ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

概要

ゼルダの伝説シリーズ20周年の節目となる2006年に発売されたWii・ニンテンドーゲームキューブ用ソフト。2002年に発売された『風のタクト』のトゥーンレンダリングを用いたアニメ調のスタイルとは打って変わり、『時のオカリナ』の路線を踏襲したリアルな世界観が形作られています。
全世界での累計販売本数は約885万本で、現時点で「ゼルダの伝説」のシリーズ最高売り上げを記録しています。

物語の舞台は光の世界と影の世界トワイライト。
ハイラル王国がある「光の世界」は、トワイライトと呼ばれる「影の世界」に侵略され、人々は魂だけの姿へ、モンスターたちは影のような異形へと変わります。魔物にさらわれた子どもたちを追ってトワイライトに踏み込んだリンクは何故か獣の姿に。
そこで出会った不思議な人物「ミドナ」と共に、光の世界を取り戻し、大切な人を助けるための冒険が始まります。

あらすじ・ストーリー

ハイラル王国の最南端にある「トアル村」。
この村に住む牧童の青年リンクは、剣の使い手であり、村人からの信頼も厚い人物でした。
ある日突然モンスターたちが幼馴染のイリアと子供達を連れ去ってしまう。村の外に突如できた暗い空間「トワイライト」へと引きずり込まれ、リンクは手の甲にある三角のあざが輝き、狼の姿に変わってしまう。気づくと獣の姿のまま牢に閉じ込められており、そこで出会った小さな悪魔のような姿をした「ミドナ」と出会い、相棒として共に行動していきます。ミドナの力を借りながら牢から出て、塔の頂上へと登ると「ゼルダ姫」がいます。
影を支配する王「ザント」がハイラル城へ攻め込み、ゼルダはこの国全土を影の領域にせぬよう降伏する道を選んだため囚われています。ゼルダから、黄昏の黒雲に覆われたハイラルの人々は魂だけの存在になり、その事実に気づかず怯えながら暮らしていることを聞きます。
ミドナは約束どおりリンクを元の世界へと転送しますが、影の世界から戻っても、姿は獣のまま。子供達が連れ去られた方向である森は影の領域となっており、影の領域へ行くには影の魔物の協力者が必要になるので、ミドナと協力関係を結びます。

村近くの泉を通りかかると四精霊の1人が声をかけてきます。ハイラルの光の四精霊は影の魔物によって光を奪われ、それらの地が影の領域になっている。影の領域に囚われた残りの三精霊を助けることで、ハイラルに光を取り戻せるという。光の精霊を助ければ、精霊の力で獣の姿から戻るというので、姿が変わった森へ向かいます。

ミドナとの取引で、影の領域で助けてもらう代わりに「あるもの」を探す事となるが、
まずは精霊の泉で光の精霊に会い「光の雫」を光の器に集めます。すると森を覆っていた黒雲が晴れ、精霊を解放できます。精霊は森の奥の神殿に、影の王と戦う上で必要となるだろう黒き力が眠っているから、必要なら取りに行けと言います。神殿に囚われていたいたずら好きサルを救出しつつ、協力させながら奥へと進み、最深部のボスを倒すと影の結晶石が手に入ります。これが精霊の言う「黒き力」であり、ミドナが探していた「あるもの」です。残り2つの結晶石の場所を知っている他の光の精霊のいるエリアへ行きます。

次のエリアの村にも影の領域が広がっています。カカリコ村にある泉の精霊から再び光の雫集めを依頼され、光を取り戻すことにします。建物の一つに入ると、攫われた子供達を発見しますが、影の領域化しているため、魂だけの存在になっており、リンクの姿は見えないようです。光を取り戻すと、子供達は姿を戻し、再会できます。
精霊の話によれば、「影の結晶石」は山の上にあるらしい。山の上にはゴロン族が暮らしています。影の結晶石に触れ、異形の姿に変わったゴロン族の族長を倒すと影の結晶石がはずれ、族長の姿が戻り、影の結晶石も手に入ります。村の精霊に次のエリアを聞き向かいます。

最後の影エリアはハイラル城下町です。数多くの魂が徘徊する中、幼馴染のイリアと、水の民であるゾーラ族の子供を見かけますが、イリアは記憶を失っていました。まず光を取り戻すため精霊の泉に行こうとするが、水源上流であるゾーラの里に異変が起きており、民もろとも水の中で凍っています。ゴロン族の集落に落ちていた巨大な溶岩で氷を溶かし精霊に会いに行き、光の雫を集め光を取り戻します。
精霊の話によれば、影の結晶石は湖の底深くの神殿にあるらしい。しかし、湖の底へ普通に潜れない。そこで、ゾーラの女王に王子を助けてくれたら潜る力を与えると言われた事を思い出し、早速ハイラル城下町で見かけたゾーラ族の子供の元へいきます。すると、ゾーラ族の子供が酷い傷を負っており、カカリコ村の牧師なら治療できるかもしれないというので、
イリアとゾーラの子を馬車に乗せて、カカリコ村まで魔物の手から護衛します。無事ゾーラの王子を回復させ、女王の幻影の協力で水中を潜る力を貰います。そして、湖底の神殿最奥のボスを倒し、最後の影の結晶石も手に入れます。

これで最初の約束通り、影の結晶石が全てミドナの手に渡りますが、精霊の湖まで戻ると、ザントにより影の結晶石を全て奪われ、リンクは呪いを受けて獣になり、ミドナは瀕死の状態になります。湖から復活した精霊によりハイラル城前へと転送されて危機を凌ぎます。城下町の地下を抜けて城に行き、ゼルダ姫へ「リンクにかけられた呪いの解き方」を聞くと、
森の聖域へ向かい、退魔の剣マスターソードを抜きなさいと言われます。そしてゼルダは息絶えそうなミドナへ力を吹き込みその場から消えてしまいます。

マスターソードを抜くと、リンクの体から呪いが抜けて人に戻れます。ミドナから、ザントに繋がる唯一の鍵である「陰りの鏡」を探してくれと頼まれ、探しに出ます。ゲルド砂漠には、ある大罪人を罰した処刑場があり、呪われた鏡によってあの世に送られたと聞き、向かいます。最上階には大鏡があったが、砕かれていました。

創世の時代、聖地を巡り争いが起きました。あるとき魔術に長けた者達が巨大な魔力によって聖地を治めようとしたため、神は光の精霊を遣わし、その巨大な魔力を封じました。その魔力こそ闇の結晶石で、その後魔術に長けた者達は、光と交わらない影の世界へと封じられ、そこで生きるようになった。その魔術に長けた者達こそ、ミドナたち影の一族です。影の世界に伝わる伝説に、光と影を繋ぐ鍵である「陰りの鏡」をハイラルを守る者達に託したとあります。砂漠の処刑場で裁かれた、魔盗賊「ガノンドロフ」はこの鏡で影の世界へと送られています。ガノンドロフの怨念から魔力を得たザントは鏡を破壊し、光と影の世界を断ちます。しかし鏡は消滅しておらず、一族の長であるミドナのみが鏡を消滅させられるのであった。各地に散らばった鏡のかけらを集めれば、再び影の世界への道が開けるという。各地を巡って鏡のかけらを回収し、影の世界に居ると思われるザントを倒しに行きます。

襲い来るザントを倒し、影の結晶を取り戻します。ミドナがその魔力で止めを刺すと、ザントは消滅し、ミドナは力を取り戻します。今度はゼルダ姫へミドナが受けたゼルダの力を返しにハイラル城へ行きます。そこにはトライフォースにはりつけられたゼルダ。玉座には復活したガノンドロフがいます。神に選ばれた力を持つ者が、世界を統べればいいという理論の元、襲ってきます。最初はゼルダへ乗り移り、リンクを攻撃してくるが、憑依ゼルダが倒れたところをミドナの魔力でガノンドロフを引き剥がします。倒れたガノンドロフの怨念が復活しようとするのを食い止めるため、ミドナはゼルダとリンクを城の外へ転送し、影の力を使ってガノンドロフへ挑みます。
外へ転送された二人が今までいた城へ目をやると、突然轟音と共に城が崩れ落ち、ガノンドロフがミドナの被っていた仮面を手に、黒馬に騎乗し現れます。ゼルダと共に戦い、止めを刺すと、ガノンドロフは絶命します。
光の精霊が姿を現し、消えるとその場にミドナが倒れています。リンクが駆け寄るとその姿は本来の人型に戻っています。本来の姿を取り戻したミドナは、リンクとゼルダに別れを告げ、二度と光と影が行き来できないよう鏡を破壊し、影の世界へと帰っていきます。

ゲームシステム

Wiiリモコンによる操作

Wii版ではWiiリモコンとヌンチャクの機能を活用した操作方法が取り入れられています。テレビの前でWiiリモコンを振ることで、自分と連動してリンクが剣を振ります。また、ヌンチャクを振ることで素早く回転斬りを放つなど、従来の作品と比べてより直感的な操作でプレイできます。さらに、謎解き音などの効果音はWiiリモコンの内蔵スピーカーから出力されるため、リンクがより身近に感じられます。

乗馬中のアクション

出典: ord.yahoo.co.jp

剣・アイテムの使用など多くのアクションがエポナに乗馬中している時にも行えます。一方、乗馬中にもダメージを受け、振り落とされることもあり、馬に乗ってボスと戦う「馬上戦」のイベントも発生します。

獣リンク(ウルフリンク)

出典: www.4gamer.net

ゲーム中において、『トワイライトの領域』へ足を踏み入れるとこの姿になります。しかし、マスターソードの入手後は周辺に人がいない場合のみ、狼と人の変身が任意で行えるようになります。攻撃手段は噛み付きが主となりますが、ミドナの魔法によるサポートを得られ、高い所に登ったり、ミドナが張った結界の中の敵を瞬時に攻撃することができます。人間の時よりも速く走れる、センスを研ぎ澄ますことで 普段は目に見えないものを視られたり人や物のにおいを覚えられたり狼ならではのアクションが可能となっています。
また、この姿では他の動物と会話も出来、冒険のヒントや人が知らないような情報を得ることもできます。 ちなみに、エポナは姿が変わっても彼がリンクであることを分かってくます。

登場人物・キャラクター

リンク

本作の主人公。ハイラル王国の最南端に位置するトアル村で生まれ育った若者。面倒見がよく武芸の才能にも長けているため、村の子供たちからは憧れの的として慕われています。村で唯一の剣士・モイから剣術を習うなど、大人たちからも将来を期待されています。村の外れで愛馬のエポナと共に暮らしています。
神に選ばれた力を持ち、左手(Wii版では右手)の甲に聖なる紋章を宿しており、トアル村近辺に突如出現した影の領域「トワイライト」に足を踏み入れたことで狼の姿に変えられてしまいます。その後、謎の魔物ミドナに出会い、ミドナと協力して謎を解き明かしていきます。

ミドナ

出典: www.nintendo.co.jp

リンクと共に冒険をする、奇妙な仮面をかぶった魔物の少女。一人称は「ワタシ」で、リンクと出会った当初は小馬鹿にしたような口調で話します。その正体は、かつてハイラルに侵攻し聖地乗っ取りを目論んだが為に神と精霊達によって影の世界へ堕ちた一族の末裔で、影の世界・トワイライトの王家の姫、つまり「黄昏の姫(トワイライトプリンセス)」です。ザントの謀反によって力を奪われ、本来の姿から少女の姿に変えられてしまっています。ザントの打倒と影の世界の民の救済に必要な影の結晶石を集めるため、トワイライトの領域で出会った狼姿のリンクを利用します。
名前の由来は、真夜中を意味する「ミッドナイト」。

ゼルダ

出典: www.nintendo.co.jp

リンクと同様に、神に選ばれた力を持つハイラル王国の王女。ハイラル城に侵攻するザントに対し自ら剣を構えるが、圧倒的な兵力を前に戦意を喪失、降伏の道を選び、トワイライトの領域となったハイラル城の塔に幽閉されています。ザント率いる影の世界の軍勢から民を守れなかったことへの弔意を込めて喪服のような黒いローブを身に纏っており、ミドナからは「黄昏の姫」と呼ばれています。
その後のリンクの活躍で全ての地方に光が取り戻されたが、ハイラル城を包む深い闇は変わらず、瀕死のミドナに力を与えて命を救った後、その場から消えます。後に魔王ガノンドロフの手中に堕ちたハイラル城にリンクが攻め入った際に、ガノンドロフに憑依されてリンクに襲い掛かるが、力を取り戻したミドナによって救われ、リンクと共にガノンドロフとの決戦に挑みます。

ザント

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 風のタクト』とは、2002年に任天堂からGC用に発売されたアクションアドベンチャー。アクションや謎解きはそれまでの3Dゼルダを踏襲しつつ、アニメ調グラフィックが採用され、雰囲気は一新された。舞台もハイラル大陸ではなく、大海原と島々という、風と海の世界である。魔物にさらわれた妹を救うため大海原の冒険へと飛び出したリンクは、やがて世界の秘密を知り、ハイラルとガノンドロフの因縁の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(神トラ2、The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

Read Article

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』は、2000年に任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャー。1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の続編で、基本システムは『時のオカリナ』を踏襲しつつ、「3日間システム」や「仮面」による異種族への変身など、独自の要素も盛り込まれている。3日後に滅亡する運命の異世界「タルミナ」に迷い込んだリンクは、時のオカリナで滅亡までの3日間を繰り返しながら、タルミナを救うべく、世界を滅亡に導く仮面「ムジュラの仮面」を追う。

Read Article

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』とは、2004年に任天堂からGBA用に発売された、アクションアドベンチャーゲーム。リンクの体を小人サイズに小さくする魔法の帽子「ふしぎのぼうし」を使い、通常の世界と小人の世界を行き来して謎解きを行う。「カケラあわせ」やモグラグローブなど、他シリーズ作品にない要素が多く盛り込まれている。復活した魔人グフーの呪いで石に変えられてしまったゼルダ姫を救うため、リンクは喋る帽子エゼロとともに、伝説のピッコル族の剣を手に入れ、グフーを倒す旅に出る。

Read Article

リンクの冒険(Zelda II: The Adventure of Link)のネタバレ解説まとめ

『リンクの冒険』とは、1987年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ2作目である本作は、他のシリーズ作品とは異なる、横スクロール視点のアクション性が非常に強いRPGとなっている。前作『ゼルダの伝説』でリンクがガノンに勝利してから数年後、未だガノンの影響が残り荒廃するハイラルを舞台に、「勇気のトライフォース」を復活させ、初代ゼルダ姫とハイラルを救うべく、リンクは再び剣と盾を手に、トライフォースの試練に挑む冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣+(4剣+、The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣+』とは、2004年3月18日に任天堂から発売された、ゲームキューブ(GC)用アクションアドベンチャーゲーム。専用アダプターでゲームキューブ都ゲームボーイアドバンスを接続することにより、最大4人までの多人数プレイができる。『ゼルダの伝説 4つの剣』の続編ストーリー「ハイラルアドベンチャー」のほか、「シャドウバトル」「ナビトラッカーズ」という2つの対戦ゲームが収録されており、3つの毛色の異なるゲームを楽しむことができる作品である。

Read Article

ゼルダの伝説1(初代、The Legend of Zelda)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説』とは、1986年に任天堂からファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ第1作目ながら、物を押す、壁を爆弾で破壊するなど後のシリーズ作品に受け継がれる謎解き要素の基礎は完成されている。主人公のリンクは、「力のトライフォース」とゼルダ姫を大魔王ガノンの魔の手から取り戻すため、広大なハイラルに点在する8つの迷宮から「知恵のトライフォースのかけら」を入手し「知恵のトライフォース」を完成させるべく冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース(神トラ、The Legend of Zelda: A Link to the Past)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ3作目で、『ゼルダの伝説』のゲーム性を踏襲しつつ、アイテムやリンクの行動が増え、より多彩な謎解きを楽しめる。また、シリーズ定番の伝説の剣「マスターソード」は本作が初登場。世界の支配を企む大魔王ガノンを倒しゼルダ姫を救うため、光と闇の世界を巡るリンクの冒険が始まる。

Read Article

ゼルダの伝説 4つの剣(4剣、The Legend of Zelda: Four Swords)のネタバレ解説まとめ

『ゼルダの伝説 4つの剣(The Legend of Zelda: Four Swords)』は、2003年に任天堂からGBA用に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』収録のアクションアドベンチャーゲーム。GBAの通信ケーブルを使い2~4人で遊ぶ、多人数プレイ用のゼルダである。プレイヤーは協力して4つのステージを攻略しながら、ステージ中で集めたルピーの獲得総額を競う。復活した風の魔人グフーにさらわれたゼルダ姫を救うべく、リンクは伝説の剣フォーソードで4人に分かれ冒険に出る。

Read Article

目次 - Contents