マクロス7(マクロスセブン、MACROSS 7)のネタバレ解説まとめ

Macross7top

1994年~1995年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まるマクロスシリーズの4番目の作品となる。舞台は西暦2045年、第37次超長距離移民船団・マクロス7船団を襲った地球外生命体「プロトデビルン」に戦わず歌で立ち向かう、ロックバンドFire Bomberのボーカル、熱気バサラと新人メンバー、ミレーヌ・ジーナスを中心に描いたスペースバトルファンタジー。

Gigil2

ゲペルニッチ配下のプロトデビルン。

バロータ兵の直接指揮にあたり、本人も好戦的な性格のため獲物を狩ることを楽しんでいたが、ゲペルニッチに囮役にされたり作戦を知らされずに利用されることが重なり反感を抱きはじめ、命令違反をするようになる。
独断で覚醒させたプロトデビルンのシビルに対し特別な感情を抱いており、彼女のために命をも投げ出す。シビル救出という共通の目的から、バサラとは友情に近い感情を抱くようになる。

シビル(CV:中川亜紀子)

Sivil01 20110817084903s

少女型エビルのプロトデビルン。外見は地球人の女性に似ている。

好奇心旺盛で自由奔放。片言で話し、独特の叫び声を上げる。
スピリチアを求めてシティ7に潜入するが、その中でバサラの歌に「アニマスピリチア」があることに気づく。
バサラの歌の力に拒否反応を示すものの強い興味を持ち、直接接触した際に自分のスピリチアを失い休眠状態に入ってしまう。

プロトデビルンでありながら、単独行動の中で次第にバサラの味方をするようになり、最終的には彼を救うことになる。

ガビル(CV:陶山章央)

Gabil

力はそんなに強くないものの、憑依の能力を持ったプロトデビルン。
ゲペルニッチに絶対的な忠誠を誓っており、「アニマスピリチア」のためにマクロス7船団を執拗に狙うがサウンドフォースの力に圧倒されてしまう。
語尾に「美」をつけるのが口癖。
特に何度も作戦の邪魔をしてくるガムリンに対して憎悪の念を抱いている。

恋の三角関係の複雑さはシリーズ内トップクラス?

恋に疎いがモテる熱気バサラ

マクロス7全編を通して「女性」を異性として意識することのない熱気バサラ。
しかし彼が命がけで歌を歌う様は数々の女性を魅了してしまう。

Rexkiss

暴走集団「レックス軍団」のリーダー、レックスは大人びた風貌の女性。
バサラにキスを迫ったり朝帰りするなどミレーヌの嫉妬を散々買うが、最後まで思いを告げることはなかった。
しかし昏睡状態に入ったバサラのそばにずっとついていたり、と一途な面も見られる。

Watasenai

花束の少女はFire Bomberのライブに必ず花束を持って現れる。
かなり消極的で口数が少なく大人しい印象だが、毎回ライブに足を運んでいたり屋外にてラジカセでFire Bomberの音楽をかけるなど、かなり熱狂的なファンであることがうかがえる。
最終決戦の直前でやっとバサラに花束を渡すことができるが、それ以上の関わりを持つことなく物語は終わる。

Dokidoki

ミレーヌとは演奏以外の時間は殆ど喧嘩をしているが、「喧嘩するほど仲がいい」というように、時折仲の良さを伺えるシーンがある。

例えば、ライブ中バロータ軍襲撃に遭った際に、爆風に煽られるミレーヌをさりげなく後ろから抱きしめて守ったりと女の子がドキドキしてしまうような行動を無意識に取る傾向がある。
また、作中ミレーヌに訪れるピンチは大抵バサラが助けに行っている。単なるバンドメンバー以上の感情があるのは間違いないのだが、バサラ自身がミレーヌに恋愛感情を抱くまでに至った表現は残念ながら無い。

お見合いから始まるミレーヌとガムリンの恋

Gamunirenu

娘の過干渉によりミリアがお膳立てしたガムリンとミレーヌのお見合い。
生真面目な性格のガムリンは当初乗り気ではなかったものの、実際自分のお見舞いに訪れたミレーヌを見た途端に一目ぼれしてしまう。
ミレーヌもまた任務に着く勇敢なガムリンの姿を見て淡い恋心を抱きながら二人の関係はスタートする。

ガムリンのまっすぐな性格ゆえか、二人の恋は初々しく順調に進んでいく。
関係が進んでいく重要なシーンの一つが、ガムリンが大尉に昇進したもののサウンドフォースを守る任務につけなくなってしまい落ち込むところ。
その際にミレーヌがガムリンに渡した「お守り」は、彼が最後まで出陣の時に握りしめており、奇襲作戦前に少し欠けてしまうことでその後の彼の危機を予感させたりもしている。
またこの奇襲作戦前はガムリンがミレーヌに指輪を贈り、戦いの後にプロポーズをすることも示唆している。
しかしエンディングではガムリンを選ぶというシーンはなく、ミレーヌが最終的に誰を選ぶかは謎のままだ。

バサラの本命はシビル?ギギルとの三角関係?

Kiss

作中、バサラが一番思い入れをもって接していたのは実はシビルである。

シビルに対してバサラは最初から自分の歌を聴かせようとしていて、休眠後もシビルを目覚めさせるために歌い続けるなどかなり献身的な姿勢を見せている。
歌が絡んでいるせいなのか、シビルに対するバサラのこだわりは他の女性たちには見せないものだった。

ギギルもシビルに対しては特別な感情があるようで、シビルを守るためにゲペルニッチの命に背くなど独断行動をとるようになる。
その行動要因には少なからず彼自身もバサラの歌(アニマスピリチア)の影響があるのだが、最終的にはシビルのために命を投げ出すほどの思いがあった。

関連サイト

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

超時空要塞マクロス(Super Dimension Fortress Macross)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

マクロスF(マクロスフロンティア、Macross Frontier)のネタバレ解説まとめ

2008年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まる「マクロスシリーズ」の6番目の作品となる。舞台は西暦2059年、超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」に住む人類と、超時空生命体「バジュラ」との戦いの中で、パイロット候補生早乙女アルトと歌姫シェリル・ノーム、そして普通の女子高生ランカ・リーとの恋の三角関係を描いたスペース・ファンタジー。

Read Article

マクロスフロンティアの名曲を集めてみた

2008年に放送されたアニメ「マクロスフロンティア」バルキリーという戦闘機に乗って戦うパイロットの少年アルトと、彼を取り巻く二人の少女との三角関係が視聴者をヤキモキさせて話題になりました。歴代の「マクロス」シリーズに共通しているのが“歌”。本作も、アニメの枠を超えて数々の名曲が生まれました。たかがアニメソングと侮るなかれ!マクロスFの名曲を集めてみました。

Read Article

目次 - Contents