機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズとは、2015年10月から2016年3月に第1期(第1話~第25話)、2016年10月から2017年4月に第2期(第26話~第50話)が放送されたアニメ作品。生き抜くために、戦いを繰り広げる少年たちの姿を描いている。

更に敵陣のキャラクターも個性に溢れている。

ギャラルホルンに属していながら、その改革のために友をも裏切り、しかし最後は計画の甘さからその友に討たれていったマクギリス。
マクギリスに一度は敗れながらも、彼への復讐、そして友情を胸に戦い抜き、マクギリスを討ち、穏やかな表情を取り戻すことができたガエリオ。
大仰な言動の裏側に、部下への熱い思いを抱えており、裏切られていることも知らずに、ガエリオをマクギリスと勘違いしたまま亡くなっていったカルタ。
上司の仇を胸に鉄華団への憎しみを募らせ、最後はマシンと同化して戦場に散って行った若き戦士、アイン。

1期から登場したこうしたキャラクターは勿論だが、特に視聴者からの反響が大きかったのが、2期から登場したイオクである。

その若さゆえ、戦場での経験が不足しているにもかかわらず、独断的な正義感と思慮の浅さ、そしてセブンスターズのひとつであると言う圧倒的な権威を盾に行動を起こしていくイオク。

その行動が実になっていれば良いのだが、しかし物語においては、彼が行動を起こすことで事態がさらに悪化している、あるいは無辜の民が命を落としていることがほとんどである。

たとえば敵陣に一人で突っ込む。それをカバーするため部下が次々に命を失っていく。しかしイオクはこれに反省せず、部下の仇をとるため、と再度、敵陣に一人で突っ込んでいく。
あるいはハシュマルの再起動、それによる多くの市民の死亡も、元はと言えば彼が不用意に、独断的にハシュマルに近づいたからである。
更に彼は、ジャスレイと結託してタービンズを壊滅に追いやっている。その際には、タービンズから発せられた停戦信号を無視し、禁止兵器であるダインスレイブを撃ちこむと言う所業をやってのけている。ここでもタービンズの非戦闘員である多くの女性が、命を落としている。

当初、簡単に言えば『功を焦るあまり暴走してしまう若き当主』として、比較的、面白がるような形で好意的に受け入れられていたイオクだが、タービンズ壊滅後には一転して、あまりに非道かつ独断的、しかも自らの所業に対して一切、反省をしないと言うキャラクターには、視聴者からの嫌悪感、憎しみをぶつけられることも多くなった。ただ勿論、その一方で、物語のかき回し役としては十分すぎるくらいの存在と言った声もあったのは確かである。

そんなイオクの最期は、アリアンロッドにおける鉄華団壊滅戦の最中である。
この時も、実はイオクは出撃を部下やジュリエッタにより制止されている。
にもかかわらず出撃しわざわざ名乗った挙句、それが徒となる形でラフタの仇を討つべく、怒りに駆られた昭弘により機体ごと押し潰されてしまった。
これにより、イオクのみならず部下たちが必死に守ろうとしてきた名門、クジャン家の血は途絶えてしまったのだから、自業自得の極みである。

ただ2期において、ある意味では主役級の注目を集めることができたイオクは、良くも悪くも魅力的なキャラクターであるのは確かである。

最期は昭弘の機体に押し潰され戦死。

モビルスーツ同士の戦闘

ガンダムシリーズにおいて多く登場するのがビーム兵器である。
モビルスーツに標準的に装備されていることが多いビームライフルなどがその代表格である。

しかし今作品においては、ビーム兵器はほとんど登場しなかった。
唯一、登場したのは2期においてハシュマルが再起動してしまい、それによりハシュマルが対人にビームを放射した時のみである。

ビーム兵器と言うのは、殺傷能力が高く、またマップ兵器(広範囲にわたり攻撃をすることが可能)としての一面も備えている。
そのため端的に言えば、これ一つあれば、戦闘を簡単に終わらせることも可能になってしまうのである。

今作では、そのビーム兵器が対モビルスーツの戦闘には登場しなかった。
あくまでモビルスーツは、その機体やビーム兵器以外での戦闘を行い、その殴り合いのような武骨な、骨太な戦闘シーンは視聴者からも好評を博した。

なお今作放送前。キービジュアルには三日月が搭乗する機体、ガンダム・バルバトスの武器がメイスであることが明らかにされていた。
主人公機の武器がメイス、つまり鈍器であると言うことは話題となっていた。
そして1話の戦闘シーンにおいて、地面から突然、現れたかと思ったら、そのメイスで敵を叩き殴っていくと言う、まさに力任せでありながらどこかスタイリッシュさすら感じさせる戦闘シーンが繰り広げられた。

兵器としては強力であるビーム兵器を排除した結果、今作の戦闘シーンには今までにない緊迫感、スピード感、重量感が生まれ、またそれぞれのモビルスーツの個性が十二分に描かれたとも言える。

善悪の判断が付け辛い人間ドラマ

今作で繰り広げられる人間ドラマは、様々な登場人物の思惑をはらんで進行していく。
その中には単に善と悪では判断できない思いもあり、それが人間ドラマにより幅を持たせ、見る者の心を強く打つ。

たとえば鉄華団は、自分たちが生き残ると言う目的のために、多くの人命を奪っている。
しかし大人たちに搾取され続け、またギャラルホルンと言う圧倒的権威に蹂躙され続ける彼らは、戦う以外に、それに対抗する手段を知らない。
そしてそんなふうになってしまったのは、彼ら自身の責任と言うよりは、彼らが生まれついた時からそのような環境下に置かれてしまっていたからである。
また策略によって命を奪われてしまったタービンズ、その仇を討とうとする彼らの心情には、多くの者が理解を覚えるはずである。

一方で彼らに敵対するギャラルホルンは、正義の名のもとに彼らを蹂躙し続ける。
しかし正義の名のもとに何をやっても良いのかと言うと、決してそんなことはない。
またギャラルホルンの内部は腐敗しきっており、ラスタルでさえも自分の意のままに状況を押し進めるために、様々な、表立っては公表できないような手練手管を駆使している。たとえば革命軍との戦いにおいては、革命軍内に密偵を送り込みダインスレイブを撃たせた。そして敵側が先に撃ってきたのだから、と言う口実の下に、禁止兵器であるダインスレイブを撃ち返すと言う行動に出ている。こうした様は、正義から連想されるイメージとは程遠いものである。

こう考えると、単純にギャラルホルンが善、鉄華団が悪とも言い切れず、その逆も然りである。
その割り切りない感覚に見る者の心はかき乱されていく。
だからこそ今作のストーリーに対しては賛否両論が多く、それは放送終了後も渦巻いている状態である。

特に最終回に対してはその傾向が強い。
以下、視聴者の意見を引用しておく。

オルフェンズ。救いがあって良かった。それぞれの想いや願いは叶ったのかも知れないな。名作をありがとうございました。

出典: anicobin.ldblog.jp

鉄血最終話。鬱ENDというよりは、一発逆転の展開もなく徹底的に現実を突きつけて来る「ザ・現実はそう甘くないEND」だった。

出典: anicobin.ldblog.jp

生きてたら邪魔になったであろうイオク様とノブリスまで
勝手に死んでくれて、ラスタル様が完全勝利過ぎる

出典: anihatsu.com

結局生まれが全てだったという夢も希望もない話

出典: anihatsu.com

少年兵や児童労働という難しい問題を題材としているだけに、少年兵たちが自分たちの考えで良かれと思って行動しても現実は上手くいかず、犠牲者が出るたびに見ていて辛くなることもあったが、考えさせられる所があり、メカ描写は迫力があり、ラストはそれぞれに救いがあり、良い作品だったと思う。

出典: yabumi.blog107.fc2.com

ラスタルは『大衆ウケするには、多くの犠牲が必要だ!!』とか言って鉄華団を潰して
最後は報道規制してラインスレイブ乱射!
こんな腹黒い悪人が、善人ヅラの仮面を被って総統に成るとか胸クソ過ぎる!!
鉄華団に大団円のラストが無いのはフラグで
わかるが…本当に胸クソ悪いアニメだった!
評価を示すならマイナス100だわ。
(筆者注…ラインスレイブは、ダインスレイブのことだと思われる)

出典: zakuzaku911.com

いい感じに終わったけど、なんかモヤモヤするし、決して後味の良い作品ではないと思う。
それでも生き残った人達は皆それぞれ自分の居場所で頑張ってる姿を見れたのは嬉しかった。

出典: anicobin.ldblog.jp

戦うしか選択肢がなかったことが辛いけど、だからこそ生まれた家族であるということ。
命と引き換えになってしまったけど、その家族を守れたこと。

う~ん。とても悲しいけどハッピーエンドかな。
本人たちは自分のしたいことを貫いたんだから。
でもそもそもそんな世界じゃなければ戦わずに済んだのに。
でもそんな世界だからこそ生まれた家族であって…(ループ)
私はもうこの感情をどこへ消化させたらいいのかわからない。

出典: araota.com

結局、オルガ、三日月、マクギリスといった権力から虐げられた境遇の者たちが討たれ、平民とはいえまともな家のジュリエッタや良家の出のガエリオが生き残り、権力をほしいままにするラスタルが一人勝ち、という救いのないストーリー。近年、稀に見る駄作品でした。作者は、「悲惨な状況でも自分たちなりに進んでいく」という作品のテーマを表現するという」意図を持っていたのだというけれど、作中のオルガや、三日月の行動は若者が陶酔しやすい相手を殲滅することで活路を見出す戦争肯定、滅びの美学の肯定となっているし「悲惨な境遇のものが死に、権力に依る者が残り栄える」という、権力を賛美するだけの内容となっていてがっかりでした。

出典: gno.blog.jp

しかし三日月たちの「生きたい」という欲望が生んだ犠牲によって、世界が少しづつ良い方向に変わっていくのは「救いのあるバッドエンド」とでもいえるのではないでしょうか。

三日月の遺伝子は暁という子供に受け継がれ、オルガの「生きる、良い場所にたどり着く」という意思は生き残った鉄華団のメンバーたちに受け継がれています。

すべての黒幕であったラスタル・エリオンの手によって主人公側の目的が達成されようとしている、というのはかなり悔しい所もありますが、個人的には「世界ってそんなに甘くない」「それでも生きて自分の居場所を見つけて幸せになろう」ってメッセージが読み取れたと思います。

出典: space-tiger.hateblo.jp

ちなみに最終回の展開については、監督をつとめた長井と、脚本をつとめた岡田の間で意見が分かれたことも、放送終了後、小川プロデューサーがインタビュー内で明らかにしている。

長井は、鉄華団は仲間以外に対して酷いことを行ってきたのだから、その報いは受けるべきだろうと言う意見を持っていた。
そのため、クーデリアを含めて誰一人、鉄華団側の人間は生き残らない全滅エンドと言う可能性もあったそうだ。

しかし岡田が、視聴者に対してここまで鉄華団に感情移入させておいて、救いの一手もないまま終わるのはない、と意見した。
更に鉄華団が生きた証をちゃんと残してあげたい、と言う岡田の意見が採用される形で、最終回まで残り5話と言うところで話し合いが行われ、シナリオ補正が行われた結果、このような最終回になったと言う。
(参考:http://gundamseries.net/archives/sb5413.html

いずれにしても多くの視聴者が視聴を継続していなければ、そして物語がごく平凡な流れであったなら、これほど賛否両論が巻き起こることはなかった。
そう考えると賛否両論は、多くの人が視聴し、そしてその激流のような物語に心をかき乱された結果であるとも言える。

見る人、ひとりひとりの心に、いくつもの感情を残す作品。
それが今作品である。

2期のエンディングのワンシーン。
鉄華団がいちばん良かった頃の光景だと言われている。

a2uny4n
a2uny4n
@a2uny4n

Related Articles関連記事

ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とは、第一期、第二期と25話ずつに分けて全50話が放送されたガンダムのテレビアニメシリーズ。 本編と同時に小説や漫画などで展開された公式外伝「月鋼(げっこう)」や、第一期と第二期の間の時期の金星を舞台にした物語という設定のスピンオフ作品で、アプリゲームとして発表された「ウルズハント」なども後年制作されている。 本編では主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカらの結成した「鉄華団」の壮絶な戦いが描かれている中で、数々の名セリフが物語を味わい深くしている。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Ζガンダム』へと続いていく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91とは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場する、主役メカ(モビルスーツ)である。従来のガンダムシリーズに登場したモビルスーツの平均20m程度の全長よりも一回り小さく、15mとなったが、より高性能であると設定されているのが特徴。 また、この小型化設定により本機を含めて『機動戦士ガンダムF91』のプラモデルシリーズは、従来のガンダムシリーズプラモデル主力スケールだった144分の1から、100分の1へと拡大されて展開された。

Read Article

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。 敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。 主たるパイロットはアムロ・レイ。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役であり、それまでのガンダムシリーズでは描かれてこなかった明るく元気な性格を持つニュータイプ(宇宙進出で感知能力を増大させた人種)である。 ジャンク屋として生活していたが、Ζガンダムのパイロットになり、後にΖΖガンダムを受領しつつ、エゥーゴおよび地球連邦軍と、ネオ・ジオン軍の戦いである第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いた。

Read Article

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダムとは、テレビアニメ『∀ガンダム』に登場する主役メカ(モビルスーツ)であり、同時に全ての「ガンダム」が辿り着く終着点のようなキャラクター性を付与された、最強にして究極のガンダムである。 『∀ガンダム』の作中時間軸では、すでに忘れ去られた「黒歴史」の時代に建造されたモビルスーツであり、あらゆるもの砂と化す「月光蝶システム」を使用して黒歴史時代の地球文明を滅ぼしてしまったとされている。 『Gのレコンギスタ』発表までは、ガンダム正史上で最後に存在するガンダムとしても有名であった。

Read Article

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノーとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役キャラクターであり、同作主役モビルスーツ「ガンダムF91」のパイロットを務めた少年。 『機動戦士ガンダムF91』の後の時代を描いた、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズにも「キンケドゥ・ナウ」という名で出演している。 それまでのガンダムシリーズの主役達がクセの強い性格設定であった事に対し、突飛な部分が少ない、調和タイプのキャラクターとなっている。

Read Article

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(ダブルゼータガンダム)とはアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機であり、多段変形合体機能に加えて、重武装を誇る恐竜的進化を遂げたモビルスーツである。 凄まじい戦闘能力を誇り、単機で戦局を変えうる可能性をも秘めている。 地球連邦軍およびエゥーゴと、ネオ・ジオンの戦いとなる、第一次ネオ・ジオン抗争の最中に地球連邦軍・エゥーゴの切り札として投入された。主なパイロットはジュドー・アーシタ。

Read Article

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアックとは、アニメ『∀ガンダム』の主役キャラクターであり、褐色の肌に銀色の髪を持ったムーンレィス(月の民)の少年。 ガンダムシリーズの中でも随一といえるほどに優しい性格の持ち主で、命ある者と平和を心から愛し、故にこれを乱す「命を大切にしない者達」と粉骨砕身の覚悟で戦った。 過去のガンダム世界を土の下に埋葬して滅ぼしたモビルスーツ、∀ガンダムに偶然乗り込んだが、これもひとつの道具として捉え、単なるパイロットを超えて正しき使用者として接した。

Read Article

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは、1979年から断続的に製作され続けているロボットアニメ『ガンダムシリーズ』の1作品で、「宇宙世紀」と呼ばれる架空の時代の出来事を描いたOVAである。 地球連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムNT-1の奪取または破壊任務を命じられたジオン軍の特殊部隊サイクロプス隊。リボーコロニーで暮らす少年アルは、偶然からサイクロプス隊の面々と交流し、その作戦に加担していく。やがて彼らの戦いはコロニーの命運をも巻き込み、アルに戦争の残酷さを突き付ける。

Read Article

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

『伝説巨神イデオン』は日本サンライズ制作・富野喜幸監督(当時)による日本のアニメ。 地球植民星ソロで発掘された、第6文明人の遺跡かつ変形合体する巨大ロボット「イデオン」と、その力の源「無限力イデ」を巡り、地球人と異星人バッフ・クラン両文明の衝突が発生。 銀河全体を巻き込む果て無き抗争へ発展していき、それを見つめ続けたイデの裁きによる全文明の終焉と全人類の輪廻転生までを描いた「解り合えぬ人々」を主役とした群像劇。 『新世紀エヴァンゲリオン』に強い影響(元ネタ)を与えた作品としても有名である。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士クロスボーン・ガンダム鋼鉄の七人』とは、『月刊ガンダムエース』2006年7月号~2007年9月号に連載された長谷川裕一による漫画作品。『ガンダムシリーズ』の中でも『クロスボーン・ガンダムシリーズ』と呼ばれるシリーズの第二期長編作品である。 地球滅亡を目論む木星帝国の野望を阻止した少年トビア・アロナクスは、その三年後、木星帝国がまだ健在であること、新たな地球壊滅計画が進行中であることを知る。今度こそ決着をつけるため、トビアは七人の仲間と共に木星帝国の本拠地へと乗り込んでいく。

Read Article

機動戦士クロスボーン・ガンダム(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士クロスボーン・ガンダム(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』とは、『月間少年エース』1994年12月号から1997年3月号にかけて連載された漫画作品。『ガンダムシリーズ』の中でも『クロスボーン・ガンダムシリーズ』と呼ばれるシリーズの第一期作品である。 交換留学生として木星圏を訪れたトビア・アロナクスは、地球圏侵攻を目論む木星帝国、そしてそれを阻止せんと戦う宇宙海賊軍の存在を知る。宇宙海賊軍の一員となったトビアは、木星帝国の野望を阻む大きな力へと成長していく。

Read Article

目次 - Contents