仮面ライダーBLACK(Kamen Rider Black)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。
「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。
人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

第1話、第2話登場。
秋月信彦、杏子の実父で、南光太郎の養父。考古学者。

巨大遺跡の発掘資金に行き詰まり、ゴルゴムからの援助を受け入れ、メンバーとなった。

しかし、光太郎の両親である親友の南夫妻が、ゴルゴムのメンバーとなることを拒んだために、ゴルゴムによって飛行機事故を装い殺害されたことには強い嫌悪感、不信感を抱き、「悪魔の集団」と評している。

家族の命を守るためには、ゴルゴムに従うよりなかった彼は、次期創生王候補として、二人の息子を差し出すことを了承する。
だが、脳改造手術までは認めておらず、身を挺してこれを制する。
それによってゴルゴムに追われる身となった。

キャンプディアブロ跡地にて、光太郎にゴルゴムの秘密を伝え、奴らに従うよりないと告げるも、追手のクモ怪人の集団に殺害されてしまう。

滝竜介(演:京本政樹)

第16話、第30話に登場。
インターポールの捜査官。秋月信彦のサッカー部の先輩にあたる。

光太郎が仮面ライダーBLACKであることを知る数少ない人物。

生身の人間ながら、戦闘能力は高く、仮面ライダーBLACKをサポートするに充分である。
特にサッカー部時代の必殺「リュウシュ-ト」は、ハサミムシ怪人の撃破に大いに貢献した。

東堂勝(演:セント)

第2話、第10話に登場。
光太郎の大学の先輩で、喫茶店キャピトラの経営者。
スキューバダイビングが趣味。

ユーモアがあり、面倒見はいいが、経営にはてんでだらしなく、突然、「海が俺を呼んでるんだよ!」などと言って、光太郎や杏子に店を任せきりで飛び出して行ってしまう。

南正人(演:土師孝也)南友子(演:遠藤英恵)

第1話回想シーンに登場。南光太郎の両親。
父、正人は秋月総一郎と同じく考古学者であったが、ゴルゴムのメンバーになることを拒んだ為、妻共々飛行機事故を装い、ゴルゴムに殺された。

仮面ライダーBLACKの戦友 2台のマシン

バトルホッパー

全長:222cm
全高:124cm
重量:118.2kg
最高出力:415ps
最高時速:500km
動力源:モトクリスタル

次期創生王候補である世紀王のために、ゴルゴムが造った生体メカ。
自らの意思を持ち、BLACKが呼べば、即座に駆け付ける。

心臓部にエネルギー源となる神秘の石、モトクリスタルを宿す。
体内のリライブタンクにより、強力な再生能力を発揮し、第7話でサイ怪人のツノ攻撃を受け、大ダメージを被るも、完全に回復することができる。
BLACKが搭乗することで、キングストーンとモトクリスタルのパワーが融合し、最大限のパワーを発揮する。
この状態で放つ必殺技、ダイナミックスマッシュは、コンクリートの壁ですらたやすく打ち破る。

バトルホッパー 最後の活躍

世紀王ならばどちらも使用できるため、第50話、最終話でシャドームーンに隷属させられ、BLACKをピンチに追い込んだ。
しかし、長きにわたり共に戦ってきた戦友を手にかけることに、バトルホッパーは涙する。
BLACKの助力を得、シャドームーンに抗うバトルホッパー。
しかし彼は、シャドームーンのサタンサーベルに切り刻まれ、ついには再生能力を失ってしまった。

普段、人の言葉を発しないバトルホッパーは消えゆく意識の中、最後の力を振り絞りこう告げる。
「ア…アリガトウ…!ラ…ライダー…。」

ロードセクター

全長:210cm
全幅:72cm
全高:132cm
重量:202kg
最高出力:1515ps
最高時速:960km

第12話より登場。
ゴルゴムの支援を受けていた、オートバイ工学の権威、大門洋一博士によって文明破壊用マシンとして設計、開発された。
完成直後、博士と博士の息子、明の妻がゴルゴムによって殺害される。
明はロードセクターを使って、父と妻の復讐を図るが、自らは乗りこなすことができず、息子の喜一にそれを託そうとした。
しかし、「子供を復讐の道具に使ってはいけない!」との南光太郎の説得に、明は彼にロードセクターを委ねることを決意する。

時速800km以上に達するとマシン上部のアタックシールドが自動的に展開。
分厚い鉄板ですら一発で打ち破る体当たり攻撃、スパークリングアタックを発動。
プラズマジェット、妨害電波等の装備や機能も備えている。
また、走行時にはイオンバリヤーが発生し、空気摩擦等からマシンと搭乗者を保護する。

また純粋なメカであり自我はないとされるが、RSコンピューターという超高性能コンピューターが搭載されており、物語終盤ではバトルホッパーとともに光太郎を案じるような挙動を見せたこともある。

バトルホッパーとの連携時間差攻撃、マシンスクランブルの威力も強力。

暗黒結社ゴルゴム

遥か太古の昔から人間の文明や文化を破壊し、優れた人間だけを怪人にして、怪人だけの世界を創ろうと暗躍を続けていた暗黒結社。
あらゆる事件、事象や要人の失踪、誘拐、殺害を「ゴルゴムの仕業」と南光太郎が看破するように、現代社会において根深く、影響力のあるメンバーを多く持つ。主には財閥の当主、著名な政治家、優秀な科学者、有名芸能人などが参加しており、世界を裏側から操り、混乱に導いている。

5万年に一度、キングストーンを持つ2人の世紀王を闘わせ、勝った方を次期創世王にする。

シャドームーン復活を皮切りに人類に宣戦布告したことで、その存在が世界に知れ渡ることとなった。
一時的ではあるが、仮面ライダーシリーズの悪の組織で唯一日本を支配下に治めた組織 であり 、 昭和ライダーの悪の組織で後付けを含め、初めてショッカー〜バダンまでの歴代組織と何の接点もなかった組織でもある。

三神官

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

仮面ライダーV3(Kamen Rider V3)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Read Article

仮面ライダー1号(Kamen Rider 1)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Read Article

仮面ライダーG(Kamen Rider G)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーGはテレビ『SmaSTATION!!Presents SMAP☆がんばりますっ!!』の企画「SMAPチャレンジ」の1つ。SMAPの稲垣吾郎の「幼少時の憧れであった仮面ライダーになってみたい」という要望を石森プロと平成仮面ライダーの製作スタッフの全面協力のもと実現したヒーローの名称である。 武装組織「シェード」に誘拐され、改造人間となった五郎が仮面ライダーGとなってシェードと戦う物語。

Read Article

仮面ライダー(Kamen Rider、Masked Rider)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

仮面ライダーZX(仮面ライダーゼクロス、Kamen Rider ZX)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Read Article

仮面ライダーエグゼイドのライダーガシャットまとめ

『仮面ライダーエグゼイド』とは「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」がキャッチコピーの平成仮面ライダーシリーズ第18作目。 病院を舞台にゲーム要素が盛り込まれており、ライダーガシャットと呼ばれるキーアイテムが存在する。ガシャットは各ライダーが基本形態や強化形態に変身する際に使用するものと、「ゲーマ」と呼ばれるサポートユニットを召喚するものに分類される。

Read Article

仮面ライダークウガ(Kamen Rider Kuuga)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

仮面ライダービルド(Kamen Rider Build)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。 全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。 ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

プレミアムバンダイ限定!漆黒のヒーロー。黒い仮面ライダー5選!

仮面ライダー。それは長い歴史の中で宿命を背負って戦ってきた孤独な戦士の名前でした。そんな戦士達をリアルな造形で手に入れる事が出来るのが「S.H.Figuarts」という完成品フィギュアのシリーズ。今回はそのシリーズの中でもプレミアムバンダイ限定の商品をご紹介。特に「黒い仮面ライダー」をテーマに厳選してみました。漆黒のヒーロー!アナタはいくつ知っていますか?

Read Article

まさかの超高額商品も!プレミアムバンダイ注目の仮面ライダーフィギュア6選!

これまでもプレミアムバンダイのサイトから注目の商品をいくつかご紹介してきましたが、今回は仮面ライダーシリーズから厳選した6つのフィギュアをご紹介したいと思います。プレミアムバンダイの商品はどれもスペシャルなものばかりですが、今回は驚きの超高額商品も登場!注目の仮面ライダーフィギュアを是非ご覧下さい☆

Read Article

真骨彫製法によって誕生した究極の仮面ライダー7選!

仮面ライダークウガのアルティメットフォームの予約開始で注目を浴びた、真骨彫製法フィギュアシリーズ!徹底的にこだわり抜いた造形はもはや究極といっても良いでしょう!仮面ライダーは過去にも多くのフィギュアシリーズが登場しましたが、真骨彫製法シリーズはTVの造形を完全再現したかのような美しさと存在感!ファンなら要チェックです!

Read Article

目次 - Contents