ゴッドハンド輝(GodHand Teru)のネタバレ解説まとめ

『ゴットハンド輝』は山本航暉による医療少年漫画及びそれを元にしたテレビドラマ。医療現場で働く医師の成長を描いた漫画で外科医療を題材にしているが、今までの医療漫画では取り上げられることが少なかった麻酔科医や整形外科医、形成外科医などにも焦点が当てられている。2009年にはテレビドラマ化もされた。

『ゴッドハンド輝』とは

ヴァルハラと呼ばれる病院を舞台に外科医である真東輝の成長を描く医療漫画。2000年33号の週刊少年マガジンに読み切り掲載。その後2001年16号から2011年45号まで同誌看板漫画として連載。完結後に番外編として「神々の双璧」と「神々の約束」が短期連載された。
コミックスは全62巻。特徴として手術中の場面では登場人物の表情が分かるように着用しているマスクが透けて描かれている。医師だけでなく経営者視点の物語もあり、医師不足などの医療問題にも触れている。

あらすじ・ストーリー

名医が揃う安田記念病院はヴァルハラと称されるほどの病院。
そこに主人公である新米外科医・真東輝(テル)が赴任。テルは20年前にゴットハンドと呼ばれた天才外科医・真東光介の息子であり、15年前の航空機墜落事故の唯一の生き残り。
病院では赴任早々、内視鏡を壊したり注射も満足にできず失敗ばかりを繰り返すテル。テルの指導医である北見は「まるで使いものにならない」と採用した院長・安田潤司を非難。
院長曰く「真東光介の息子ということだけでなく、研修医時代から患者の死に直面していないという驚異的な幸運を持っていたテルに興味が沸いた。」と、生命に対する絶対的な運を見たいと豪語する安田。
命の重みを誰よりも理解しているテルがさまざまな患者と向き合い、二人三脚の医療を目指していく。

登場人物・キャラクター【安田記念病院】

真東輝(まひがし てる)

『ゴットハンド輝』の主人公・真東輝。12月11日生まれのB型。
J大医学部卒業後、安田記念病院に外科医として着任。研修期間含め一度も患者の死に直面したことがない「絶対的天運」の持ち主。
普段はドジばかりしているので周囲からは「ドジテル」と呼ばれている。しかし患者が生命の危機に陥ると天才的な能力を発揮。真っ直ぐ過ぎる性格とひたむきさで現場の仲間だけでなく、患者からも愛されている。
胸には手形の痣があり、これは天下航空機墜落事故でテルの父である光介が最後の力を振り絞り心肺蘇生を行った結果できたもの。この事件からテルは高所恐怖症であると同時に空を飛ぶ乗り物や強い空気抵抗を受ける乗り物が苦手。

北見柊一(きたみ しゅういち)

外科部長でテルの指導医・北見修一。9月16日生まれのA型。
かつて所属していたT大では「20年に1度の逸材」と言われるほど。
T大講師時代に安田潤司の手術をみたことで衝撃を受け安田記念病院に着任。手術中はいかなる場合でも冷静沈着故に「氷凍(こおり)のメス」という異名がある。
医者にあるまじきロングヘアーが特徴的だが、これは短髪にした途端、女性患者が激減したため髪を切るときは安田の許可が必要。左肘関節に大きな傷跡があるが、これは学生時代に負った傷跡。

四宮慧(しのみや けい)

医療法人四瑛会を経営する四宮家の四男・四宮慧。2月9日生まれのAB型。
北見に憧れ、T大では「北見の襲来」と呼ばれるほどの腕前を持つ外科医。T大卒業後は安田記念病院に着任。
当初は医師として必要なものは技術と考え、機械的な治療を行っていたが後に考えを改める。
赴任当時、指導医である片岡に不満を抱き、テルに指導医を変えてほしいとぼやいていた。しかし片岡の本当の技術を目の当たりにすると次第に心を開き教えを請うようになる。テルをライバル視し、ことあるごとに張り合う。テルのことになると普段はクールな姿も崩れてしまう。
幼少時代にボヤ騒ぎを起こしたことで火が苦手だったが、阪神・淡路大震災の救急医療時に克服。

佐倉綾乃(さくら あやの)

『ゴットハンド輝』のヒロイン・佐倉綾乃。4月15日生まれのO型。
穏やかな性格と世話好きの看護師。テルとは着任当初から親しくなり、その後恋仲に発展し結婚することに。早期から相思相愛だったにも関わらず、発展しない関係に周囲はやきもきし、なにかを世話を焼かれていた。5人姉弟の長女で面倒見が良い。

安田潤司 (やすだ じゅんじ)

安田潤司・画像左

安田記念病院院長・安田潤司。3月3日生まれのB型。
天才外科医で「黄金の左手」の異名を持つ。作中で日本で初めて子宮内胎児手術を成功させた人物。
メガネにスキンヘッド、イヤーカフを装着し、ヤクザのような風貌。実際にテルは初対面でヤクザと間違える。
明るい性格で部下をからかったり看護師とお茶をする、漫画を読みふけるなど院長らしからぬ行動が目につく。しかし一度患者と向き合えば天才的な技術を発揮。
アメリカ修行中に真東光介と出会い、以降光介を「真東先輩」と呼んで慕う。

皇稜斗(すめらぎ りくと)

皇稜斗・画像右

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents