SHINee(シャイニー)の徹底解説まとめ

2008年韓国でBoA、東方神起の後輩としてデビュー。
メンバー5人全員がボーカル、ダンスパフォーマンスができる実力派男性アイドルグループ。
常に新しいファッションや音楽をとりいれ、唯一無二のスタイルを提示し続けている。
韓国での活動と併せ、日本でも音楽番組への出演、ドーム公演を開催するなどし、活発に活動している。

本名:イ・テミン
生年月日:1993年7月18日

SHINeeの最年少として14歳でデビューした。
卓越したダンス技術は専門家からの評価も高く、見た目の可愛らしさとは違い「練習の鬼」と呼ばれるほどストイックな一面をもっている。
ダンスだけでなくピアノが得意で、ライブで演奏を披露することもある。
忘れ物が多く、よく物を壊すことから「マジックハンド」というニックネームがメンバーからつけられた。
SHINeeの末っ子としてメンバーから溺愛されているが、授賞式等で自身は涙を堪え、感極まり泣き崩れるメンバーを励ますなど頼もしい弟でもある。
2014年ソロデビューを果たし、個人としても歌とダンスの実力を存分に発揮し活動している。

ディスコグラフィー

『THE FIRST』

01 LUCIFER
02 Amigo
03 JULIETTE
04 BETTER
05 To Your Heart
06 Always Love
07 Replay -君は僕のeverything-
08 START
09 Love Like Oxygen
10 Hello
11 The SHINee World
12 Seesaw
13 Stranger

2011年12月7日に発売された日本での1枚目のオリジナルアルバム。
ポップで爽やかな楽曲がメンバーの溌剌とした若々しい歌声によって更にカラフルに仕上げられており、発売から時間が経っても色あせない爽快感を放つ名作。
今でもライブでイントロが流れると大きな歓声があがるデビューシングル『Replay -君は僕のeverything-』が収録されている。
オリコン週間ランキングで2位を獲得した。

『Boys Meet U』

01 Password
02 Breaking News
03 Dazzling Girl
04 1000年、ずっとそばにいて…
05 Run With Me
06 Kiss Yo
07 君がいる世界
08 Keeping love again
09 BURNING UP!
10 Sherlock
11 Fire

2013年6月26日に発売された日本での2枚目のオリジナルアルバム。
一度見ると忘れられないダンスとサウンドが話題になったヒット曲『Sherlock』が収録されている。
シャープなダンス曲と、壮大なバラード曲が集約されており、幅広い音楽性を堪能できるSHINeeの魅力がつまった作品になっている。
オリコン週間ランキングで2位を獲得した。

『I'm Your Boy』

01 Downtown Baby
02 LUCKY STAR
03 Everybody
04 Picasso
05 3 2 1
06 365
07 Sunny Day Hero
08 Perfect 10
09 Bounce
10 Dream Girl
11 Colors of the season
12 Boys Meet U

2014年9月24日に発売された日本での3枚目のオリジナルアルバム。
発売に際し、全編日本語で受け答えする宣伝番組が生放送された。
SHINeeが得意とするカラフルでポップな『Dream Girl』のほか、更に進化を遂げた新しいダンス曲『Everybody』が収録されており、躍動感に溢れた作品になっている。
アルバムと同タイトルのツアーファイナルでは初のドームコンサートが開催された。オリコン週間ランキングで初の1位を獲得した。

『D×D×D』

01 D×D×D
02 Wishful Thinking
03 WANTED
04 BOYS WILL BE BOYS
05 View (Japanese Ver.)
06 Your Number
07 Good Good Feeling
08 Photograph
09 Sweet Surprise
10 Sing Your Song
11 Moon Drop
12 LOVE

2016年1月1日に発売された日本での4枚目のオリジナルアルバム。
これまでの爽やかでポップな面とは違う、クールでスタイリッシュな大人っぽい楽曲『Your Number』などが収録されており、デビューから8年がすぎ更に進化を続ける意欲が感じられる。
初のドーム公演のラストで歌われ、会場全体を感動で包んだ『LOVE』が収録されている。
オリコン週間ランキングで1位を獲得した。

代表曲

『Replay -君は僕のeverything-』

2011年6月22日に発売された日本でのデビューシングル。
年上の女性に想いを寄せる恋心を、軽やかで爽やかなサウンドとメンバーの瑞々しい歌声で表現している傑作。
現在でもライブで演奏されると、ひときわ大きな歓声があがり長く愛されているSHINeeの人気曲。
オリコン週間ランキングで2位にランクインした。

『Shaerlock』

2012年5月16日に発売された日本での4枚目のシングル。
好きな女性への気持ちを推理小説になぞらえ、徐々に核心にせまっていく斬新でドラマティックなSHINeeの大人気曲。
探偵が秘密を解き明かしていく様子を表現した振付は、ダンスグループを多く擁する所属事務所の中でも「SMエンターテインメント史上最高の振付」と称賛された。
2015年ローリング・ストーン誌の「史上最高の男性グループ曲50」で韓国人アーティストの最高位である12位に選出された。

『Everybody』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents