テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。
人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。
戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。
世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

CV:坂口哲夫
マーテル教会の最高機関クルシスより神子に信託と天使の力を授ける為にやってきた天使。
コレットが各地の祭壇で試練に耐え祈りを捧げる度に姿を現し、徐々にクルシスの祝福と称してコレットを天使化していく。その正体は神子をマーテルの器とするべくクルシスから遣わされた天使で元はハーフエルフ。世界再生伝説では「マナの血族は天使の子」との記述があり、ロイド達はレミエルがコレットの本当に父親だと勘違いした。レミエルはこの勘違いを利用し、コレットが完全天使化するまで父親を演じていた。コレットの天使化が成功した後は本性を現し、ロイド達を「劣悪種」と罵り戦いを挑む。敗北後に天使として現れたクラトスに助けを乞うも見捨てられそのまま死亡した。

レネゲード

ユアン・カーフェイ

左の男性がユアン

CV:森川智之
身長:188cm / 体重:78kg
レネゲードのリーダー。
ハーフエルフで、冷静で皮肉交じりに話すが、部下からの信頼は厚く、本人も部下を大切に思っている。最初はマーテル復活を阻止する為に神子の殺害を目的に行動していたが、状況が変わるにつれロイドのエクスフィアを狙ったり魔導砲の奪取を目的にして共闘したりとロイド達の敵なのか味方なのかはっきりしない立ち位置になる。ボータに信頼を寄せ、自分がレネゲードに不在の時は全ての作戦や指示をボータに任せていた。ボータの絶海牧場での死に冷静な態度を見せるがその奥でボータの死を悲しんでいた。
実は自身もクルシスの幹部で天使である。古代大戦時にミトスと共に旅をした仲間であり、ミトスの姉マーテルとは相思相愛の関係となり婚約までした仲であった。ミトスがマーテルの心を大いなる実りに寄生させ復活を唱え始めると、マーテルの心の解放を願い、復活を阻止する為にレネゲードを立ち上げクルシスに対抗していた。
最終的にはロイド達と目的を同じにし、レアバードを貸し与え旅のサポートを行っている。かつての仲間クラトスがオリジンの封印を解いた際には、駆けつけ自身のマナをクラトスに分け与えることで命を助けた。

ボータ

ロイドの右にいる人物がボータ

CV:黒田崇矢
レネゲードの副リーダー。
ハーフエルフで、立場上表立った行動のできないユアンの片腕としてレネゲード隊員に指示を出し、自らも行動を起こしていた。ユアンに悲願を達成させるべく、絶海牧場でロディルの起動させた自爆装置を部下の2人と共に解除し、ロイド達を逃がした。その際、作戦の成功をユアンに告げることをロイド達に頼み、2人の部下と共に海水に満たされた部屋で溺死してしまった。

ディザイアン

フォシテス

CV:吉水孝宏
五聖刃の1人でイセリア人間牧場を管理するハーフエルフ。
右目に眼帯をし、左腕には大砲の様な義手を装着している。冷静沈着で洞察力に優れた人物で人間に対しては冷酷だが、同胞に対しては厳しくも仲間を思いやる態度の為部下達から慕われている。以前テセアラで起きたハーフエルフ虐殺事件では首謀者の人間達を皆殺しにしたことから「ディザイアンの英雄」と呼ばれている。マグニスと共にロディルに騙されて魔導砲の開発に協力していた。
ユグドラシルの掲げる千年王国の理想に陶酔しているが、クラトスが「ディザイアンは捨て駒に過ぎない」と発言した際には動揺を見せた。ロイド達を狙って攻撃するも返り討ちに遭い、最後の足掻きでショコラを狙いもコレットに阻止され、その隙にロイドに斬られた。

マグニス

CV:川田紳司
五聖刃の1人でパルマコスタ人間牧場を管理するハーフエルフ。
考えるより先に手が出てしまう粗暴な男で、人間にも部下にも暴言を吐く。人間を「劣悪種」「豚」等と罵り、見た目もいかつく印象的。人間牧場でのエクスフィア生産とは別に、気に入らない人間を粛清と言ってよく町中で公開処刑していた。
牧場の破壊の為に乗り込んできたロイド達がショコラと一緒なのを見ると、ショコラの祖母マーブルを殺したのはロイドだと教え、言葉巧みにロイド達から引き離した。フォシテス同様、ロディルに騙され魔導砲の開発を進めており、死ぬ間際に騙されていたことを知りフォシテスに知らせようとするが力尽きてしまう。

クヴァル

CV:牛山茂
五聖刃の1人でアスカード人間牧場を管理するハーフエルフ。
丁寧な言葉遣いとは裏腹に性格は非常に残忍である。人間牧場に潜入してきたロイド達にエクスフィアの製造方法について教えた。クルシスの輝石を作り上げるエクスフィア研究のエンジェルス計画考案者で、研究初期にロイドの母アンナを培養体にして実験を行っており、エクスフィギュア化させたのも彼である。その為、ロイドとクラトスにとっては仇の存在で、何事にも冷静なクラトスが珍しく感情を露わにしてとどめを刺した。
実はロディルと秘密裏に協力し魔導砲を完成させクルシスへの反逆を企てていた。

ロディル

CV:青野武
五聖刃の1人で絶海人間牧場を管理するハーフエルフ。
老人の姿をしており、「ディザイアン一の知恵者」と自称する自信家。クルシスに忠誠を誓いながらも、裏でクヴァルと内通して他の五聖刃を騙しながら魔導砲を開発とクルシスへの反逆を企てていた。クヴァルがロイド達に倒された時に彼が考案したエンジェルス計画の研究データだけ盗んでおり、クヴァルをも利用していたことが判明する。テセアラでも教皇やヴァーリを利用してエンジェルス計画の実験をコンバティール姉妹で行う等多くの人物に不幸をもたらす原因を作っている。アリシアをエクスフィギュア化させ、プレセアの成長を止めた元凶でプレセアとリーガルの真の仇である。
絶海牧場に潜入してきたロイド達を前にクルシスの輝石を自ら使い体を怪物の姿に変え襲い掛かるも返り討ちに遭い、牧場の自爆スイッチを起動させて息絶えた。

プロネーマ

kabyyka
kabyyka
@kabyyka

Related Articles関連記事

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。 2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。 世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

目次 - Contents