スプラトゥーン(Splatoon)のネタバレ解説まとめ

2015年5月28日に発売されたWii U専用ゲーム。
プレイヤーはインクリングという特殊なイカの一匹になり、ハイカラシティというインクリングたちの街でナワバリバトルを行う。
基本はオンライン対戦になってくるが、一人用のオフラインモードも搭載されている。2017年の夏に続編が発売予定。
また、オフラインイベント「スプラトゥーン甲子園」というイベントも開催されている。

略称はタコ。武装したタコ軍団。
タコに非常によく似た存在で、インクリングのライバル的存在。
100年前の「オオナワバリバトル」でイカ陣営に破れ、ハイカラシティにあるマンホールに入った先にある「タコツボバレー」を拠点としている。
ハイカラシティの侵略を目論んでおり、ハイカラシティのシンボルである「オオデンチナマズ」を盗んでいった。
四肢が退化してしまっているという特徴があるが、高度なブキでそれを補っており、足の数が多いほど知能や位も高い。
一般的な戦闘員の「タコトルーパー」の他、人の姿をした戦闘員の「タコゾネス」がおり、タコゾネスはインクリングたちと同様にブキやサブウェポンを使って攻撃してくる、インクへ潜ることができる。
パワーアップした「デラタコゾネス」というのも存在し、合計で4回プレイヤーと戦うことになる。
ボスはタコ世界の英雄であり、将軍でもあり、DJでもあるDJタコワサ将軍。

タコゾネス

インクリングたちのように人の姿になることができるオクタリアンで、女性の戦闘員。
頭にワカメをつけている者もおり、ワカメをつけている者は階級が高く、また、強さも通常のタコゾネスよりも上。

タコゾネスの元々のAIは強めに設定されていたのだが、あまりに強すぎて勝てない人が出てしまったため弱体化されたという話が残っている。

DJタコワサ将軍

ワサビをこよなく愛するオクタリアンの総帥。
かつてのオオナワバリバトルのリベンジを果たすために盗んだオオデンチナマズを動力とし、巨大な兵器でプレイヤーの前に立ちはだかる。
ヒーローモードでの最後のボス。

アタリメ司令とは浅からぬ親交があったらしく、イカとタコの交流があった頃からの仲。
オオデンチナマズを取り返した後はお灸を据えられるという形でアタリメ司令の傍にいる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

目次 - Contents