ミニオンズ(Minions)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルー」シリーズの「怪盗グルーの月泥棒」「怪盗グルー危機一髪」に続く3作目。前2作ではグルーと一緒にいる謎の黄色い生き物たちというだけだったが、今回は彼らが主人公。悪党に仕えることを生きがいとするミニオンズだが、自分たちのドジのせいでボスを失い続ける。ある時悪党大会に参加し、見事勝者となるが、またドジを踏んでしまう。

アビーロードのマンホールから出てくるミニオンズ。

映画の名シーンや、世界的に有名な事象がところどころに見られる。

・スカーレットが戴冠式に臨むドレスを着る際、コルセットを後ろからギリギリと締め上げてもらうシーンは「風と共に去りぬ」から。スカーレットという名前も同映画の主人公と同じ。
・ミニオンズが戴冠式に行こうと地下からアビーロードのマンホールから出ようとするが、その上をスーツを着た4人の男性が通過するためなかなか出られない。これはビートルズのアルバム「アビーロード」から。
・アメリカの月面着陸の瞬間の映像、かと思いきやその前を大勢のミニオンズが通り過ぎ、スタジオでの撮影だったことがわかる。月面着陸の映像はヤラセだったという噂に乗っかったもの。

悪党大会に行くバナナマン!?

ミニオンズが旅の途中に車に乗せてもらう悪党一家の父ウォルター・ネルソンとその息子ウォルター・Jr・ネルソンがバナナマンの二人にそっくり。
バナナマンの2人はそのそっくりな役の吹き替え版の声を担当している。起用されたのは、ウォルター・Jr・ネルソンが日村勇紀に似ているからだったというが、設楽統もウォルター・ネルソンにかなり似ている。
日村は「本当に僕を描いてくれたんじゃないかと思うくらいな感じ」と思ったらしい。

名曲揃いのサントラ

60年代という設定のせいかその当時の名曲が多く使われている。音楽に詳しくない人でも「なんとなく聞いたことがあるなぁ」という曲が多くあるのではないだろうか。
ミニオンズが大騒ぎするシーンが多い映画だが、おしゃれな雰囲気があるのは音楽の影響もあるようだ。
以下、使われている曲の一部。

・タートルズ  “Happy Together”
・ローリングストーンズ  “19th Nervous Breakdown”
・スペンサー・デイヴィス・グループ “I’m a Man”
・ドアーズ “Break On Through (To the Other Side)”
・ジミ・ヘンドリックス “Foxy Lady”
・キンクス “You Really Got Me”
・ボックス・トップス “The Letter”
・ザ・フー “My Generation”
・モンキース “Hey Hey We’re The Monkees”
・ビートルズ “Love Me Do”“Got To Get You Into My Life” 
・ドノ・ヴァン  “Mellow Yellow”

ミニオン語

ミニオンは人間ではない生き物だが、言葉を話す。その言葉がミニオン語。
英語では「Minionese ミニオニーズ」「Banana language バナナ語 」などと言われている。
英語、スペイン語の他日本語も聞こえる。「おしり~、おしり~」と歌っていたり、思い切り「やきとり~!」と叫んだり。
独特の造形語も多いので、その一部を紹介。

パラトゥ → あなた
ラ、ボーダ → 結婚
プーパイエ → さようなら
タンキュー → ありがとう
タタタ パラトゥ → あなたなんて大嫌い
ベロー→ハロー
アンダーウェア→誓う、約束する
ビード→ごめんなさい
ムアック→キス
ミー・ウォン・バナナー→お腹空いた
バーボイ/パーポイ→おもちゃ

エピソード・逸話

ミニオンズの声

吹き替え版ではミニオンズ3人の声はそれぞれ違う声優が担当しているが、オリジナルでは監督であるピエール・コフィンがすべて担当している。
彼はインドネシア人とフランス人のハーフのため、インドネシア語、フランス語、イギリス英語の訛りが混ざった独特な英語を話す。
それが人間ではないミニオンが話す言葉としてぴったりだったため、デモを聞いた制作会社が気に入り採用された。

ミニオン3人のモデル

今回主役となるミニオンズ3人にはモデルがいる。怪盗グルーシリーズでグルーと暮らす3姉妹である。
ケビンのモデルはマーゴ、スチュアートはイディス、ボブはアグネス。
確かに、しっかり者、奔放、天真爛漫、という個性を考えるとうなずける。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

怪盗グルーのミニオン大脱走(Despicable Me 3)のネタバレ解説まとめ

『怪盗グルーのミニオン大脱走』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第3作。東宝東和配給・イルミネーション・エンターテインメント制作、2015年公開『ミニオンズ』から共同監督を務めるピエール・コフィン監督とカイル・バルダ監督が手掛ける3Dアニメーションのコメディ映画。反悪党同盟に所属するグルーは念願の結婚を果たし、家族で幸せな毎日を送っていたのだが、組織が目標とする新たな敵を捕まえ損ねて組織をクビにされてしまう。相棒のミニオンたちもいなくなってしまう中、組織に戻るため生き別れた双子の兄弟と奮闘する。

Read Article

怪盗グルーの月泥棒(Despicable Me)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルー」シリーズ第一弾作品。グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

Read Article

怪盗グルーのミニオン危機一発(Despicable Me 2)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルーの月泥棒」の続編。前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗い子供たちのよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石で極秘研究所が盗まれるという事件が起き、AVL(反悪党同盟)はグルーに協力を仰ぐ。

Read Article

SING/シング(映画)のネタバレ解説まとめ

SINGとは、「ミニオンズ」「ペット」などを手がけたイルミネーション・スタジオが贈る、コメディ映画。2016年に12月21日にアメリカ合衆国で公開。日本では2017年3月17日に公開された。 子供の頃、舞台に惹かれたバスターは劇場支配人になるも、夢見た世界とはかけ離れた生活を送っていた。そこで彼は賞金1000ドルをかけた歌唱コンテストを開催、バスターの最後の賭けが始まろうとしていた。

Read Article

目次 - Contents