交響詩篇エウレカセブン(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2005年4月17日から2006年4月2日まで毎日放送をキー局として、TBS系列で全50話が放送された、ボンズ制作のSFロボットアニメ。この作品のために作られた放送枠の朝7時より放送。
主人公の少年レントンがヒロインの少女エウレカと出会って恋に落ち、成長していくボーイ・ミーツ・ガールの物語。それと同時に知的生命体「スカブ・コーラル」と星の謎を追う。

『交響詩篇エウレカセブン』の概要

『交響詩篇エウレカセブン』とは、ボンズによって制作されたオリジナルSFロボットアニメ。
レントンとエウレカを中心に描かれるボーイ・ミーツ・ガールの物語は大人気となり、アニメ史に残る傑作となった。
2009年にはパラレルワールドを描いた劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が公開となった。2012年には原作の続編となるアニメ『エウレカセブンAO』が放映され、2017年には新劇場版三部作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が順次公開された。
作品内には様々なオマージュがされており、原作アニメの各話のタイトルは人気バンドの曲名などから取られている。

田舎に住んでいたレントン・サーストンは空中に漂う粒子『トラパー』に乗って空を飛ぶスポーツ『リフ』が好きな少年だった。そんなレントンの将来の職業は軍人か、祖父が営むジャンクショップの跡取りだった。そんな生活にレントンは退屈していた。そんな時、謎のロボットが飛来した。中から出てきたのは緑色の髪をした神秘的な少女・エウレカだった。この出会いにより、レントンの未来は大きく変わって行く。

『交響詩篇エウレカセブン』のあらすじ・ストーリー

スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えないトラパーと呼ばれる未知の粒子が大気中に含まれるある惑星。
その辺境の街ベルフォレストに住む少年レントン・サーストンは、トラパーの波に乗って空中を滑空するスポーツ「リフ」に夢中な14歳。
彼の亡き父アドロック・サーストンは教科書にも載るほどの世界的英雄だが、その息子であるレントンの将来は軍人か、家業のジャンク屋という平凡なものだった。そんなレントンは生まれ育った環境から逃げ出すきっかけを待っていた。

そんなある夜、突然見たこともない汎用人型重機・LFO(トラパーを利用して空中での高速機動が可能なロボット)が自宅に墜落しレントンの部屋を半壊させる。
呆然とするレントンの前に、謎のLFO・ニルヴァーシュのコックピットから降りてきたのは神秘的な少女・エウレカだった。
彼女からニルヴァーシュの整備を依頼され、伝説のメカニックといわれる祖父アクセル・サーストンとレントンはそれを引き受けるが、突如ミサイルが飛来し、エウレカは応戦するためにニルヴァーシュの整備をしないまま出撃してしまう。
彼女は反軍組織・ゲッコーステイトのメンバーだったのだ。
祖父から託された拡張パーツのアミタ・ドライブを彼女に届けるため、レントンはリフボードを握りしめ激しい空中戦が繰り広げられる空へと飛び出して行く。アミタ・ドライブをセットしたニルヴァーシュは、周囲のトラパー領域を反転させる『セブンスウェル』を発動して、物理法則を無視した動きを見せ、鬼神の如き強さを発揮した。
ゲッコーステイトは、レントンが憧れるホランドが率いる組織だった。ホランド、エウレカの勧誘を受け、レントンは行動を共にすることを決めた。

『交響詩篇エウレカセブン』の登場人物・キャラクター

主要人物

レントン・サーストン

CV:三瓶由布子

本作の主人公。14歳。エウレカに誘われて加入したゲッコーステイトの新メンバー。
かつて大災害から世界を救った英雄アドロックの息子。生まれてすぐに母親を、程なくして父親も失う。
親代わりだった姉のダイアンも父を追うかのように消息を絶ち、メカニック屋の祖父アクセルと共に暮らしていた。

趣味はリフと呼ばれる空中サーフィンで、愛用のボードは憧れのリフボーダー、ホランドのレプリカモデル。
選択肢のない将来と変哲のない現状に不満を抱きつつも、どうにもならずに足掻く普通の少年。
バイタリティはあるが、後先考えずに行動してしまうことがあり、しばしば余計なトラブルを起こしてしまう事も。

空から降ってきた少女エウレカとニルヴァーシュに出会ったことで転機を迎え、ゲッコーステイトに加入する。
他人の操縦するLFOに同乗するとひどく不快を覚えるらしく、序盤ではコックピット内で粗相をしてしまうことが多かった。
以来メーテルたち3人の孤児達から「ゲロんちょ」呼ばわりされることになる。
整備の腕は確かだが、家族そろってピーキーに仕上げる癖がある。

序盤~中盤では子供っぽい言動が目立ち、エウレカやメンバーに感情をぶつけることもあったが、様々な経験を積み徐々に成長。
ニルヴァーシュとの感応能力の高さから、LFOの操縦技術もエウレカに引けを取らないほどにまで上達する。
月光号を離れた時にビームス夫妻など様々な人に出会う事で精神的にも大きく成長した。
月光号に戻った後はエウレカと心を通わせていき、心身ともに助けが必要となるエウレカにとって大きな支えとなり、子供達の父親としても立派に成長した。

容姿も少しずつ変化しており、最終話が近づくとともに表情も凛々しくなり、色々な経験をしてきて「男」として成長したのが窺がえる。
最終話の住民票(2055年(スカブ12006年)4月2日発行の模様)によればエウレカと籍を入れて、彼女が世話をしていた3人の子供達を養子として迎え、16歳にして三児の父になる。

搭乗機『ニルヴァーシュ type ZERO』

エウレカ

CV:名塚香織

ゲッコーステイトに所属し、ニルヴァーシュを操る天才LFOライダー。年齢不詳。
青竹色のショートボブに薄紫色の瞳、前髪を留めるための金色の髪留めと首輪が特徴。
言動や表情が感情に乏しく抑制的。どこか世間一般の人間の感性とはズレているところがあり、通常では不可視のトラパーの流れが読めたり、ニルヴァーシュをはじめ機械の感情が理解できる。リフボード、LFOの操縦技術の高さにはこれらの能力が影響している。

かつて所属していた塔州連邦軍の特殊部隊SOF時代に、宗教都市シウダデス・デル・シエロを破壊、大量の市民を殺戮した過去を持つ。
この件で自分の犯した罪の大きさを自覚し、その場で生き残っていた三人の子供たちの母親代わりとして育てることを決意する。

その正体は、スカブ・コーラルが人間と対話するために作り出した人型コーラリアンで、ニルヴァーシュ発掘現場で保護される。
レントンとの出会いをきっかけに、少しずつ喜怒哀楽の感情が表れはじめる。そんな自分自身に戸惑いながらもレントンへの恋愛感情を自覚し、表情や言動も年頃の少女らしい愛らしく豊かなものへと変化し、一人の女の子として、また母親としも成長していく。
登場人物の容姿が変わることがストーリーに大きな影響を与えるこの作品で、外見が様々に変化し続けた人物である。

搭乗機『ニルヴァーシュ type ZERO』

ゲッコーステイト

ホランドが塔州連邦軍を脱する際に奪取した最新巡洋艦「月光号」を駆る神出鬼没の空賊。反体制グループ。
所属メンバーをモデルやライターとして作成する雑誌「ray=out」を出版することで注目を集めると同時に、政府が隠蔽しようとする事実について広く一般に人々に知らせようと活動する。
反政府活動をするホランドたちに共感した若者が集い、現在のゲッコーステイトを作り上げる。
「賞金目的でリフはしない」というカリスマ集団らしいポリシーを持つが、内実は厳しい財政を支えるために表沙汰には出来ないような危ない仕事をすることで凌いでいる。

ホランド・ノヴァク

CV:藤原啓治

ゲッコーステイトのリーダー。29歳。
アマチュアリフ世界大会で最年少チャンピオンに輝いたカリスマ的なリフボーダー。
塔州連邦軍の特殊部隊SOF元エース。

シウダデス・デル・シエロ殲滅の後、軍のやり方に疑問を持ち同僚達と月光号を奪取。コーラリアンと対話ができるエウレカをニルヴァーシュと共に軍から連れ去り、反政府組織ゲッコーステイトを結成する。
長年の実戦経験の中で培われた戦闘指揮・白兵戦・LFOの操縦技術の能力はどれも一流。状況を冷静に判断して的確にチームをまとめるなど、リーダーの資質は十分である。性格面には色々と問題があり、タルホら女性陣から「第二次性徴期真っ最中の子供」と言われるような大人気ないところがあった。
かつてエウレカと共にゾーンと呼ばれる幻覚的空間に入った経験があり、その自負と使命感からエウレカへの強いこだわりがある。彼女を傷つけるものには容赦がなく、入団間もないレントンの短絡的な言動に激昂することも多かった。
恋人であるタルホが妊娠してからは精神的に成長し、心が通じ合っていくレントンとエウレカの関係を認めるようになる。
レントンの姉ダイアンとはかつて恋人同士であり、タルホとの関係が進展するまで彼女の事を引きずっていた。

塔州連邦軍の最高指揮官であるデューイは実の兄であり、王家の末裔である。
左腕に王の継承者を示す入れ墨があり、デューイと同じくフレイザーの金枝篇を愛読している。

搭乗機『ターミナス type R909』 『ターミナスtype B303 デビルフィッシュ』

タルホ・ユーキ

CV:根谷美智子

月光号の操舵士。26歳。
ゲッコーステイトの創設メンバーでホランドの恋人。元軍情報部所属で当時の交際相手は上官であったデューイ・ノヴァク。

雑誌「ray=out」のグラビアモデル。露出の多い服装から自信の程が窺がえる。
美人だがその性格は上品とは言えず、口が悪いところがある。
序盤では「女」としての負の側面をさらけ出し、エウレカに過保護なホランドの態度や、姿無き恋敵のダイアンに対して嫉妬心と不快感を隠さなかった。
その反面レントンに八つ当たりするホランドに喝をいれたりするなど、姉御肌な一面もある。

ホランドの子を妊娠したことによる心情の変化から、それまでのギャルファッションを捨て去り伸ばしていた髪も切った。
服装を変えてから言動も変化し、レントンをからかって遊ぶような子供じみたことはしなくなった。
特に、時には嫉妬を露わにしていたエウレカに対しては、叱咤やアドバイスをするようになり母親のように接している。
また、首都襲撃以降は操舵をムーンドギーに任せ、戦場に出ることが増えたホランドに代わって艦長を兼任している。

ハップ

Parfait557
Parfait557
@Parfait557

Related Articles関連記事

エウレカセブンシリーズの登場メカニックまとめ

エウレカセブンシリーズの登場メカニックまとめ

『エウレカセブンシリーズ』とは株式会社ボンズ制作のSFロボットアニメ。 スカブ・コーラルという珊瑚礁のようなものに覆われた大地と、未知の粒子トラパーの波が大気中を漂うある惑星を舞台に、主人公のレントンは反政府組織ゲッコーステイトのメンバーである不思議な少女エウレカと出会う。レントンの憧れであり、ゲッコーステイトのリーダー・ホランドに誘われレントンはゲッコーステイトのメンバーとなる。メンバーとなったレントンはエウレカと恋に落ち、様々な経験を積んで少年から徐々に大人へと成長していく姿を描いた物語。

Read Article

エウレカセブンAO(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

エウレカセブンAO(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「エウレカセブンAO(EUREKA SEVEN AO ASTRAL OCEAN)」とは、2005年に放送された「交響詩編エウレカセブン」の続編に当たるSFロボットアニメーション。制作会社はボンズである。義祖父と共に暮らす少年“フカイ・アオ”が、人型ロボットのニルヴァーシュとの出会いをきっかけに、謎の生命体・シークレットとの戦いに挑みつつ、行方不明の母親を探し始める。

Read Article

目次 - Contents