カーニヴァル(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カーニヴァル』とは、御巫桃也による漫画。『コミックZERO-SUM』にて、2007年10月号より連載中。
无(ナイ)は自分の名前と嘉禄という男のことしか覚えておらず、言葉や常識、その他すべてのことを知らなかった。无は嘉禄と一緒に暮らしていたが、ある日、腕輪を残して疾走してしまい、无は嘉禄を探す旅を始める。その旅の途中、ミネという人物に捕らえられた无は、偶然屋敷に盗みに入った花礫に助けられる。花礫は助けた対価として、嘉禄の腕輪を要求し、二人は行動を共にするようになる。

輪の貮號艇闘員。髪の色は青緑色、瞳の色は緑。8月7日生まれ。25歳。血液型はB型。身長175cm 。
男勝りで妖艶な美女。團員たちからは「姐さん」と呼ばれ慕われている。花礫が能力軀に襲われた際には抱きかかえて移動するなど、かなり豪傑。
女子に対してはフェミニストだが男子に対してはスパルタ(特に喰に対して)。
ツクモを溺愛いる。名乗りは「石(セキ)は我の命を受け 煌々輝々(こうこうきき)と魔を葬(はぶ)る宝冠の女王と名を戴く国家防衛機関『輪』第貳號艇闘員 イヴァ」

朔(ツキタチ/CV:遊佐浩二)

輪第壱號艇長。髪の色は赤で、瞳はくすんだ金色。4月18日生まれ。27歳。血液型はO型。身長186cm 。
平門とは同年同期。仕事中に雑談に興じたり、調査のことを「遠足」と言ったりと、壱號艇長でありながら気さくで楽観的な性格。
大雑把に見えることもあるがまわりの状況を細かくよく見て把握しており、仕事ではとても頼れる存在。
お酒が好きで、平門や燭たちと一緒に飲むことも。平門と同じく「帽子乙女 ( バンシー ) 」を使用する。

喰(ジキ/CV:中村悠一)

輪の壱號艇闘員。武器は鞭。丸い眼鏡をかけた青年。髪は暗い灰で金色の瞳。10月3日生まれ20歳。血液型はA型。身長176cm 。
瞳に特殊な力があり、遠くのものもよく見える為に普段は眼鏡を着用している。
物腰柔らかな良識人だが、気心の知れた相手やアクが強い相手には当たりの強い態度をとることもある。人との付き合いは良いほうだが、上っ面であることが多い。
薬草の配合や栽培が趣味である。

キイチ(CV:喜多村英梨)

輪の壱號艇闘員。武器は鎌。青い縦ロールの髪をした少女。瞳の色は明るい青。11月25日生まれ。15歳。血液型はO型。身長151cm 。
プライドが高く完璧主義者。自分の戦闘能力が高いことを誇りに思っているが、それに見合うだけの努力もしている。
訓練生時代の先輩であるツクモに対して対抗心を燃やしている。突然消えた无を心配したりと仲間思い。
口調は一応敬語ではあるが、気が強くいつも憎まれ口を叩いているため、同じように口が悪い花礫とは何かと張り合っている。

燭(アカリ/CV:平川大輔)

国家防衛機関「研案塔」に勤める医者および研究者。療師の弟子。髪の色はピンクと薄茶、瞳はピンク。12月23日生まれ。33歳。血液型はO型。身長185cm 。
非常に有能な研究者でSSS ( ヴィヒテネゲル ) という特別な存在。高飛車な態度で歯に衣着せぬ物言いをするため、ナースたちからはあまり好かれていない。平門とは犬猿の仲出会うたびにいがみ合う。朔からは「燭ちゃん」と呼ばれている。

糺(アザナ/CV:岡本信彦)

「研案塔」の生命室に所属する研究員。 髪は灰色で、ポニーテールである。瞳は水色。
動物たちの世話をしているため、じゃれてくる動物たちによっていつも顔は擦り傷だらけで絆創膏をベタベタと貼っている。
幼い頃、両親を能力者によって殺され、「研案塔」に勤める医者および研究者である燭に保護された。

黒白(ウロ/CV:諏訪部順一)

「輪」と敵対する組織火不火の幹部。髪の色は赤。瞳の色は赤っぽい茶色。11月1日生まれ。26歳。血液型はA型。身長:184cm。
冷静で隙がない。普段はエリシュカと嘉禄の世話をしている。

エリシュカ(CV:佐藤聡美)

ガルド社のCEOであるパルネドの孫娘。 欲求に素直でわがまま。お姫様扱いをされるのが当たり前。
髪、瞳はともに桃色 。7月16日生まれ。14歳。血液型はB型。身長153cm。
我儘をぶつけながらも黒白のことは頼りにしているようだ。 また、パルネドが連れてきた掴みどころのない嘉禄には夢中で、彼を振り向かせることに必死になっている。

夏切(カギリ/CV:豊永利行)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents