フリッパーズ・ギター(The Flipper's Guitar)の徹底解説まとめ

1988年の活動開始から1991年の解散までのわずかな活動期間ながら、日本の音楽シーンに多大な影響を与えたフリッパーズ・ギター。
それまでのバンドサウンドとは違い、ニューウェーブやギターポップ、ネオアコなど様々なスタイルを取り入れた都市型志向の音楽と言われる「渋谷系」を流行らせた。
日本の音楽に洋楽志向を根付かせたバンドとして、今も語り継がれている。

プロフィール

結成

ギターヴォーカルの小山田圭吾を中心に結成したバンド「Pee Wee 60's」が原型となっている。
メンバーチェンジを経て、デビュー時のメンバーが揃う。
その時のメンバーは、ギターヴォーカルの小山田圭吾、ギターの小沢健二、他はベース、ドラム、キーボードという構成だった。
メジャーデビューが決まったことを機に、バンド名を「フリッパーズ・ギター」とした。

メジャーデビュー~解散

1989年、全曲英語詞の1stアルバム『three cheers for our side?海へ行くつもりじゃなかった』でデビュー。
直後、音楽性の違いから、ベース、ドラム、キーボードが脱退し、小山田と小沢の二人編成となる。
1990年にリリースされた2ndシングル『恋とマシンガン』は、ドラマ「予備校ブギ」主題歌となり、スマッシュヒットとなった。
同年にリリースされた2ndアルバム『CAMERA TALK』は、第32回日本レコード大賞最優秀アルバム・ニュー・アーティスト賞を受賞した。
1991年、3rdアルバム『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』をリリースしたが、直後、突然の解散を発表する。
既にライブツアーも決まっていたが、すべて中止となった。
小山田と小沢はそれぞれソロ活動を開始することとなった。

メンバー

小山田圭吾

リードヴォーカルとギターを担当。
軽やかで優しい歌声が特徴的。
解散後は、ソロユニットCorneliusとして活動している。

小沢健二

リードギターとサイドヴォーカルを担当。
多くの楽曲で作詞をしており、シニカルで達観したような歌詞が特徴的。
解散後は、ソロ活動を行っており、1994年、スチャダラパーと共演したシングル『今夜はブギー・バック』は、50万枚を超えるヒットとなった。
叔父には世界的な指揮者、小澤征爾がいる。

オリジナルアルバム

『three cheers for our side?海へ行くつもりじゃなかった』

1. Hello -ハロー / いとこの来る日曜日-
2. Boys Fire the Tricot -ボーイズ、トリコに火を放つ-
3. Joyride -すてきなジョイライド-
4. Coffee-milk Crazy -コーヒーミルク・クレイジー-
5. My Red Shoes Story -僕のレッド・シューズ物語-
6. Exotic Lollipop (and other red roses) -奇妙なロリポップ-
7. Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-
8. Samba Parade -サンバ・パレードの華麗な噂が-
9. Sending to your Heart -恋してるとか好きだとか-
10. Goodbye, our Pastels Badges -さようならパステルズ・バッヂ-
11. The Chime will Ring -やがて鐘が鳴る-
12. Red Flag on the Gondola -レッド・フラッグ-

1989年リリースの1stアルバム。
録音は5人のメンバーで行ったが、リリース直後、小山田と小沢を除く三人が脱退している。
『Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-』は初めてのタイアップ曲で、ロッテのCMソングであった。

『CAMERA TALK』

1. Young, alive, in love/恋とマシンガン
2. Camera! camera! camera/カメラ!カメラ!カメラ!
3. Cool spy on a hot car/クールなスパイでぶっとばせ
4. Summer beauty 1990/ラテンでレッツ・ラヴまたは1990サマー・ビューティー計画
5. Haircut100/バスルームで髪を切る100の方法
6. Colour field/青春はいちどだけ
7. Big bad bingo/ビッグ・バッド・ビンゴ
8. Wild wild summer/ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー
9. Knife edge caress/偶然のナイフ・エッジ・カレス
10. Southbound excursion/南へ急ごう
11. 3a.m. op/午前3時のオプ
12. Camera full of kisses/全ての言葉はさよなら

1990年にリリースされた2ndアルバム。
全て英語詞だった前作とは打って変わり、全曲日本語詞となった。
録音はイギリスで行われており、海外ミュージシャンも多数参加している。

『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』

1. DOLPHIN SONG ドルフィン・ソング
2. GROOVE TUBE グルーヴ・チューブ
3. AQUAMARINE アクアマリン
4. GOING ZERO ゴーイング・ゼロ
5.(SPEND BUBBLE HOUR IN YOUR)SLEEP MACHINE
6. WINNIE-THE-POOH MAGCUP COLLECTION ウィニー・ザ・プー・マグカップ・コレクション
7. THE QUIZMASTER 奈落のクイズマスター
8. BLUE SHININ' QUICK STAR 星の彼方へ
9. THE WORLD TOWER 世界塔よ永遠に

1991年にリリースした3rdアルバムであり、最後の作品。
退廃的な歌詞と、サンプリングの多用で前2作とは趣が異なっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

攻殻機動隊ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

懐かしき90年代 邦楽シーン / コーネリアス (小山田圭吾) の魅力

1990年代、フリッパーズギターでの活動により、"渋谷系"ムーブメントの中心となった小山田圭吾。フリッパーズ・ギター解散後、ソロになってからはコーネリアスとして活動。その多彩な才能で、音楽プロデューサー、クリエイターとして多岐に渡る活動を行っている。その小山田圭吾の魅力をご紹介したいと思います。

Read Article

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)のネタバレ解説まとめ

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)とは、Production I.Gが制作を務める、士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作としたアニメ作品である。本作は主人公の草薙素子が公安9課を結成する前の物語に焦点が当てられており、バトーやトグサら9課の仲間たちがどのような形で素子と出会い、彼女と行動するようになったかが描かれているのが特徴となっている。

Read Article

目次 - Contents