銀魂(ぎんたま)【基本情報・随時更新】

銀魂は、2004年12月号から13年間連載されている、空知英秋先生によるSF人情時代劇ギャグバトル漫画。2006年からテレビアニメ化され、それ以降「終わる終わる詐欺」を繰り返し、2017年2月現在で通算4期目のシリーズ化されている。

[徳川定々(声-岐部公好<第179話>、土師孝也<一国傾城篇、将軍暗殺篇>)]
江戸幕府先代将軍にして茂々の叔父。天人襲来の折、心労で倒れた先々代の12代将軍に代わり、「売国奴」と罵られながらも幕府を立て直した名君と呼ばれていた。

一橋派

[一橋喜々(声-浪川大輔)]
茂々や定々を失脚に追い込み、新政権樹立を狙う一派の首領。普段は紳士的に振る舞っているものの、強権のもと傍若無人に裏切り者など容赦なく切り捨てる。しかし、独裁者だった定々とは違い、彼の場合は世間知らずから来るのもである。モデルは、徳川幕府第15代将軍、大政奉還を行った徳川慶喜。

宇宙海賊・春雨

[神威(声-日野聡)]
「春雨の雷槍」と呼ばれる最強の戦闘部隊・第七師団団長。“星海坊主”こと神晃の息子で、妹に神楽を持つ。宇宙最強戦闘種族「夜兎族」の一人で、大食漢の夜兎族の中でもかなりの食欲を持つ。普段から飄々としているが、その本性は闘争本能と殺意の塊と言える。モデルは北海道の地名・神威岳。

[阿伏兎(声-大塚芳忠)]
夜兎族の一人で第七師団副団長。副団長という立場上、師団内での役割は神威の補佐であり、特に交渉に関しては神威から任されている。鳳仙の査定の為神威と共に吉原を訪れるが、鳳仙と神威の交戦に止めに入ったところ、鳳仙に左腕を落とされてしまう。その後、星海坊主同様義手を付けている。

[華陀(声-伊藤美紀)]
傭兵三大部族「辰羅族」の美女天人で元第四師団団長。“孔雀姫華陀”の異名を持つ。かぶき町四天王の一人でもあり、容姿は四天王の中で最も若々しく博打好き。初登場時一人称は「わし」、それ以降は「妾(わらわ)」。

吉原

[日輪(ひのわ)声 - 櫻井智、幼少期・仁後真耶子)]
吉原桃源郷最高の花魁であり、客を選べるほどの人気と気位を持つ。気丈な性格の美女でどんな絶望的な状況でも決して諦めを見せず、その姿が吉原の来客のみならず遊女達にも希望を与えてきた。その姿から「吉原の太陽」として周囲から敬慕され、親しまれている。

晴太の母親かと思われたが実は養母で、実母は遊女達に匿われ晴太を生んだ後すぐに息を引き取っていた。幼い頃から鳳仙が太陽に焦がれていたことに気付いていたため、鳳仙を気にかけ太陽の絵を描くなどして太陽を見せようとしていた。8年前、まだ赤子だった晴太を連れて一度は吉原を脱走するも、鳳仙の手から彼の命を救うために死ぬまで吉原で生きることを決意し、鳳仙の手により逃げられないよう足の筋を切られ自力で立ち上がることすらできない身体にされた挙句、客寄せで顔を見せる以外は以前にも増して軟禁同然の生活を強いられることとなってしまった。

自身に会うために吉原を度々訪れていた晴太(と付き添いで来た万事屋)を鳳仙の手から逃すために月詠に脱出の手引きを頼んだ。神威によって自身の許に来た晴太を一度は拒絶するも、真実を知っても自分を母と呼ぶ晴太の思いと銀時の後押しにより晴太を受け入れ涙した。鳳仙の心の渇きを最も理解する女性でもあり、他者への愛情表現が解らなかった孤独な独裁者である彼の死に、ただ一人彼のために涙を流しながら、その死を看取った。

鳳仙の支配から解放された後は地上での生き方を知らない遊女達のために吉原に残り、自身は車椅子を利用しながらも「ひのや」という屋号の茶屋を経営している。鳳仙との決着後は、銀時の要望通り彼に笑顔でお酌してやった。再登場時は、堅苦しさが抜けかなり気さくな人物となったが、人の話を聞かず当人の意思を無視して頼みごとをしたり、唖然とする新八や神楽を尻目に酔って銀時に暴行を加え続ける月詠を「楽しそう」などと言って微笑ましく見守る、寺子屋に通い始めた晴太に毎日重箱入りの弁当を作るなど割と強引かつ天然な面が目立っている。

月詠とは長い付き合いだけあって彼女のことに関しては熟知しているが、月詠が酒に極端に弱いということだけは知らなかった。月詠の銀時に対する密かな想いについても勘付いており、さり気なく後押しをすることもある。キャラクターのモデルは日本神話に登場するアマテラスオオミカミである。

[晴太(せいた)声 - 三瓶由布子]
孤児の8歳の少年。自分を育ててくれた老人が亡くなってからはスリを繰り返し、貯めた金で吉原桃源郷にいる母親・日輪を買おうとしていた。銀時の財布をスった際に彼に捕まり、事情を聞いたお登勢に諭されたのを機に彼女の店で働いて稼ぐことになった。その後、鳳仙によって日輪が母親でないことを明かされるが、それでもなお日輪を母親として救おうとし、後から来た銀時の手助けによって遂に日輪と母子として再会を果たした。

鳳仙が倒された後吉原に移り住み、現在は日輪や月詠と三人で暮らしており、プールやお年玉、バレンタインのチョコレートにはしゃぐ子供らしい素直な一面も見せるようになった。寺子屋にも通うようになったが、通い始めたばかりの頃は日輪が毎日重箱入りの弁当を作っていたためそれを周囲に知られないようにいつも一人で昼食を食べていたが、現在は友人も出来、一緒に昆虫採集や花火に行ったりしている。

[鳳仙(ほうせん)声 - 銀河万丈]
本作最強クラスの実力を誇る戦闘民族。吉原桃源郷の利権に古くから関わる、銀河系最大規模を誇る犯罪シンジケート・宇宙海賊「春雨」の元幹部であり、現在は吉原を治める楼主として事実上の隠居生活を送っている。夜兎の性質から太陽を必要以上に憎み忌み恐れ、それと同時に強い憧れを抱いているため、日の当たらない吉原に隠れ住んでいる。それ故に吉原の太陽である日輪の気高い魂に対して愛憎が入り混じった感情を抱き、今まで戦場で生きてきたが故に戦いでしか感情を表現出来ないため、彼女のその魂を屈服させるという歪んだ願望を持つ。

幼い頃の神威の師匠で、彼が団長を務める第七師団の創設者でもある。最強の戦闘部族と謳われた夜兎族の中で一大勢力を築き上げた強者で、吉原を支配する常夜の王にして夜兎族の王とされる「夜王(やおう)」の異名をもつ。その強さは星海坊主と互角とされるほど。だが長年地上に出なかったために他の夜兎でも多少は持つ太陽への耐性を失い、日の光を浴びれば皮膚が焼け落ちる程に弱るという弱点を持つ。以前星海坊主と3日間も戦い続けたことがあるがこの時、星海坊主の都合(便意を催した)により決着は付いていない。

鳳仙が所持する傘は、他の夜兎族のものより大きく鳳仙の身長以上の大きさである(星海坊主との戦闘時に使っていたものは普通の大きさだった)。銀時や百華との交戦では単独で彼らを圧倒するが、晴太達によって吉原に開放された日に当たり、急激に弱った所を倒された。そして日の光の中で力尽きていく中、日輪に見取られ静かに眠りに着いた。後に「あの世では日の光を浴びさせてやりたい」という遊女達によって、日当たりの良い孤島に傘を墓標として立てられ埋葬された。生前は日輪以外の遊女には関心を示さなかったため、本来は隠居しているはずの鈴蘭が現役である事実には気付いていなかった模様。ただし、日輪達が晴太の実母を匿い、出産に協力していた事実は知っていた。

百華

[月詠(つくよ)声 - 甲斐田裕子、性転換篇・星野貴紀]
吉原自警団「百華」二代目頭領で「死神太夫」と恐れられる吉原最強の番人。薄い金色の髪と紫の瞳を持つ美女。網タイツにスリットの入った片腕の着物を纏っており、前髪を上げ クナイの形をした簪で留めている。「百華」先代頭領・地雷亜の弟子として戦闘術を徹底的に叩き込まれており、クナイや小刀を自在に使いこなし、手練れの忍びが束になって襲ってきても軽く一蹴してしまう。

廓詞を使い、一人称は「わっち」で、二人称は「ぬし」。愛煙家で、キセルを愛用している。幼くして禿として吉原に身売りされ、生きることに絶望していた所を日輪に救われ、彼女を守るため、顔に縦横2本の傷を刻み“女”を捨て、吉原の番人となった。吉原に来た当初は亀吉という意地の悪い遊女の下で働いていたが、日輪が亀吉と殴り合いの大立ち回りをしてからは日輪の下で働くようになったらしい。その恩義のため、吉原炎上篇以降は、何くれとなく日輪と晴太母子の世話を見ており、自力で歩けない日輪の代わりに晴太をプールに連れて行ったりなどしている。百華の面々に技を仕込むのが上手だったという理由で日輪から晴太の家庭教師を頼まれたりもしたが、教え方が小難しい上に大量に投げたクナイを目隠しをしたまま避けるような危険な勉強法を行ったりしたため、晴太からの評判は散々であった。

吉原炎上篇にて神威達に捕らわれた晴太を救うため、万事屋と協力して鳳仙及び吉原と戦うことを決意する。鳳仙が倒された後、日輪達と共に吉原に残った。再登場した時には、吉原で行われている麻薬密売のシンジゲートを潰すため銀時と組んで潜入捜査を行うが、その密売の元締めが死んだはずの師・地雷亜であることを知り、圧倒的実力差と動揺も相まってか歯が立たず、月詠自身は地雷亜に捕らえられてしまう。しかし、すんでのところで駆け付けた銀時に救出され、全蔵から地雷亜の過去を聞かされた後は、彼を担ぎ、共に吉原の月を仰ぎ見て、師匠との最後の時間を過ごした。

クールな性格ながらも根っからの苦労人であるため、相手のフリに合わせ的確なフォローをしたり、必要以上に相手に気を使う場面が多く、晴太いわく「吉原一空気の読める女」だが、感覚が一般人のそれとは若干ズレており、気配りが裏目に出てしまうこともある。神楽に“ツッキー”と呼ばれて以来それが彼女の愛称として定着しており、あやめやチョコレート屋の店員からも“ツッキー”と呼ばれている。顔に傷があるものの、「上玉」と評されるほどの美人であり、かつ銀時や長谷川が認めるほどスタイルも良い。吉原の女らしく性知識も豊富であるが、実際に座敷に上がったことはない。

吉原で長年過ごしてきたからか、市民プールを「殆ど裸(水着)の場所」と評するなど、一般常識に疎い面が垣間見られ、準レギュラー化して以降は、長編では余り見られなかったボケた面も見せるようになっている。ツッコミをする際はクナイを投げることが多い。非常に酒に弱い上に酒癖も最悪で、飲み始めて口調が標準語になり一人称も「私」になったかと思えば、銀時の頭部を酒瓶で殴り付けたり、脱衣あっち向いてホイを挑んで負けた瞬間、銀時の指を掴んでヘシ折るなどの暴行を加えている。

また、バレンタインデーにはウイスキーボンボン1個で酔っ払ってチョコを銀時の顔面に叩きつけてしまい、正気に戻ってから凹んでいた。銀時と出会ってから、彼に胸を揉まれた際に狼狽えジャーマンスープレックスをかけるなど、少しずつ女性らしい感情が芽生えてきており、「銀時と結婚した」という虚偽が書かれたあやめからの年賀状を読んで元気を無くし、日輪と晴太の年賀状に隠蔽工作をし、自身の年賀状に「末永くお幸せに」と書いて送ったり、「吉原の女一同から」という名目で銀時にバレンタインチョコを贈ろうとしたりと今では彼に想いを寄せているが、それを表に出すことはない(尤も、日輪や晴太などの身近な人物には見抜かれている模様)。

なお、「吉原炎上編」にて百華の多数の部下に攻撃されたが応急手当のみで鳳仙に挑み、吹き飛ばされても意識を保つ等、高い体力の持ち主である。地上に出るとあやめと共演することが多い。第二回人気投票では、初参戦ながら10位にランクインしており、このことは猿飛によくネタにされる。『3年Z組銀八先生』においては、『フェニックス』で、吉原商業高校から転任してきた保健体育の教師として登場。服装はミニスカートに白衣を着た風貌である。それ以前にもアニメの16期EDに登場している。名前のモデルは日本の神話に登場するツクヨミ。

その他人物

[志村妙(声-雪野五月)/演-長澤まさみ]
新八の姉で九兵衛の幼馴染み。実家である「恒道館道場」の復興を目指し、キャバクラ「スナックすまいる」で働く(常連客に銀時、近藤、土方、長谷川、坂本)。薙刀を愛用。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents