キン肉マン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊少年ジャンプで連載。
2011年からは24年振りとなる続編が週刊プレイボーイWeb comicにて連載中。
キン肉マンが数々の超人と超人プロレスで闘う格闘ギャグ漫画。
アニメは1983年から1986年に第1期(全137話)と1991年から1992年に第2期(全46話)が放送された。

『キン肉マン』の概要

「超人」と呼ばれるキン肉マン達が、幾多の戦いを経て成長していく超人プロレス漫画。
ダメ超人と言われ、世間から冷たい目で見られていたキン肉マンが、怪獣や超人レスラーと闘いながら成長していく超人プロレス漫画。
少年ジャンプの三大原則である「友情」・「努力」・「勝利」を表す代表的な作品となっている。

主な登場人物・キャラクター

キン肉スグル(CV:神谷明、古川登志夫(Ⅱ世))

異名:奇跡の逆転ファイター
出身地:キン肉星
国籍:日本
超人強度:95万パワー
好きな食べ物:牛丼
必殺技:キン肉バスター、キン肉ドライバー、マッスルスパークなど
通称「キン肉マン」、最初はドジでダメ超人と呼ばれていたが、ウォーズマン、バッファローマン、悪魔将軍などと激闘を繰り広げる。
キン肉マンスーパー・フェニックスとの闘い後はキン肉星の大王となる。

アレキサンドリア・ミート(CV:松島みのり、吉田小南美(Ⅱ世))

出身地:キン肉星
超人強度:50万パワー
好きな食べ物:ミンチボール、ポテロング
必殺技:バックドロップ、閉門クラッシュなど
キン肉マンのセコンド、お世話係。
7人の悪魔超人編ではバッファローマンの手によってバラバラにされる。
王位争奪編では、キン肉マンチームの一員としてリングに上がる。

テリーマン(CV:田中秀幸)

異名:テキサス・ブロンコ
出身地:テキサス州アマリロ
国籍:アメリカ
超人強度:95万パワー
好きな食べ物:ハンバーガー、ホットドッグ
必殺技:スピニング・トゥーホールド、テキサス・クローバー・ホールド、カーフブランディングなど
キン肉マンの親友。キン肉マンとのタッグ「ザ・マシンガンズ」としても活躍する。
第20回超人オリンピックの際に、キン骨マンからの銃撃により左足を負傷し義足となる。
モデルとなったレスラーは「テリー・ファンク」。

ロビンマスク(CV:郷里大輔)

異名:超人博士
出身地:ロンドン
国籍:イギリス
超人強度:96万パワー
必殺技:タワーブリッジ、ロビン・スペシャルなど
第19回超人オリンピックでウルドラマンに勝利し、チャンピオンとなる。
アイドル超人軍では最年長となり、正義超人のリーダー格として活躍する。
アメリカ遠征編でキン肉マンに敗北後、ソ連でウォーズマンを発掘し、以降師弟関係となる。

ラーメンマン(CV:蟹江栄司、銀河万丈、小野健一(Ⅱ世))

異名:千の技を持つ男
出身地:河南省
国籍:中国
超人強度:97万パワー
好きな食べ物:カップラーメン、排骨麵、坦坦麺、ワカメラーメン
必殺技:キャメルクラッチ、レッグラリアート、九龍城落地など
超人拳法の使い手で最初は残虐な試合を好む残虐超人だったが、第20回超人オリンピックでのキン肉マンとの試合に敗北した後、正義超人となる。
第21回超人オリンピックではウォーズマンとの闘いで植物人間となるが、霊命木で作られたモンゴルマンのマスクを被ることで自由に動けるようになる。

ウォーズマン( CV:田中亮一、堀秀行、竹本英史 (Ⅱ世))

異名:ファイティング・コンピューター
国籍:ソビエト連邦
超人強度:100万パワー
好きな食べ物:バラクーダが作ったボルシチ
必殺技:スクリュー・ドライバー、パロ・スペシャル、ウォーズ・レッグ・ブリーカーなど
本名は「ニコライ・ボルコフ」。機械の体を持つ不老のロボ超人。
醜い機械の素顔を素顔を隠して、超人格闘技のリングで活躍している所をロビンマスクに見い出される。
30分を超えると全身がショートし、能力が低下する。
また、黄金のマスク編ではウォーズマンの体内でキン肉マンたちが闘いを繰り広げた。

ブロッケンJr.(CV:水鳥鐵夫、川津泰彦(Ⅱ世))

異名:ベルリンの赤い雨
出身地:ベルリン
国籍:西ドイツ
超人強度:90万パワー
好きな食べ物:ビール
必殺技:ベルリンの赤い雨、ハンブルグの黒い霧、ブレーメン・サンセットなど
第20回超人オリンピックでラーメンマンに惨殺されたブロッケンマンの息子。
第21回超人オリンピックではラーメンマンとの因縁の対決に敗北し、その後はラーメンマンとの師弟関係となる。
ブロッケン一族は、帽子に付いているドクロの徽章を外すことで人間に戻ることができる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

闘将!!拉麵男(たたかえ!!ラーメンマン)のネタバレ解説・考察まとめ

『闘将!!拉麵男』(たたかえ!!ラーメンマン)とは、集英社『フレッシュジャンプ』で1982年から1988年にかけて連載された、原作者ゆでたまごによる日本の漫画作品。同作者の別作品『キン肉マン』に登場するキャラクターであるラーメンマンを単独の主役としたスピンオフ作品である。中国を舞台とし、超人拳法の継承者であるラーメンマンの修行と戦いの旅を描く。1988年にはアニメ化や劇場化され、さらにゲーム発売などのメディア展開がなされた人気作品である。

Read Article

「キン肉マン」の面白ネタ集!!

80年代に少年たちの心を掴みんだ有名作「キン肉マン」。息子世代の活躍を描く「キン肉マンⅡ世」を経て、現在はWebで初代キン肉マンの続きを連載しています。懐かしの超人たちが昔以上にカッコよく描かれ、ファンたちの再燃が続いていますがそのキン肉マンを読む中で度々「とんでもない展開」があります。 今回はそんなファンたちからネタとされるものをまとめてみました!

Read Article

SCRAP三太夫(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『SCRAP三太夫』とは集英社の『週刊少年ジャンプ』上で、1989年24号から40号まで連載したゆでたまごによるギャグ漫画作品。連載前に2度の読み切りを経て連載化された。 西暦20XX年の未来を舞台に、ダメなロボット警察官である三太夫が悪を倒すストーリーである。第1話にて読者アンケートによる人気投票で第2位を獲得したが、第2話以降でどんどん人気が下降して連載打ち切りとなった。ゲストキャラクターとして、ゆでたまごの大人気作品『キン肉マン』に登場した超人ウォーズマンが登場している。

Read Article

蹴撃手マモル(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『蹴撃手(キックボクサー)マモル』とは、集英社発行の『週刊少年ジャンプ』上にて1990年から1991年にかけて連載された原作者ゆでたまごによる格闘技漫画作品。単行本は全4巻。中学生の走り高跳びの選手である蹴田マモルが兄の敵を討つため、ムエタイのチャンピオンであるパイソンに挑み、修行を始めるストーリー。日本の子供にムエタイを広める事を目的に連載開始したが、5ヶ月で打ち切りになってしまった。2014年夏には電子書籍化が発表されている。

Read Article

ゆうれい小僧がやってきた!(ゆでたまご)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゆうれい小僧がやってきた!』とは、ゆでたまごによる妖怪討伐がテーマの漫画作品。『週刊少年ジャンプ』に1987年から1988年にかけて全42話が連載された。単行本は全5巻。 舞台は江戸時代、恐山百太郎と琴太郎兄弟が合体して妖怪亜鎖亜童子に変身し、妖怪たちを退治していく。『キン肉マン』に続く期待の作品であったが、早期に打ち切りとなり、ここからゆでたまごの迷走期が始まっていく。本作でも『キン肉マン』同様、読者募集したキャラクターを登場させる企画を行った。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents