MUCC(ムック)の徹底解説まとめ

MUCC(ムック)は「密室系」というジャンルの音楽をcali≠gariと共に広めた四人組ヴィジュアル系ロックバンド。1997年に結成され、2003年にメジャーデビューした。
その重厚なサウンドと情緒豊かな詩世界観は、日本だけではなく海外でも高く評価され、現在は定期的に海外公演も行っている。

『是空』

1.心奏
2.茫然自失
3.我、在ルベキ場所
4.商業思想狂時代考偲曲(平成版)
5.悲観主義者が笑う
6.死して塊
7.双心の声
8.1979
9.嘆き鳥と道化人
10.この線と空
11.9月3日の刻印
12.蘭鋳

2003年9月3日発売のメジャー1stアルバム。初回盤と通常盤の2種類が発売され、通常盤の初回プレスにはボーナストラックとして「青き春」という曲が収録されている。
インディーズの頃よりもサウンドは重くなり、心が痛くなる楽曲が多い。

『朽木の灯』

出典: www.amazon.co.jp

1.朽木の灯
2.誰も居ない家
3.遺書
4.未完の絵画
5.濁空
6.幻燈讃歌
7.暁闇
8.2.07
9.ガロ
10.悲シミノ果テ
11.路地裏 僕と君へ
12.溺れる魚
13.名も無き夢
14.モノクロの景色
15.朽木の塔

2004年9月1日発売のメジャー2ndアルバム。初回盤は異なる内容のトレーディングDVD(全2種類)がランダムで封入された。
『是空』よりもメロディアスな曲が多く、自分たちの行く末を模索するような楽曲が収録されている。

『鵬翼』

1.輝く世界
2.サル
3.赤線
4.最終列車
5.1R
6.昔子供だった人達へ
7.鳶
8.雨のオーケストラ
9.こもれび
10.蜘蛛
11.モンスター
12.優しい記憶
13.ココロノナイマチ
14.つばさ

2005年11月23日発売のメジャー3rdアルバム。初回限定番にはドイツでのライブ映像を収めたDVDが、通常盤初回プレスには「遠断」、「最終列車-70’S ver-」のボーナスCDが収録されている。
インディーズの頃のような歌謡曲テイストの曲が多く、バンドのあるべき形が見えてきたアルバム。

『6』

出典: www.amazon.co.jp

1.666
2.空虚な部屋
3.赤い空
4.はりぼてのおとな
5.フォーティーシックス
6.神の星
7.春、風のふいた日
8.夕紅
9.遥か

2006年4月26日に日欧同時発売されたメジャー4thアルバム。激しくヘヴィなサウンドのアルバムになっており、パンク色も見える一枚。聴いていて疾走感と爽やかさを感じることができる。

『極彩』

出典: www.amazon.co.jp

1.レイブサーカス
2.極彩
3.嘆きの鐘
4.謡声(ウタゴエ)
5.月光
6.パノラマ
7.ガーベラ
8.リスキードライブ
9.キンセンカ
10.ディーオージー
11.25時の憂鬱
12.ホリゾント
13.優しい歌
14.流星

2006年12月6日に発売されたメジャー5thアルバム。初回限定盤A。B、通常盤の3種類がある。通常盤の初回プレスには「G,M,C」と「ガーベラ Surf ver.」が収録されたCDが封入された。
ムックの成長を感じられるアルバムで、全体的に完成度が高く、開放的な曲も収録されている。

『志恩』

出典: www.amazon.co.jp

1.水恩
2.梟の揺り篭
3.塗り潰すなら臙脂
4.ファズ
5.ゲーム
6.フライト-Album ver.-
7.アンジャベル
8.小さな窓
9.蝉時雨
10.志恩
11.空忘れ
12.シヴァ
13.リブラ-Album ver.-

2008年3月26日発売のメジャー6thアルバム。ノイジーなサウンドや打ち込みを使用した楽曲が収録されていて、ムックのチャレンジ精神が垣間見える一枚。歌詞カードの英訳が付属されている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents