輪るピングドラム(ピンドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

「少女革命ウテナ」などの幾原邦彦の12年ぶりの監督復活作で、2011年7月~12月まで全24話が放送されたブレインズ・ベース制作の作品。
冠葉と晶馬の妹である陽毬は病気のせいで余命わずかになってしまい、思い出の水族館へ行くが陽毬は倒れてしまい、病院に搬送されるも息絶えてしまう。
陽毬は水族館で買ったペンギン帽子に宿る謎の人格により延命されたが、その代わり「ピングドラム」を探すことを強制される。

プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの登場シーン。
1話から物語前半、毎話唐突に挿入されるこのシーンはピングドラムを象徴するシーンだろう。

プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの登場シーンには、セーラームーンや少女革命ウテナなど幾原邦彦の過去作品のオマージュも見られる。

ふ……まあいいさ。お前の良心ってやつは陽毬のためにとっとけ。…な?(高倉冠葉)

ピングドラムを手に入れるため、そして陽毬のために強行に出る冠葉に動揺する晶馬に冠葉が書けた言葉。
晶馬と陽毬のために自己犠牲の覚悟を決めた冠葉の言葉は重い。

ありがとう、愛してる。(高倉晶馬)

運命の変更を行った荻野目苹果の身代わりに、晶馬が代償の炎に焼かれる際、苹果にささやいたセリフ。

運命の果実を一緒に食べよう(荻野目苹果)

運命を変え、陽毬を救い眞悧の計画を阻止するために苹果が使った呪文。

嫌だわ、早く磨り潰さないと。(夏芽真砂子)

真砂子の口癖であり決め台詞。
過去と決別し、自分と弟を守ってくれていた冠葉の為に真砂子は覚悟を決める。

関連動画

OP 『ノルニル』 歌:やくしまるえつこメトロオーケストラ / ED 『DEAR FUTURE』 歌:coaltar of the deepers

輪るピングドラム OP ED ノンテロップ

OP ノルニル #0:00 作詞 作曲 ティカ・α 編曲 江藤直子 歌 やくしまるえつこメトロオーケストラED DEAR FUTURE #1:30 作詞 岩里祐穂 作曲 編曲 NARASAKI 歌 coaltar of the deepersユリ熊嵐 ユリ裁判 sm25304525

OP 『少年よ我に帰れ』 歌:やくしまるえつこメトロオーケストラ

生存戦略

【高画質】生存戦略

\生存戦略~!!!/

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents