ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャーとは遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』の主人公で凄腕のスパイ。コードネームは「黄昏」で本名は不明。東国の大物政治家ドノバン・デズモンズとの接触を目的とした任務・オペレーション〈梟〉(ストリクス)を遂行するため、精神科医ロイド・フォージャーを名乗り偽装家族を形成する。スパイとしての能力は超一流で、戦闘能力だけでなく変装技術、人心掌握術と様々な技能に長けている。スパイらしく常に冷静で合理的な性格だが、本質的には平和を愛する心優しい青年である。

ロイド・フォージャー(黄昏)の概要

性別:男性
年齢:不明
本名:不明
身長:187cm
体重:70~90kg
髪の色:ブロンド
瞳の色:青

ロイド・フォージャーとは遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』の主人公で、西国組織WISEに属する凄腕のスパイ。東国で諜報活動を行い、冷戦状態の東国(オスタニア)西国(ウェスタリス)の軍事衝突を回避するのがその使命である。
本名・出身地・年齢などの個人情報は一切不明で、〈黄昏〉というコードネームだけが両国の裏社会に知れ渡っている。
人並みはずれた頭脳・戦闘力・人心掌握術・変装術を持ち、それらを活かしてどんな任務でも完璧にこなす超一流のスパイ。常に冷静沈着で、任務のためなら情を捨てる冷徹な人物だが、本質的には心優しく人間味あふれる性格である。
スパイを志した理由も、元戦災孤児だった自分のような不幸な子供をこれ以上生み出さないためであり、「子どもが泣かない世界」を作ることを目標としている。

東国の大物政治家ドノバン・デズモンドの不穏な動きを探るよう命じられた〈黄昏〉は、彼が唯一姿を見せる名門イーデン校の懇親会に潜り込むため、偽装家族を作り養子をイーデン校に入学させることに。
「オペレーション〈梟〉(ストリクス)」と名付けられたその任務を遂行するため、〈黄昏〉は「精神科医ロイド・フォージャー」という新たな名前を名乗り、娘役に仕立て上げるため孤児院から少女を引き取った。しかしその少女アーニャは、他人の心を読むことができる超能力者だった。
ロイドはアーニャの正体を知らないまま、オペレーション〈梟〉の成功のためアーニャをイーデン校に入学させ、優等生に仕立て上げようとする。さらに殺し屋という裏の顔を持つ市役所職員ヨル・ブライアと、互いの利益のため偽装結婚することになる。
ロイドはこれまで培ってきたスパイとしてのセオリーが全く通用しないアーニャやヨルとの関係に四苦八苦しつつも、徐々に偽装を超えた家族の絆を築いていく。

ロイド・フォージャー(黄昏)の来歴・活躍

戦争孤児だった過去

幼い頃の〈黄昏〉

西国の諜報組織WISEに所属する敏腕スパイ〈黄昏〉。彼にはかつて西国と東国による大規模な戦争があった際、故郷を破壊され両親を失ったという過去があった。
それ以降の経歴は不明だが、大人になった彼はスパイとして様々な任務を成功に導き、〈黄昏〉という名は両国の諜報員の間に知れ渡るようになる。

オペレーション〈梟〉開始

上官からのめちゃくちゃな司令にロイドは思わずコーヒーを噴き出してしまう

外務大臣がヅラである証拠写真を奪取するという任務を成功させた〈黄昏〉は、WISEの上官から次の任務を命じられる。それは東西平和を脅かす国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、彼の息子が通うイーデン校の懇親会に潜入するというもの。懇親会に入れるのは生徒とその両親だけということで、〈黄昏〉は自分の子供をイーデン校に入学させなくてはならなくなった。
しかしスパイである〈黄昏〉に子供などいるはずもなく、仕方なく孤児院から子供を引き取ることに。〈黄昏〉はロイド・フォージャーという名の精神科医に成りすまし、孤児院にいたアーニャという少女を養子に迎えた。
アーニャは推定4、5歳でイーデン校の就学年齢には満たなかったが、超難問のクロスワードを簡単に解いてみせたことから、ロイドは彼女を養子に決める。実はアーニャはテレパシー能力のある超能力者で、ロイドの心を読んでクロスワードを解いたに過ぎなかったのだが、ロイドはそのことを知らずアーニャが賢いと思い込んでいたのだ。
アーニャの能力のことを知らないまま、慣れない子育てに悪戦苦闘するロイド。そんな中、アーニャの悪戯のせいで〈黄昏〉の家が外務大臣の写真を狙っていた敵対組織に見つかってしまう。
一度はアーニャを見捨てて身を隠すことを考えたものの、幼い頃の無力な自分と重なってアーニャを放っておくことができなかったロイド。正体がバレるリスクを冒して敵対組織に単身乗り込み、見事アーニャの奪還に成功する。

イーデン校から出された条件に愕然とするロイドとアーニャ

そしてロイドの入手した入試問題を丸暗記したおかげで、アーニャはなんとかイーデン校の一次試験に合格する。
しかし二次審査の三者面談には母親の存在が必要不可欠ということを知り、ロイドは再び難題に頭を抱えるのだった。

ヨル・ブライアとの偽装結婚

アーニャは好奇心からロイドとヨルを夫婦にしようとする

二次審査のために母親役となる女性を探していたロイドは、たまたま入った服屋でヨル・ブライアという女性と出会う。ヨルは公務員として市役所で働く傍ら、裏で「いばら姫」というコードネームを使い殺し屋の仕事をしていた。
テレパシーでヨルの素性を知ったアーニャは、好奇心からヨルとロイドを引き合わせ、ヨルが母親役になるよう仕向ける。
ヨル自身もパーティーの恋人役を探していたという事情があり、利害の一致した2人はお互いに恋人役・妻役を演じ合うことに。

血まみれでパーティー会場に現れたロイド

しかしパーティーの当日、ロイドに密輸組織の壊滅という追加の任務が入ってしまう。なんとか任務を達成したロイドだが、パーティーの時間に遅刻してしまった。血まみれになりながらもヨルの待つ会場に辿り着いたロイドは、うっかり自分をヨルの夫と言ってしまう。
そしてヨルと共に帰路についたロイドだったが、そこに先程の密輸組織の残党が現れる。
戦闘の最中、今後もお互いの利益のために夫婦役を続けてくれないかと言われたロイドは、敵を殲滅しながらそれを快諾。
こうしてロイドとヨルは今後も偽装夫婦を続けていくことになった。

イーデン校入学試験を突破

イーデン校面接試験に臨むフォージャー家

ロイドはアーニャやヨルの理解不能な言動に振り回されつつも面接の練習を重ね、ついに本番当日を迎える。教員の厳しいチェックや動物の脱走というハプニングを潜り抜け、面接会場に辿り着いたフォージャー家。
しかし面接官の1人で先代校長の息子であるマードックに「今のママ(ヨル)と前のママ、どっちが高得点だ?」という意地悪な質問をされ、アーニャは泣き出してしまう。家族を傷つけられたロイドは思わずスパイとしての任務を忘れ、感情のまま机を殴りつけてしまった。
もちろん結果は不合格。落胆するロイドの前に面接官の1人だったヘンダーソンが現れ、アーニャの補欠合格を伝える。そして3日後、辞退者が出たことによりアーニャの合格が決定した。

特待生選出に向けて

ドノバン・デズモンドのいる懇親会に出席するには「皇帝の学徒」になるしかない

無事アーニャのイーデン校の入学が決まったものの、デズモンドのいる懇親会に出席するためには、アーニャが「皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)」と呼ばれる特待生になる必要がある。
特待生になるには「星(ステラ)」と呼ばれる褒章を8つ獲得する必要があり、逆に「雷(トニト)」と呼ばれる罰点を8つ与えられると即時退学になってしまう。
アーニャが特待生になるのは無理だと見切りをつけたロイドは、ドノバンの次男であるダミアン・デズモンドとアーニャを仲良くさせるプランBに移った。
しかしアーニャは入学初日にデズモンドを殴りつけ雷を貰ってしまう。プランBも前途多難という状況で、ロイドはアーニャに星を取らせるため、ボランティアをさせることにした。
病院へボランティアに行ったアーニャは、プールで溺れている少年の心の声をキャッチし、少年を助け出すことに成功。人命救助の功績を評価され、アーニャは星を1つ獲得する。

ボンドがフォージャー家に加わる

okayuko
okayuko
@okayuko

Related Articles関連記事

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は、遠藤達哉によるアクションコメディ漫画。『少年ジャンプ+』にて連載中。スパイアクションとホームドラマの融合によるコメディという異色作で、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。物語はスパイの男が与えられた任務を成功させるための行動が主軸になっており、家族の平穏から世界平和まで守る姿が描かれている。

Read Article

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー(旧姓:ブライア)とは『SPY×FAMILY』の登場人物で、バーリント市役所に努める女性事務員。裏の顔は〈いばら姫〉というコードネームの暗殺者で、「店長」という人物から指令を受けて東国に害成す売国奴を暗殺する。非常に高い戦闘能力を持つが浮世離れした性格で、嘘をついたり人と話を合わせたりするのが苦手。利害の一致からロイド・フォージャーと偽装結婚することになり、アーニャの義母となった。自分の正体を隠しながら、慣れない子育てに奮闘していく。

Read Article

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャーとは『SPY×FAMILY』の登場人物で、ロイド・フォージャーの養女。ある組織の実験によって生み出された超能力者で、人の心を読むことができる。ロイドの正体が西国の凄腕スパイ〈黄昏〉であると知った上で、好奇心から彼の養子となり任務の遂行のために名門イーデン校に入学する。天真爛漫な性格で、突飛な行動からロイドを度々振り回す。スパイの父と殺し屋の母がいるフォージャー家の日々を気に入っており、この偽装家族を維持するために奮闘する。

Read Article

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャーとは遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』に登場する大型犬でフォージャー家のペット。かつての東国旧政権下で行われた動物実験プロジェクト〈アップル〉によって未来予知能力を得た。政権崩壊によって実験が頓挫した後、排外主義の学生グループの手に渡り外相暗殺計画に利用されそうになっていたが、アーニャと出会いテログループのアジトを脱出。予知能力を活かしてアーニャと共にテロ計画を阻止した後、フォージャー家に引き取られ「ボンド」という名前を付けられた。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

ヴィンランド・サガ(VINLAND SAGA)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴィンランド・サガ』とは、幸村誠による漫画。講談社発刊・月刊アフタヌーンにて連載された。主な舞台は11世紀初頭の北欧。主人公のトルフィンは、幼い頃に父・トールズをヴァイキングに殺され、復讐を果たすために戦士となる。やがてその道程での心の成長と共に、平和な場所『ヴィンランド』を求める旅へ。戦乱や紛争、暴力や罪、愛の中を生き抜く人間たちを描いたアクション・ヒューマンドラマ。

Read Article

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説・考察まとめ

『東のエデン』とは、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説・考察まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ・Joker Game)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

風が強く吹いている(風つよ)のネタバレ解説・考察まとめ

『風が強く吹いている』とは箱根駅伝を舞台にした、三浦しおんによる青春小説。2006年9月に刊行され、2007年に漫画化・ラジオドラマ化、2009年1月に舞台化、同年10月に実写映画化する。また、2018年にテレビアニメ化された。元天才ランナーの大学1年生蔵原走(カケル)は、万引きの逃走のために夜道を軽快に走っていた。その走りに魅了された同じ大学の4年生清瀬灰二(ハイジ)は自転車で並走しながら「走るの好きか」と聞く。ハイジによる寄せ集め10人の大学生たちが箱根駅伝を目指して走る物語。

Read Article

【SPY×FAMILY】スパイファミリーのみんなの感想・考察まとめ ※ネタバレ注意

赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女がフォージャー家という仮初の家族を築いていくホームコメディ『SPY×FAMILY』。ジャンプ+で絶賛連載中のスパイファミリーについて、みんなの感想・考察をまとめてみました。新キャラも続々登場して今後の展開から目が離せません!!※ネタバレ注意

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の凄すぎる伏線・小ネタ・裏設定

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

恋は雨上がりのように(第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはひょんな事から、厨房で働く加瀬に近藤への思いを知られてしまう。加瀬は近藤への気持ちを秘密にしておく代わりに、デートを要求してくる。 「恋は雨上がりのように」第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第1話『雨音(あまおと)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。17歳の女子高生・橘あきらは部活動をする生徒たちを尻目にバイトに向かう。あきらはバイト先の店長である近藤正己に特別な視線を送っていた。 「恋は雨上がりのように」第1話『雨音(あまおと)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第7話『迅雨(じんう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらは近藤が図書館の帰りに元気がなかったことを思い出し、メールで連絡を取ろうとしていた。しかし話を切り出せず、近藤が借りて返った本の話をしてしまう。しかし、それは近藤が触れられたくないものだった。 「恋は雨上がりのように」第7話『迅雨(じんう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第2話『青葉雨(あおばあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはアキレス腱のケガがあるにも関わらず、客が忘れた携帯を走って届けた。無事に届けることができたが、店の前で座り込んでしまう。近藤は慌てて病院へあきらを連れて行く。 「恋は雨上がりのように」第2話『青葉雨(あおばあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents