7SEEDS(セブンシーズ)のネタバレ解説まとめ

20160206225315

田村由美により描かれた、日本の少女漫画作品である。隕石の衝突が不可避と悟った各国は人類滅亡を防ぐために様々な作戦を考えた。その一つが7SEEDS計画である。いつの間にか冷凍されて未来に放り出された若者たちは、人類滅亡後の地球で戸惑いながら必死に生き抜いていく。ディストピアものは今までも数多く出版されているが、サバイバルに対する描写がリアルで引き込まれる物語である。

概要

漫画家田村由美により描かれた日本の少女漫画作品。小学館発行の月刊別冊少女コミックにて2001年から連載開始、2002年からは月刊Flowersにて連載されている。2007年に小学館漫画賞少女向け部門を受賞しており、10年以上にわたり人気を博している。コミックスは日本以外の国でも翻訳されて販売されている。
田村由美は、この作品以前にも現在の文明が滅びまた新たな文明が形成されている時代のファンタジー、”BASARA”を連載しており大人気を博している。2017年には漫画家生活30年となり、大御所ながら第一線で活躍し続けている作家である。

あらすじ・ストーリー

ある日、学者により巨大隕石が確実に地球に衝突するという事実が予測された。回避できないことが判明すると、各国首脳陣は様々な人類の生き残り作戦を考えた。その作戦の一つが7SEEDS計画である。これは、コンピュータや学者により健康な若者を選出し冷凍して冬眠させ、地球が安全な環境であることをコンピュータが確認したら解凍するという作戦である。
春夏秋冬1チームにそれぞれ7人ずつ(夏だけはA、Bの2チームある)選出された若者たちはいきなり未来に放りだされ戸惑いながらも、徐々に文明が滅んだこと、自分たちが本当に未来で生きていくことを実感していく。各チームが段々まとまってきたとき、佐渡に生き残るために重要なポイントがある可能性が出てきた。
若者たちが佐渡に行ってみたところ、学者たちは佐渡をノアの方舟のような存在にしようと試みていたこと、冷凍カプセルの中に105人の子供たちがいまだ眠っている状態であることを知る。そこで、若者たちは子供たちを救出すべく、自分たちの落ち着ける住処を見つけるべく佐渡の研究施設で奮闘することとなる。

夏のBのあらすじ・ストーリー

夏Bは社会的に不適合者とみなされた若者を試験的に選出したチームである。そのため、家出娘や引きこもりなど、勉強やスポーツなどが特に秀でているわけではないが健康な若者が集められた。ガイドの牡丹は最初、未来にいきなり来たと知らせるとパニックになることを恐れたのか、ただ誘拐されて遭難したという体でみんなをサポートしていた。最初に海に放出された際にはチームが1人、3人、4人に分断されていたが、虫と齧歯類(げっしるい/リスやネズミなどの哺乳類)しかいない島でチーム全員が合流することに成功し、島を出て物資のあるシェルターを目指すこととなる。

春のあらすじ・ストーリー

7人が目覚めた時、ガイドの柳により自分たちは地球に隕石が衝突したあとの未来にいること、おそらく今までの文明は滅んでいることを告げられる。しばらく虫しかいない島付近で水上生活をしていたが、ある日柳が虫に刺され卵を産み付けられた結果、7人を虫のエサにするために操られてしまった。しかし、柳は自らに火をつけることで7人の若者を守り、7人は柳が言い残した言葉を手掛かりに東の方角に移動していく。

秋のあらすじ・ストーリー

秋のチームは春や夏Bと比べ3年ほど先に解凍されており、夏Bが秋のチームを見つけた時には立派な村を形成していた。しかし、3年という長い時間を過ごすうちに心は荒み、リーダーの蘭と秋ヲによる恐怖政治と麻薬のような葉による気休めを支えとするゆがんだ村が形成されていた。秋ヲによると、1年目はなんとか頑張ろうとチームで結束していたようだが徐々に気持ちがくじけ、3年目には死のうかと考えるようになったということである。この環境で生きていくことの困難さを実感しているからこその、辛い心情が伝わる台詞である。

冬のあらすじ・ストーリー

冬は春や夏Bと比べると15年前に解凍された。解凍された時点で3人が解凍に失敗しミイラ化、その後もトラ(に似た肉食獣)に次々にメンバーが殺されあっという間に3人になってしまう。放出された場所は元北海道であり、極寒の環境故か大型の哺乳類が繁栄していた模様。この地で、新巻は1匹の犬と出会った。トラの縄張りから中々抜け出せずにいたところ、まずメンバーの吹雪がトラに殺され、その後新巻を助けるために美鶴が凍死した。犬は吹雪が死んでしまったあと新巻のそばにずっとついてきていて、新巻には犬が吹雪の姿に見えていた。犬もトラと闘った結果子犬たちを残し死んでしまう。生き残った新巻は子犬たちに友人の名前である吹雪と美鶴と名付け、15年間犬とともに日本をさまよっていた。

夏のAのあらすじ・ストーリー

このグループのみはあらかじめ未来に行くことを前提に集められた子供たちから選出されており、本人たちも7人に選ばれようと勉強や実習に励んでいた。時々脱落者が出るもののほとんどが無事に成長していき、徐々に訓練は実践的なものに変わっていく。未来ではコンピュータが存在しないため情報科学の授業は含まれておらず、普賢シェルターや鍵島などコンピュータ設備が残っている個所では多少他のメンバーに後れをとっていた。16歳になったころ突然選抜試験が開始されたが、それは7人になるまで土砂崩れを起こした山でサバイバルを行う死の試験であった。最終的に選出された7人は能力的には優れているが、心に深いトラウマを負う結果となった。

各グループ合流後

徐々に合流してきた各グループがひとつの場所に集まったのは、鍵島である。
夏Aと秋のグループを百舌が誘導して山火事から逃げており、百舌は自身が何回か安全確認をした鍵島をしばらくの寝床として提案した。だが、鍵島には胞子により幻覚、幻聴を引き起こすキノコが自生していた。さらに宿泊している建物に貫通している巨大蟻の巣があり、洞窟だらけとなっている。
夏Aと秋、そして百舌は幻覚により島の内部に迷い込んでいく。夏Aの虹子だけが外で寝ていたため島に迷い込むことを回避できた。虹子は徐々に気に入っていた秋チーム、そして仲間である夏Aを助けるために、夏Bと安吾と涼たちが乗っていた船、らいおんまるに救難信号である狼煙を送る。
虹子によるSOSの狼煙を見つけた安吾たちは島に急行し、他のチームを助けるために島に入っていく。春のチームは新巻と一緒に別ルートで鍵島を目指しており、それはひばりの故郷である大佐渡に行くためであった。大佐渡に着いた花たちは前時代と同じような生物が多く生息する佐渡に感動し、落ち着いたらここで暮らしたいという目標を持った。そのとき、結局迷ってしまった夏Bの声が放置されていたロボットから聞こえてくる。鍵島の職員が島のあちこちに放しておいたおそうじロボットには通信機能がついており、このロボットたちが各チームを繋ぐ糸となったのだ。
地盤沈下で沈みこんだ小佐渡に引きずられるように大佐渡が沈みかけていることを知った7SEEDSのメンバーは、まだ冷凍されている子供たちの救出と、大佐渡を引っ張って完全に沈もうとしている小佐渡の切り離しを敢行すべく協力することを決意した。

登場人物・キャラクター(春のチーム)

末黒野 花(すぐろの はな)

Hana2

春のチームで一番サバイバル慣れしている。父親が7SEEDSプロジェクトの中心人物であり、未来に行くときのために密かに訓練されていた様子。曲がったことが許せない性格で負けん気が強く、それが原因でしばしば他の人と喧嘩になる。夏Bの嵐は花の恋人であり、性格は対局だがうまくいっている様子。途中新巻に気持ちが傾いていた部分もあったが、嵐との再会、あゆが新巻へ恋心をもっていることからどう変化するかが気になるところである。髪の毛がきれいなことにこだわりをもっていたが、未来に来て荒れてしまったため潔くショートヘアにした。夏Aのあゆがスキンケアやヘアケアに成功していることから、たまに使っているものを教えてもらったり自分でも泥パックなど見つけようとしている。

甘茶 藤子(あまちゃ ふじこ)

Fujiko1

医者志望の女子。青年海外協力隊などにも参加しており行動力があるが、いつまでたっても動物をさばいて処理を行うことができない。花が奇病に侵された際に、医者志望なら様子がおかしいことに気づくべきだったと自分をやや責めている。知識を高めるため、夏Aの鷭が医療知識豊富なことを聞き興味を持っている。

鯛網 ちさ(たいあみ ちさ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents