路上のゲリラ!?バンクシーに迫る!

近年ロンドンで話題の覆面アーティストと言えばバンクシーが上がる。正体不明でありながら、数々の話題作を作り上げるその実力は本物か?作品を見ながら彼の考えに迫ってみよう。

バンクシーとは

例によって顔出しNGです。

バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。

出典: ja.wikipedia.org

勝手に作って勝手に置いて気づかれないってすごい。
勇気がまず凄いなと思わされます。

作品集

壁に鳥が!

ダークユーモアがあります。

アメリカに喧嘩売ってない?

これ、アカンやつや!

作品を見ると、なぜかアメリカに喧嘩を売りまくってるような感じです。
これがバンクシーの主張なのか!?

こんなことも

バンクシーは映画監督もしたそうで下記のリンクがそれです。

www.uplink.co.jp

また、路上で自分の作品を販売し、それの評価をあざ笑うような行為も行っています。

gigazine.net

まとめ

彼は資本主義を否定しその中に政治的主張を織り込むやり方を好んでいます。
また、彼はこんな発言をしています。
バンクシー 「不特定多数に向けて表現できる唯一の手段がグラフ。これこそ、民主主義だよ」
やり方はむちゃくちゃですが、バンクシーがいってると思うとなぜか納得してしまいます。
また、彼が街に絵を描けばニュースになるっていうのが、ロンドンみたいです。

moboo
moboo
@moboo

目次 - Contents