GARNET CROW(ガーネット・クロウ、ガネクロ)の徹底解説まとめ

GARNET CROWは、2000年に「Mysterious Eyes」「君の家に着くまでずっと走ってゆく」の2タイトル同時発売でデビューした男女2人ずつの4人組のバンド。
ハイクオリティーなサウンドと包容力のある独特の世界観でリスナーを魅了し続けたが、2013年のラストライブにて、全ての活動に幕を閉じた。

プロフィール

結成

1999年、倉木麻衣の全米インディーズデビュー時のデモテープ作成にメンバー4人が携わり、意気投合したことをきっかけに、GARNET CROWとしての活動を開始する。
名前の由来は、ガーネットという宝石の深い紅色と、深みのある音楽を志向する意をかけたものであり、それに言葉の響きの良さを求めて「CROW」の語を付加した。
日本語訳すると「深紅のカラス」という言葉になり、この言葉の不気味さが心に残る点もあわせて考慮された。

メジャーデビュー

2000年、シングル「Mysterious Eyes」「君の家に着くまでずっと走ってゆく」で、メジャーデビューを果たす。
2002年、10枚目のシングル「夢みたあとで」がオリコン週間シングルチャート6位を記録し、テレビ朝日系「ミュージックステーション」などのテレビ番組に出演する。
2005年、初のベストアルバム「Best」を発売する。
2009年、初のカウントダウンライブを開催する。
2013年、ツアー「GARNET CROW livescope 〜THE FINAL〜」を開催し、ツアー最終日の6月9日に解散した。

解散後

古井と岡本は他アーティストの編曲やライブのゲスト出演を行い、AZUKIはビーイング外部のアーティストへ作詞家として楽曲提供を行っている。
中村は解散後から活動がない。

メンバー

中村 由利(なかむら ゆり)

出典: garnetcrow.com

作曲とボーカルを担当。
GARNET CROWの全作曲を手掛けて、他アーティストにも作品提供をしている。
彼女のメロディーセンスには、ロマン的な匂いを漂わせるメロディーやダイナミックな曲展開、ハーモニーの美しさなどがあり、そのバックボーンには幼い頃から慣れ親しんできたクラシック音楽がある。
また、歌声は時に力強く、時に包むように優しく響く。

AZUKI 七(あずき なな)

出典: garnetcrow.com

作詞とキーボードを担当。
GARNET CROWの全作詞を手掛け、数多くのアーティストにも作品提供している。
些細な人の心の奥に潜んだ感情をさりげなく表現したり、文学への造詣が深いことから、多種多様な文字使いや独特の読みなど、彼女の思想や哲学が垣間見られる詞となっている。

古井 弘人(ふるい ひろひと)

出典: garnetcrow.com

アレンジとキーボードを担当。
GARNET CROWの全アレンジをし、数多くの楽曲のアレンジ・制作にも携わっている。
GARNET CROW結成前からアレンジャーとして第一線で活躍していた。

岡本 仁志(おかもと ひとし)

出典: garnetcrow.com

ギターを担当。
GARNET CROWのギタリストとしてライブやレコーディングに参加する一方、作曲家・アレンジャーとして、数多くの楽曲を手掛けている。
また、ソロとしても活動していて、現在までに2枚のシングルと、2枚のアルバムを発表している。

オリジナルアルバム

『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents