され、攻撃から身を守るためのシールドを使用することが可能になる。

ストライカーユニット

魔法力を動力源とする魔導エンジンが搭載された、ウィッチ専用の箒ともいえる機械でウィッチの魔法力を増幅するとともに、重いものを持ち上げる、空を飛ぶことができるようになる。
ストライカーユニットは各国で作られ、それぞれの国のウィッチがそれを使用する。
作中に登場するストライカーユニットは航空用となっており、他にも陸戦用などが存在する。
また航空用のストライカーユニットのほとんどがプロペラ型だが、ジェットエンジンのユニットも登場する。

ネウロイ

1939年に突如世界各地に出現し、ネウロイの巣を中心に活動を行う異形の存在。
作中に登場するネウロイは航空機や兵器のような形をしているが、それ以外にも虫型、キューブ型、四足歩行型、人型など形状は様々である。
ネウロイはコアが弱点で、露出したコアを破壊されると崩壊してしまう。
しかし、ネウロイの外殻は自己再生機能を持っており、通常兵器では外殻を破壊することはできるがコアまで破壊することは難しい。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents