Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)のネタバレ解説まとめ

「Life is Strange」とは、主人公「マクシーン」ーー通称「マックス」が、ある日を境に手に入れた「時間を巻き戻す力」を使って数々の悲劇を回避しようとするアドベンチャーゲームです。
制作元「DONTNOD」。提供元「スクエアエニックス」。
steam版の他、PS4/PS3でも販売中。
※現在は日本語字幕と日本語吹き替え版もあります。

概要

「Life is Strange」とは、フランスのゲームスタジオ「DONTNOD」が開発し、提供元スクウェア・エニックスで発売されたゲームです。
テーマとしては、時間を巻き戻してより良い未来を選択し直しても、長期的には悪くなってしまうかもしれない「カオス理論」の一つ「バタフライ効果」となっています。「バタフライ効果」とは蝶が羽ばたくと遠くで竜巻が起こるかもしれないということです。
主人公の少女マックスが時間を巻き戻す力を使って悲劇を回避しようとしても、結果的に悪くなってしまうパターンなど描かれています。
「Life is Strange」は多くのゲーム賞を受賞し、ユーザーからは多数のストーリーを絶賛する手紙が開発元のDONTNOD Entertainmentに届いたと言われています。
現在steam版とPS3/PS4版で発売中(パッケージ版はPS4のみで、他はダウンロード版)。現在は日本語字幕と吹き替え版もあります。
「Life is Strange」はエピソード1から5にかけて販売されている。
少女マックスは相棒クロエと共に失踪した少女レイチェル・アンバーの手掛かりを探そうとします。その過程で数々の未来に通じる選択肢が現れます。彼女の未来がどう描かれるのかはプレイヤーの選択次第です。

あらすじ・ストーリー

物語はアメリカ・オレゴン州にある架空の田舎町、「アルカディア・ベイ」を舞台にしています。
主人公は五年前に地元アルカディア・ベイから去った少女マックス(本名マクシーンだが本人が嫌ってるため)。彼女は五年ぶりに町に戻り、現在はブラックウェル高校の写真学科に通っています。そんなある日、授業を終えた彼女は女子トイレで青い蝶の写真を撮っていると、後にトイレに入ってきた男女二人の争いに遭遇します。マックスは陰で覗く形となります。
争いが次第にエスカレートして男性は銃で女性を撃ちます。それを見ていたマックスが手を伸ばした瞬間、時間が巻き戻って授業だったときに戻ってしまいます。彼女は自分が時間を巻き戻す力を持ったことを理解すると、トイレで女性が撃たれないように細工して命を救います。
その後、あの時トイレで銃に撃たれていた女性はマックスのかつての親友、クロエだと気づくことになります。
クロエは失踪した女性レイチェル・アンバーの手掛かりを探していました。
レイチェルはマックスが「アルカディア・ベイ」を去った後、クロエの心の支えになってくれた新しい親友でした。その失踪した親友を探したいクロエの真剣さを理解したマックスはクロエと共にレイチェル・アンバーを探すことになります。
その過程で、マックスに数々の難題が降りかかることになります。

5つのエピソード

エピソードは1から5まであり、個別に販売されています。
以下、エピソードは1から5まで話がつながっていますが、エピソードごとによってテーマが違ってきます。

1: サナギ(Chrysalis)

五年ぶりに地元の田舎町「アルカディア・ベイ」に戻ったマックスは写真学科を学ぶためにブラックウェル高校に通う学生でした。ある日トイレで男女二人が口論の末男性が女性を射殺する現場を見かけた以降、マックスは時間を巻き戻す力を手に入れます。時を巻き戻したマックスはもう一度女子トイレに行き、非常ベルを鳴らして女性の死を阻止します。その後、その女性はマックスの親友だったクロエだと判明します。

2: 時間切れ(Out of Time)

五年ぶりに会った親友クロエ。クロエはマックスがいなくなった後にできた親友レイチェル・アンバーの行方を追っていました。マックスはクロエと共に失踪中のレイチェルを追うことになります。
一方、マックスのクラスメイトであるケイトはあるナイトクラブでドラッグを盛られて、いつの間にか誰彼構わずキスをしてしまう姿をビデオに撮られていました。しかも拡散されてしまい、それ以来いじめを受けていました。精神をやられていたケイトはついに自殺を行おうとしますが、マックスはそれを阻止しようとします。

3: カオス理論(Chaos Theory)

失踪中のレイチェル・アンバーの行方を追っていたある日、マックスは「自分の父が死んでから人生が狂った」というクロエの恨み言を耳にします。
その後、マックスは『写真をフォーカスして写真が撮られた時点にタイムリープできる』という能力を開花します。
クロエの父親を救おうと過去に戻って父の事故死を回避させたマックスですが、元の時代に戻ると逆にクロエが事故に遭い、首から下は動かなくなってしまう結果となっていました。

4: 暗室(Dark Room)

事故に遭い、首から下が動かなくなったクロエ。両親はクロエの為に膨大な医療費を支払っています。しかも回復の見込みがなく、余命がわずかだといいます。
その事情を知っていたクロエはマックスに安楽死を懇願します。
父親を救ったせいで代わりにクロエが事故に遭い、過酷な状況に陥ります。マックスは苦渋の決断をして、クロエが生き残るために父親が事故死に遭う本来のルートに戻しました。
レイチェル捜索を再開した二人は、かつて女子トイレでクロエを射殺した少年ネイサン調べ上げると、彼の親族が所有していた納屋に地下室があることを突き止めます。地下室の中にはドラッグを盛られて意識不明だったケイトの写真の他に数々の被害女性の写真もありました。そのうちの一つにレイチェルの遺体写真を見つけます。二人は埋葬場所を掘ると、失踪していたレイチェルの遺体が見つかりました。
その後、二人は報復のため今夜開かれるパーティーに行き、ネイサンを探しましたが見つかりませんでした。するとネイサンからのメールが届き、指定された場所に行くと、突如マックスは後ろから襲われて倒れます。敵が来たことに気づいたクロエでしたが撃たれて即死します。
意識が朦朧とするなか、マックスは真犯人の姿を目の当たりにします。
その人物は、マックスのクラスの先生、マーク・ジェファソンでした。

5: 偏光(Polarized)

マーク・ジェファソンに眠らされ、目を覚ましたマックス。場所は例のレイチェルの写真を見つけた地下室でした。彼女は悲劇を回避するため、写真をフォーカスしてタイムリープします。タイムリープした後、なんとか細工をして元の時間に戻ると、クロエは生き残り、ジェファソンも逮捕される結果となります。
元の時間軸に戻ったマックスの元に、そこは自身が応募したコンテスト「日常ヒーロー・フォトコンテスト」で優勝してサンフランシスコ行きの飛行機に乗っていた状況でした。
一安心したマックスでしたが、後に「アルカディア・ベイ」が巨大竜巻に襲われて人も建物も多く被害を受けている情報を耳にします。
マックスは悲劇をなんとか回避しようと、もう一度タイムリープを決意します。

システム

「Life Is Strange」は移動、「ポイント&クリック」方式のアドベンチャーゲームです。主人公のマックスを操作して人と会話させたり物を調べたりすることができます。
そしてマックスは時間の巻き戻しができるので、会話に失敗しても巻き戻してもう一度会話したり、行動失敗してオブジェクトが破壊されても元の形に戻すなど、プレイヤーが好む方向へと導くことができます。

巻き戻しのタイプ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents