少女革命ウテナ(Revolutionary Girl Utena)のネタバレ解説まとめ

幾原邦彦率いるビーパパスが漫画家さいとうちほと組んで制作した1990年代を代表するアニメ作品。1997年4月2日から12月24日まで全39話が放送された。1999年には完全新作の長編アニメーション映画が公開されている。
幼少期に王子様に助けられ、自身も王子様になりたいと思った天上ウテナは入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーに出会い、彼女をかけた決闘ゲームに巻き込まれていく。

高等部3年で、黒薔薇会を主宰する天才。
根室記念館にカウンセリングに来た人物の心の闇を開放させ、黒薔薇のデュエリストに仕立てウテナと決闘させていた。
かつて根室記念館で100人の生徒と永遠を手に入れるための研究をしており、研究を完成させ空に浮かぶ城を出現させることに成功したが、御影の想い人と暁生がキスするところを目撃してしまい「永遠」に対する執着を失い「世界の果て」と契約する。
その後根室記念館に放火し100人の少年たちを殺害する。

篠原若葉(しのはらわかば)

西園寺に恋しているウテナの親友。
明るく人懐っこく元気でウテナにも元気を分け与えてくれる。
退学処分にされた西園寺を匿い同居生活を送る、幸せを得るが御影の策略によって破局。
黒薔薇のデュエリストとなり決闘に参加することになる。
親友のウテナと戦うことになり彼女への羨望、アンシーへの憎悪を暴露するが敗北した事で救われた。

高槻枝織(たかつきしおり)

樹璃の幼馴染で、樹璃に対して愛憎の入り混じったコンプレックスを抱いている。
かつて樹璃が恋心を抱いていた(と枝織が思い込んでいた)フェンシング部の少年と付き合い、樹璃に対する劣等感から逃れようとした。
その後昔のような樹璃との関係を取り戻そうと接近し拒絶される。
御影の策略によって樹璃の自分への愛を知り、精神的優位に立てると喜びつつも受け入れることができなく悩む。

薫梢(かおるこずえ)

幹の双子の妹。大人びていて少し不良のようなムードを漂わせる。
わざと幹の嫌がるような行動を見せ、幹の関心を引こうとする。
親と不仲で手紙が来ても読まずに捨ててしまうほど。
大人の都合に振り回される幹に「周りが汚れていたら、自分も汚れてほしいものを手に入れるしかない」と、アンシーを手に入れるために決闘をするように唆す。

劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』

『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』
完全新作の長編映画として1999年に公開された。
設定や人物関係なども一新されており、TV版とは違う世界(パラレルワールド)として描かれている。
TV版のラストではアンシーがウテナを求め外の世界にいったが、劇場版ではウテナとアンシーが二人一緒に学園を出るというハッピーエンドになっている。

関連商品

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents