輪るピングドラム(ピンドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

「少女革命ウテナ」などの幾原邦彦の12年ぶりの監督復活作で、2011年7月~12月まで全24話が放送されたブレインズ・ベース制作の作品。
冠葉と晶馬の妹である陽毬は病気のせいで余命わずかになってしまい、思い出の水族館へ行くが陽毬は倒れてしまい、病院に搬送されるも息絶えてしまう。
陽毬は水族館で買ったペンギン帽子に宿る謎の人格により延命されたが、その代わり「ピングドラム」を探すことを強制される。

現代では治せない難病を患っていて余命わずかと診断されている。
一時帰宅療養中、水族館に兄たちと行った際に倒れた陽毬は病院に搬送されるも息を引き取ってしまう。
しかし悲しむ兄たちの前で水族館で買ったペンギンの帽子を被り「生存戦略」という掛け声とともに蘇生し、病状も回復する。
それ以来このペンギン防止を被った際はプリンセス・オブ・ザ・クリスタルの人格が現れるようになるが、本人はプリンセス・オブ・ザ・クリスタルになったことを覚えていない。

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル

陽毬がペンギンの帽子を被っているときに「生存戦略!!」の掛け声とともに現れる別人格。決めセリフは「生存戦略、しましょうか」。
陽毬の命を延命させる変わりに冠葉と晶馬にそれが何なのか詳しく説明することなくピングドラムを探すことを強制する。
冠葉の命の一部を抜き取り、陽毬を延命させるために分け与える。

荻野目 苹果(おぎのめ りんご)

姉の桃花が自分が生まれた日に死んでしまったことで両親が離婚し、家庭崩壊したことが原因で自分が桃花になれば家族が元に戻れると思い、桃課の残した運命日記に書かれている事をなぞり、姉の好きだった多蕗桂樹をストーキングする。
父の再婚や日記を奪われることで日記への執着がなくなり晶馬への気持ちに気付く。
日記に隠されていた運命を変えるための言葉に気付き、陽毬を救い眞悧のテロ計画を阻止するために運命を変える。

多蕗 桂樹(たぶき けいじゅ)

高倉兄弟の担任教師で桃花の幼馴染。苹果の家族とは長い付き合いがある。
苹果にストーカーされているが本人はまったく気付いていない。
後に桃花への強い思いが通じ合う者同士としてゆりと結婚する。
桃花が死ぬ原因となった事件の主犯が高倉兄弟の両親であることを知ると、復讐のために2人を襲うがゆりの説得により断念する。

時籠 ゆり(ときかご ゆり)

「サンシャニー歌劇団」虹組で娘役を務める人気女優。
桂樹、桃花とは古い友人である。
幼いころ彫刻家の父親から「醜いから愛されない」といわれ続け、心身ともに虐待を受けていた。自身の肉体に秘密があり、「本当の自分を知っても自分を美しいと言ってくれた」桃果に対して激しく執着心を持っていて、バイクで日記を奪おうとしたり、真砂子と交戦する。

夏芽 真砂子(なつめ まさこ)

高倉兄弟とは別にピングドラムを捜し求める少女。
祖父の後を継いで巨大企業の夏芽ホールディングの社長を務める。
日記の呪文があれば弟の命を助ける事ができると言う眞悧の言葉を信じて日記を手に入れようとする。
実は冠葉の実の双子の妹で、冠葉を両親の板テロリスト集団から開放したいと思っている。

荻野目 桃果(おぎのめ ももか)

苹果の姉で、日記に書かれた呪文を使うことで運命を変えることができる少女。苹果の生まれた日に眞悧が企てたテロ事件により死亡する。
桃花の死は、実は桃花が眞悧の計画を阻止する為に自分が犠牲になってでも事件を阻止しようとして運命を変えた結果である。眞悧と相討ちになり、彼の「呪い」の中に閉じ込められてしまう。
桃花自身が消えてしまった後も、さまざまな人に強い影響を与えている。

渡瀬 眞悧(わたせ さねとし)

陽毬が再入院した際に担当医として現れた謎の人物。
冠葉にテロ組織の手伝いをさせる代わりに陽毬の命をつなぐための薬を提供する。
苹果の日記を処分することが目的で、自分では日記に触れることができないため、真砂子と手を組んで日記を入手しようとしている。

『輪るピングドラム』の名言・名セリフ

せいぞーーーん!せんりゃくーーーー!!(プリンセス・オブ・ザ・クリスタル)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents