銀河英雄伝説(銀英伝)のネタバレ解説まとめ

銀河英雄伝説とは、田中芳樹によるSF小説を原作としたアニメ、マンガ、PCゲーム等の関連作品を指す。銀河系を舞台にした帝国軍(専制主義)と自由惑星同盟(民主主義)の戦いを描いたスペースオペラである。アニメ版本伝では帝国軍主人公ラインハルトが皇帝になり、同盟側の智将ヤンとの戦いを経て人生を終えるまでを描いている。

査問会で尋問されるヤン

帝国軍シャフト技術大将は、ガイエスブルグ要塞をイゼルローン回廊へワープさせることで、イゼルローン要塞と対等に戦いそして再び手中に収めるという作戦をラインハルトに提言した。
ラインハルトはその作戦を採用し、第8次イゼルローン攻防戦が始まることになった。

帝国軍を勝たせることで、将来的に帝国を経済面で支配することを目論んでいたフェザーン自治領の領主ルビンスキーは、部下のケッセルリンクを使いある工作を行った。
それは帝国軍勝利のために不可欠な条件…イゼルローン要塞からヤン・ウェンリーを引き離すことだった。

ケッセルリンクは「ヤンに反乱の意思がある」という偽の情報を同盟政府に流し、ヤンをハイネセンで行われる査問会に招集させるよう仕向けた。
ヤンが査問会に出席している間、ガイエスブルグ要塞がイゼルローン回廊にワープ移動し戦闘が始まるのだった。

白兵戦を得意とするローゼンリッター連隊のシェーンコップ

両要塞は互いに主砲の打ち合いの後、帝国側が揚陸作戦を実行しようとする。
それを阻止したのがシェーンコップ率いるローゼンリッター連隊だった。

揚陸作戦に失敗した帝国軍は、次の作戦に出た。
司令官ケンプがガイエスブルグ要塞ごと近づき主砲で応戦している間に、副司令官ミュラーをイゼルローン要塞の背後に待機させる。
その後、ガイエスブルグ要塞の「引力」によってイゼルローン要塞を覆う流体金属層が主砲「トールハンマー」に被さり使用不能になってしまう。
ミュラーの待機するイゼルローン後壁は流体金属層がなくなり要塞外壁が露出してしまう。外壁突破から侵入しようとするミュラーを、指揮権を交代したメルカッツによって阻止することに成功した。

ケンプ(左)とミュラー(右)

ここで同盟軍捕虜から「ヤン不在」の情報を得た帝国側は、その情報が事実か否かを推察していた。
今までの作戦行動が今一つ決め手に欠けていることからヤン不在は真実であると踏んだミュラーは、ヤンと援軍がいずれやってくることを見越して待ち伏せようとするが、その作戦はケンプによって却下された。

各個撃破作戦を取ろうとするケンプを先読みし、戦線を有利に進めていくユリアンに焦る帝国側。ケンプは遂にガイエスブルグ要塞本体をイゼルローン要塞にぶつける作戦に出たが、それも予見していたヤンは未然に防ぐことに成功。ケンプは戦死し、この戦いは同盟軍側の勝利で終えるのだった。

幼帝誘拐…同盟侵攻の火種

幼帝を誘拐したのはフェザーンへ亡命した貴族と軍人だった

フェザーン自治領に亡命していた帝国貴族ランズベルクと帝国軍人シューマッハは、幼帝エルウィン・ヨーゼフ2世を誘拐するため帝都オーディンへ降り立った。
この誘拐を計画・手引きしたのはフェザーン自治領主のルビンスキーだった。
ルビンスキーは幼帝を自由惑星同盟側へ亡命させることによりラインハルトに同盟を攻める大義名分を作り、再び帝国軍を勝利へ導くチャンスを作ろうと画策した。
その真意を知ったラインハルトは、フェザーンの描くシナリオに乗る代わりに、フェザーン回廊の自由航行権を認めるよう迫り、それを受諾させるに至った。

こうして幼帝はランズベルクとシューマッハにより誘拐され自由惑星同盟に亡命し、彼を中心として「銀河帝国正統政府」を樹立したのだった。
同盟政府はこの「銀河帝国正統政府」の存在を容認し、メルカッツを軍事尚書として着任させた。

ラインハルトはこの両政府を激しく弾劾し、自由惑星同盟への宣戦布告と出陣の意を表明するのだった。

ラグナロク作戦発令…自由惑星同盟の危機

ラインハルトの作戦を見破ったのはユリアンだった

幼帝誘拐をきっかけにしたラインハルトによる自由惑星同盟侵攻は「ラグナロック作戦」と呼ばれる。

ラグナロック作戦の第一段階は「イゼルローン攻防戦」である。
これはヤンがイゼルローンを放棄した形をとったため、帝国側の無血勝利となった。

そして第二段階が帝国軍がフェザーン回廊を使いフェザーン自治領を制圧した「フェザーン侵攻作戦」である。
フェザーンは帝国軍に応戦できるほどの戦力を持たないため、即日無血占拠となった。しかし直前に領主ルビンスキーは逃亡している。
この時、駐在武官としてフェザーンに駐在していたユリアンも、事前にヤンとこの事態を想定しており、マシュンゴらと共にフェザーン脱出を成功させている。

これを足掛かりに進んだ第三段階が、フェザーンに拠点を置いた帝国軍と自由惑星同盟との戦い「ランテマリオ星域会戦」だ。
ラインハルト艦隊を始め、シュタインメッツ、ミッターマイヤー、ミュラーなど名だたる武将たちの艦隊が迎え撃つのに対し、自由惑星同盟側は司令官こそ老練のビュコックだが、それ以外は新設の艦隊が並び、両戦力には雲泥の差があった。
ビュコックの戦術により帝国側は苦戦を強いられたが、最終的には帝国軍側が勝利した。

そして最終段階がラインハルトとヤンとの戦いとなる「バーミリオンの決戦」である。
ヤンをおびき出すためにラインハルトはわざと艦隊を分散させ本陣を手薄にした。ヤンはそれが罠だと理解しつつも首都ハイネセンへの侵攻を止めないわけにもいかず、ラインハルトを討つためバーミリオン星域へ向かった。

バーミリオン星域においてラインハルトは、薄い防御陣を何層も敷き、崩された防御陣が最後尾に回って無限に対応し相手を疲弊させるという作戦に出た。
ヤンはこれに気付かず第8層まで突破するが、ここでユリアンがラインハルトの策に気付き、対応策を考え直す。

ヤンは隕石を用いた疑似艦隊を使ってラインハルトの裏をかき、帝国軍母艦ブリュンヒルトに迫る。
後少しでブリュンヒルトに攻撃できるところで、同盟政府から停戦命令が下った。
これはラインハルトの側近ヒルダによるもので、ミッターマイヤーとロイエンタールが首都ハイネセンの上空を制圧したため、命が惜しくなったトリューニヒトが停戦命令を下したのであった。

こうして首都ハイネセンは無血で開城することとなり、ラグナロック作戦は幕を閉じたのであった。

ラインハルト皇帝の誕生…新しい歴史の幕開け

ラグナロック作戦の終結時、ラインハルトとヤンは最初で最後の対談をしている。

ここでラインハルトはヤンに帝国元帥の地位を与え自分の部下として迎えたいと申し出るが、ヤンはそれを断った。
ヤンは自分が民主主義を唱える理由…名君が必ずしも出るとは限らない専制主義の危うさを説くが、ラインハルトは耳を貸さなかった。

ここで「バーラトの和約」が締結され、自由惑星同盟は一旦終焉を迎える。

この時ヤンは、いつの日か再び民主主義が息を吹き返す希望を信じ、混乱に乗じてメルカッツを逃がし同盟軍が所有していた艦隊などを帝国側に処分されないうちに持ち去って身を隠すように指示をした。
退役したヤンはフレデリカと結婚し、念願だった年金生活を送ることになる。

ラインハルトは皇帝に即位し、長きにわたって続いたゴールデンバウム王朝が終わり新たにローエングラム王朝が始まるのだった。

あらすじ・ストーリー(第3期)魔術師ヤン、死す

ヤン逮捕…首都ハイネセン脱出

バーラトの和約によって保有を禁じられていた母艦や戦艦が盗まれる事件が発生した。
これはヤンの指示でメルカッツが行ったものではあったものの、明確な証拠もないまま、同盟駐在高等弁務官レンネンカンプはヤンを反和平活動防止法違反で逮捕した。

ヤンを救出すべくフレデリカはシェーンコップとアッテンボローに連絡を取り、ヤンを救出するべく作戦を立てた。

シェーンコップ率いるローゼンリッター連隊は同盟最高評議会議長ジョアン・レベロを拉致し、ヤン解放を迫った。それにより無事解放されたヤンはレベロに対し「レンネンカンプを人質に取り首都を脱出するので帝国側にヤン討伐を命じてほしい」と頼んだ。同盟政府の面目が保たれるようにしたヤンの配慮に答え、レベロはヤンたちを無事に脱出させるよう手を貸した。
一方ヤンが解放・脱出しレベロも裏切ったことを悟ったレンネンカンプは絶望し、自ら命を絶つのだった。

地球教討伐…暗躍するテロリスト集団

地球教教徒により暗殺されかかったラインハルトは、地球教討伐のためワーレン艦隊を地球教本部に派遣した。
この戦いでワーレンは、部下に扮した地球教徒に襲われ左腕を失う大けがをしている。

同じ頃、フェザーンの商人として身分を偽り地球教本部に潜入していたユリアンは、ワーレンたちに協力し地球教の本部の壊滅を成功させた。
多くの信者、および総大主教は生き埋めになり亡くなっていったが、大主教ド・ヴィリエは生きて脱出した。

第2次ラグナロク作戦…ラインハルトの宣戦布告

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀河英雄伝説(銀英伝)の名言・名セリフまとめ

銀河英雄伝説、通称・銀英伝は、田中芳樹原作の銀河系を舞台としたスペースオペラ小説及びアニメである。 銀河を二分する銀河帝国と自由惑星同盟の闘争を、両勢力の主人公、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーの二人を軸に、史劇体裁で描かれている。 両主人公だけでなく、総勢で600名以上のキャラクターは珠玉ともいえる名言を数多く残している。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフまとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents