銀河英雄伝説(銀英伝)のネタバレ解説まとめ

銀河英雄伝説とは、田中芳樹によるSF小説を原作としたアニメ、マンガ、PCゲーム等の関連作品を指す。銀河系を舞台にした帝国軍(専制主義)と自由惑星同盟(民主主義)の戦いを描いたスペースオペラである。アニメ版本伝では帝国軍主人公ラインハルトが皇帝になり、同盟側の智将ヤンとの戦いを経て人生を終えるまでを描いている。

皇帝ラインハルトとしての威厳ある態度とはかなりギャップのある、初々しい少年のようなラインハルト。

帝国の双壁を結ぶ強い絆…死後続く命のバトン

帝国の双壁として強い絆で結ばれラインハルトに仕えていたロイエンタールとミッターマイヤー。
ラングたちによって謀反者に仕立てられ本当に反乱を起こすことになったロイエンタールを討ったのはミッターマイヤーだった。

ロイエンタールは負傷した身体で親友の訪れを待っていたが間に合わず、ミッターマイヤーは親友の最期を見届けることができなかった。

ロイエンタールが絶命する直前、没落貴族の一人であるエルフリーデとその二人の間に生まれた男児が会いにやってくる。
絶命寸前のロイエンタールの元に息子を置いて去っていったエルフリーデ。ロイエンタールは部下に「この子どもをミッターマイヤーに託してくれ」と頼む。

ミッターマイヤーは妻エヴァンセリンと幸せな結婚生活を送っていたものの、子どもになかなか恵まれなかった。
エヴァンセリンがロイエンタールの忘れ形見を受け入れてくれるのか不安に思いながら帰宅するも、エヴァンセリンは喜んで抱き上げた。
2人はその男児に「フェリックス」と名付け、実の息子として育てることにした。

関連リンク

www.ginei.jp

gineiden-anime.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀河英雄伝説(銀英伝)の名言・名セリフまとめ

銀河英雄伝説、通称・銀英伝は、田中芳樹原作の銀河系を舞台としたスペースオペラ小説及びアニメである。 銀河を二分する銀河帝国と自由惑星同盟の闘争を、両勢力の主人公、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーの二人を軸に、史劇体裁で描かれている。 両主人公だけでなく、総勢で600名以上のキャラクターは珠玉ともいえる名言を数多く残している。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフまとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents