デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

出典: kungfukingdom.com

CV:中田譲治
アメリカで活躍するレーサーである一方、テロリストとしての顔を持つ。自分を裏切ったものに対して、砂漠上で手錠で繋いで車で引きずり回す等、非情な手口を行う。しかし、国内で指名手配されていると黒澤から告げられ、香港へ身を隠す事となった。ある日、深夜の香港の街を爆走し、止めようとした白バイ警官も構わずにそのまま走り逃走する。
やがて、ジャッキー達も目をつけるようになり、待ち伏せするジャッキーの前を疾走する。その際に、ジャッキーは修理していた報道局カメラマンの車に乗り込み追跡する。信号前に両車二台が止まり並び、車の窓を開けてジャッキーの顔を見てニヤリと笑う。信号が青になった瞬間、大声で叫び車を猛スピードで発車させる。同時にジャッキーが車で追跡、夜の香港におけるカーチェイスを展開する。最後は、ジャッキー及び彼の父親が通報した警察により、追い詰められる。警察署に連行された際、キャノン刑事はジャッキーに対し、クーガーがひき逃げ犯かと尋ねる。しかしジャッキーは気持ちが動揺しており、分からないと答えるだけだった。それを良い事に、手下達にジャッキーの家へ向かわせ、轢き逃げ犯ではない事を言わせようとジャッキーや家族達を脅す。それに対しジャッキーは、手下達に拳や蹴りで対抗し、彼等を返り討ちにして追い払う。勾留期間が切れ、警察署を出ようとしたクーガーだった。そこへ再びジャッキーがやって来て、彼から轢き逃げを行った事を証言された事により、その場でキャノンに逮捕される。
拘置所へ運ばれている最中に、手下達の力を借りて脱走、警察と激しい銃撃戦を行う。脱走後、自分を犯人だと証言したジャッキーへの報復を実行する。クレーン車を使い、ジャッキーや家族を襲撃し、彼等はケガを負う。更に、ジャッキーの二人の妹をさらい、返して欲しければ、自分とレースで勝負しろと告げ、手下達と共にその場を立ち去る。
ジャッキーは、他のチームメンバー達と共にレース勝負及び訓練の為に仙台へやって来る。その際、ジャッキーに協力する事となったレポーターのエイミーが、仙台の街中でクーガーの仲間らしき男達を目撃する。エイミーはジャッキーに連絡し、彼等が向かったパチンコ店に向かう。そこで遭遇したヤクザのジャッキーは黒澤らにジャッキーは妹はどこだと言うが、彼等は聞く耳を持たない。そればかりか、暴力を使いジャッキーの口を閉じようとする。ジャッキーはエイミーに傍から離れる様に言い、店内の客にも閉店だから帰る様に告げる。そして、黒澤や彼等の側近達と乱闘を繰り広げる。ジャッキーや黒澤達の格闘戦に区切りがついたところで、店の奥から出てくる。ジャッキーを気に入ったと告げ、彼の妹の二人のうち、一人をその場で返した。そして、改めてレースで勝負しようと話す。
ジャッキーは妹の事が気掛かりで練習に身が入らないどころか、練習中に事故を起こし車を壊してしまう。落ち込むジャッキーのもとへ、以前研修先で出会ったレーシングチームの令嬢が新しい車やタイヤを用意してくれていた。準備万端でジャッキーがレースに挑もうといていたなか、その事を聞きつけたクーガーは、誘拐しているジャッキーの妹を殺害する様に手下達に指示する。
レースが開幕し、周りの車が猛スピードにより弾き飛ばされる。そうしたなか、クーガーとジャッキー車二台が、一位を争うデッドヒートとなる。途中で砂利のある場所へ二台とも入り込み、動けなくなる。それでも、エンジンを踏ん張り同じタイミングで車が動き走り出す。一瞬、同時にゴールしたかに見えたが、調べた結果ジャッキーの車が一足早く、ジャッキーの勝利となった。しかし、クーガーは妹の居場所を尋ねるジャッキーや、逮捕に駆けつけたパトカーを振り切り暴走を始める。ジャッキーは再び車に乗り、追跡する。妹はどこだと車の窓から叫ぶジャッキーだったが、スピードを上げ暴走を続ける。カーチェイスは続行されるも、クーガーはコントロールを失い、車が横転する。ジャッキーは降車してクーガーのもとに行き、彼を引きずりだす。その直後に車は爆発する。また、キャノン刑事もやって来て、一緒に解放された妹も現れジャッキー兄妹は再会を喜ぶ。キャノン刑事は、クーガーが手下達にジャッキーの妹を殺害しようとしていた事を話し、ギリギリのところで、警察隊と共に現場を取り押さえたと告げる。キャノン刑事は、犯行の証拠が揃ったとして、今度こそ終わりだと告げ、クーガーに手錠を掛ける。キャノン刑事に野次を飛ばしつつ、そのまま連行されていった。

クーガー役を演じたトーステン・ニッケルは、ドイツ出身の俳優で1990~2000年代にかけて活躍し、映画『D&D 完全黙秘』(1995年)等に出演。

ヤクザ

黒澤(演:澤田謙也)

黒澤(写真左)。

日本のヤクザであり、クーガーの仲間である。アメリカにて、国内で指名手配されているとクーガーに告げる。そして、良い場所があるからと言い、一同で香港へ向かう。
物語中盤、仙台でレーシング訓練の為に仙台に向かったジャッキーとエイミーが、クーガーの仲間達が街のパチンコ屋へ向かう姿を確認し、店内へ向かう。店の奥にあるサウナにて、ジャッキーがやって来たところを大勢のガラの悪い男達と待ち構える。ジャッキーはエイミーをその場から離れさせ、妹はどこだと大声を挙げる。すると、手下達にジャッキーを羽交い締めにさせ、女性を探してるなら水商売の店に行けと、半ば馬鹿にした感じで言い放つ。ジャッキーは力ずくで腕を振りほどき、手下達と格闘し、サウナから外のパチンコ屋店内へ出る。ジャッキーを追いかける手下達に対し、よそ者に手を出すなと怒鳴る。そして、ジャッキーに改めて帰れと告げる。
奥のサウナへ戻ろうとした時、ジャッキーがパチンコ店内の客にもう閉店だから帰る様に告げる。そして、店にあったアトラクション用のハンマーでパチンコ台を次々と破壊する。それに対抗するかの如く、他の男達と共にジャッキーに攻撃を仕掛け、格闘技戦を繰り広げる。黒澤自身、格闘技に長けており、ジャッキー相手にキレのある蹴りを見せたうえ、パチンコ台の上で股割りという荒業をやってのけた。やがてジャッキーが、パチンコ台からワイヤーで吊り上げている天井に向かい、側近らと共にそこへ飛び込む。しかし重量オーバーにより、吊り上げていた天井が崩れ、ジャッキーや側近らもろとも下へ落下する。またその際に、天井に積んでいた大量のパチンコ玉がなだれ込み、パチンコ玉の渦にまみれる。店の奥からクーガーが出て来て、ジャッキーを気に入ったと告げ、ジャッキーの二人の妹のうち一人をその場で釈放する。そして、改めてレースで決着を付けようと話した。

黒澤役を演じた澤田謙也は、人気ゲームの実写化作品『ストリートファイター』(1994年)や、『ホーク/B計画』(2000年)、魔裟斗共演『武勇伝』(2003年)等に出演。
本作品に出演するきっかけは、以前から知り合いだったジャッキー・チェンから、仙台にいるから遊びに来ないかと連絡が入った事だった。その際に、スーツを着て来る様にと言われる。その通りに現地に向かったところ、そのまま本作品の撮影に入ったとの事。

コン(演:ケン・ロー)

ジャッキーが妹を探しにやってきたパチンコ店で遭遇したヤクザの黒澤につく側近である。ジャッキーと店内で乱闘になった際は、黒澤に勝るかの様なキレのある蹴り技を披露しジャッキーを追い詰める。ジャッキーが、店内のワイヤーで吊り上げている天井に向かったのを見て、黒澤と共にそこへ飛び込む。すると重量オーバーにより、吊り上げていた天井が崩れて、ジャッキーや黒澤らと共に下へ落下する。更には、天井に積み見上げていた大量のパチンコ玉がなだれ込み、パチンコ玉の渦にまみれた。

コン役を演じたケン・ローは、ジャッキー・チェンのスタントチームのメンバーとして活躍。俳優としては映画『酔拳Ⅱ』(1994年)に顔を出し、ジャッキー・チェンとの激しい拳技&キック合戦が観る者の度肝を抜いた。

その他

キャノン刑事(演:マイケル・ウォン)

キャノン刑事(写真右)。

国際警察の刑事であり、テロリストであるクーガーに目をつけている。クーガーが逮捕された際、その騒動に関わったジャッキーに警察署で遭遇する。そして、クーガーが事故を起こした犯人なんだろうと、半ば強引に迫る如くジャッキーに尋問する。しかしジャッキーは動揺して、その場では分からないと答えるだけだった。
その後、脱獄したクーガーから報復を受けたジャッキーは家族と共に重傷を負ったうえ、二人の妹がさらわれる。病院で医師から治療を受けるジャッキーのもとへやって来て、クーガーの写真を見せる。そして、何故襲われたのか、クーガーと何か取り引きをしたのか等とジャッキーに問いつめる。するとジャッキーがベッドから起き上がり、捜査の事しか考えていないのかと責めてくる。ジャッキーに思わず銃を突き付けるも、その威嚇にも折れず撃ってみろと告げるジャッキーだった。その迫力に圧倒され、銃を下げ、その場で謝罪し帰って行く。
物語後半、ジャッキーが万全の態勢でレースに挑もうとしている最中、クーガーが部下達にジャッキーの妹を殺害する様に指示する。その裏にて、クーガー達に関する捜査を進めていた。クーガーの部下達がジャッキーの妹に手を出そうとした矢先に、警察隊とアジトに突入し部下達を一網打尽にする。レース後に暴走を続けたクーガーをどうにか追い詰め、ジャッキーが車から引きずりだしたところへ、警察隊と共にやって来る。今度こそ終わりだとクーガーに告げ、彼に手錠を掛け連行して行く。同時にジャッキーには、彼の妹と再会をさせた。

キャノンを演じたマイケル・ウォンは、1980年代前半に香港映画デビューする。暫くは低迷期が続くも、『ファイナル・オプション/香港最終指令』(1995年)の警察隊の指揮官役や『ビースト・コップス 野獣刑警』(1998年)の刑事役等で注目される。以降は香港映画にとどまらず、『ノック・オフ 』 (1998年)や『冷静と情熱のあいだ』(2001年)といった外国映画にも顔を出す。

医者(演:ユン・ケイ)

出典: tu.bd2020.com

ジャッキーの治療を担当した医者(写真右から二番目)。

重傷を負ったジャッキーの治療を担当する医師。麻酔薬を打とうとするも、家族の事が気掛かりで体が強ばっているジャッキーに落ち着く様に仕向ける。しかしその矢先、キャノン刑事がやって来て、何か取り引きをしたのか等とジャッキーに問いつめる。するとジャッキーはベッドから起き上がり、自分達の事を何だと思っている、捜査の事しか考えていないんだろと、逆にキャノンを責める。ジャッキーの責め力に思わず、銃を突き付けるキャノンだったが、それにも折れず撃ってみろと威嚇するジャッキーだった。その迫力に圧倒され、キャノンは銃を下げ、その場で謝罪し帰って行く。
キャノンがいなくなるや、医者がジャッキーの腕に刺さったままの注射針を抜くと、ジャッキーは力尽きた如く足がすくむ。そして、ジャッキーの腕に改めて、麻酔薬を入れ直した。

医者を演じたユン・ケイは、サモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェンらと共に中国戯劇学院を卒業する。主に裏方としての仕事に就き、真田広之主演の『龍の忍者』 (1982年)で監督デビュー。以降、『方世玉』2作品(1993年)や『ターゲット・ブルー 』(1994年)といった数多くの作品を手掛け、『X-メン』(2000年)や『トランスポーター』シリーズ(2002・2005・2008年)等の海外作品でも、スピーディーでキレのあるアクション演出は評価が高い。俳優としても、『チャウ・シンチー 新精武門 』やアンディ・ラウ主演『神鳥聖剣』(1991年) 等に出演。

『デッドヒート』の用語

カーレース

壮絶なカーレース場面。

本作品のメインテーマとも言え、ジャッキーと宿敵クーガーがクライマックスにて繰り広げる見せ場である。主演を務めるジャッキー・チェンは、車好きとしても知られ、それが高じて本作品の制作が実現化した。

パチンコ店

出典: stat.ameba.jp

パチンコ店で激闘を繰り広げるジャッキー(写真右)。

本作品中盤にて、ジャッキーが妹達を助けようと向かった場所である。店の奥には大勢のヤクザ達が居座るサウナ店があるという、変わった構造となっている。ジャッキーは、ヤクザの一人・黒澤に妹達はどこだと訴える。黒澤は知らないと答えジャッキーをけなし、さっさと帰る様に告げる。するとジャッキーは黒澤の手下達相手に暴れ始めたうえ、そしてパチンコ店内のアトラクション用のハンマーでパチンコ台を次々と破壊し始める。それを見た黒澤が激怒し、他の手下達と共に店内で格闘技戦を繰り広げる。ジャッキーと黒澤、また彼の側近達は、店内の天井まで上った後も戦いを続ける。しかし重量オーバーで、吊り上げていた天井が崩れジャッキーと黒澤達も、下へ落下する。その際に、天井に積んでいた大量のパチンコ玉がなだれ込む。奥からクーガーが出て来る。彼はジャッキーを気に入ったと告げては、ジャッキーの二人の妹のうち、一人をその場で返した。

『デッドヒート』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

u_suke
u_suke
@u_suke

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

ポリス・ストーリー2/九龍の眼(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー2/九龍の眼(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』とは、1988年に公開された、ジャッキー・チェン主演のポリスアクション作品である。犯罪組織のボスであるチュウ一味を逮捕したチェン刑事だが、彼等逮捕する際に器物破壊等の行為で多大な損害を出してしまう。これにより制服警官への降格、交通係への勤務を命じられる。地道に働くチェンだったが、その背後で爆弾事件が発生する。人気シリーズ第2弾であり、派手な格闘、爆破シーンが話題となった。

Read Article

目次 - Contents