家政婦のミタ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家政婦のミタ』とは、2011年10月から12月まで日本テレビ系で放送された、訳ありな過去を持つ完璧な家政婦を題材としたテレビドラマ。タイトルの由来は市原悦子主演で有名な『家政婦は見た!』のパロディ。頼まれたことは何でもやるが、常に無表情でミステリアスな家政婦・三田 灯が、一家離散の危機にある阿須田家に派遣される。命令されれば犯罪行為でもやってしまう三田だが、その行動によって家族は絆を取り戻していくというストーリー。最終回は40.0%を記録した。

『家政婦のミタ』の概要

『家政婦のミタ』とは、2011年10月から12月まで日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送された、訳ありな過去を持つ完璧な家政婦を題材としたホームドラマ。主演は松嶋菜々子。タイトルの由来は市原悦子主演で有名な『家政婦は見た!』のパロディである。
母親が死亡して以来家庭崩壊寸前だった阿須田家に、三田灯(みたあかり)という名の家政婦が派遣されてきた。仕事は全て完璧にこなすが、常に無表情かつ機械的で、さらに命令されれば犯罪行為も平然と行う三田に振り回される阿須田家の人々。しかし三田の一見突飛な数々の行動の裏には、実は愛情や思いやりが秘められており、バラバラだった家族は次第に絆を取り戻す。阿須田家は三田に信頼を置くようになり、三田に本当の家族の一員となって心を開いてくれるように望む。しかし彼女は、その申し出を素直に受け入れることのできない壮絶な過去と大きな心の傷を抱えており、曲折の果てに出ていく決意をした三田。そんな心を捨てた冷徹でミステリアスな家政婦の三田と、阿須田家の家庭再生を描いたストーリーである。
最終回は視聴率40.0%を記録し、主演の松嶋菜々子や父親役の長谷川博己の代表作となった。また、子役の本田望結や中川大志もブレイクし、本作後はテレビなどの出演オファーが殺到した。本作の高視聴率により、職場や学校などで「承知しました」「それは業務命令でしょうか」「それはあなたが決めることです」など主人公の決まり文句が流行した。
第71回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞したほか、プロデューサーがエランドール賞を受賞するなどの高評価を得た。また、テレビ朝日では松岡昌宏主演のパロディ『家政夫のミタゾノ』が放映されている。

『家政婦のミタ』のあらすじ・ストーリー

家政婦のミタの登場

阿須田家に現れた三田。

阿須田家は母・凪子(なぎこ)を亡くし、家の中は荒れ果てて残された家族はケンカばかりという状況になっていた。そこへ家政婦として派遣された三田灯(みたあかり)は、ロボットのように無表情であるが、頼まれた仕事は何でも完璧にこなすスーパー家政婦だった。1日で全ての部屋を掃除し、食事の準備も完璧、二女・希衣(きい)の幼稚園の送り迎えもし、二男・海斗(かいと)の解けない算数の難問も即答するという有能ぶりである。凪子の妹・うららは、母を失った阿須田家を心配してたびたび訪問しているが、トラブルメーカーのため阿須田家からは煙たがられていた。ある日、うららが希衣の誕生会をしようと提案したところ、希衣は「プレゼントはお母さんがいい」と言い出してきかなくなり、うららはお母さんに会わせてあげるとできもしない約束をしてしまう。
一方、父である恵一(けいいち)は、凪子が自分のせいで死んでしまったとして自分を嫌っている凪子とうららの父の義之(よしゆき)に会うのを避けたいため、三田にお願いしてうららの様子を確認してもらう。三田に事情を聞いた義之は直接会いに来ない恵一に激怒する。そしてうららからは「良い考えがあるから大丈夫だ」という答えが帰ってきた。
希衣は幼稚園の友達から、「死んだ人に会うには自分が死ぬしかない」と言われたため、三田に「一緒にお母さんに会いに行って欲しい」とお願いする。すると三田は「承知しました」と答え、希衣とともに凪子が溺れた川に一緒に入って行く。その光景を偶然通りがかった阿須田家の長男翔(かける)に見つかって慌てて止められた。希衣は「石を拾ってただけだ」とごまかすのであった。翔は三田は怪しいと訴えるが、長女の結(ゆい)と海斗は全く相手にしなかった。
そして希衣の誕生日の日。うららは凪子と同じ服を着て同じ料理を作って振舞おうとするが失敗し、希衣は「お母さんに会いたい」と大泣きしたため、慌てて帰ってしまう。駄々をこね続ける希衣に耐えきれなくなった結は、会いたいのは自分も同じだと気持ちを爆発させ、三田に凪子の遺品の処分をお願いする。三田は命令通り凪子の遺品を窓から庭に投げ捨て始め、火をつけて燃やす。びっくりした翔は必死に止めようとするが、恵一はただ茫然とその様子を眺めているだけだった。
そんな混乱の中で、結は長女なのに長女らしい事が何もできないという悩みを抱えている。翔は凪子にもっとやさしく接しておけばよかったという後悔をしている。海斗は勉強を頑張っても喜んでくれる凪子がいなくなった事の寂しさがある。そんな心の内をそれぞれ打ち明ける。そして、希衣が凪子に会いたいと言い続けていたのは、怒られた時に「死んじゃえ」と言ってしまって自分のせいで凪子が死んだと思いこんでいたからだったことがわかった。
こうして悩みを打ち明けて少し距離が近くなった阿須田家は、うららが買ってきていたケーキをみんなで囲み、誕生会を仕切り直す。三田はみんなに肉じゃがをふるまい、その味が凪子の味とそっくりだったため、みんなは嬉しそうに食べた。そして恵一は帰宅する三田を見送っていた時、「凪子は事故じゃなくて自殺したのだ」と打ち明ける。しかし、それに動じる事なく三田は帰って行くのであった。

凪子の自殺の秘密

海斗をいじめる古田。

恵一は同じ会社に勤める風間美枝(かざまみえ)と不倫をしていて、別れてほしいと離婚届を渡した翌日、凪子は「捨てられるなら死にます」という手紙を残して自殺していたのだった。凪子が自殺だったと三田に暴露してしまった恵一だったが、子供達には秘密にして欲しいと三田にお願いする。
海斗のクラスでは、リーダー格の古田が標的を決めていじめをしているが、担任はいじめはないと見て見ぬふりをしていて雰囲気が最悪な状態だった。古田からカンニングを強要されていて、さらに万引きまでさせられそうになったため、海斗は三田に「古田をこらしめて欲しい」とお願いする。すると、三田は古田をボコボコに殴ってしまい、恵一は学校に呼び出されて担任から厳しく注意されてしまう。子供たちは三田の事を怖ろしいと感じ始め、恵一は家政婦を変えて欲しいと紹介所にお願いしに行った。
一方、事情を聞いたうららは、「教師としてどうにかする!」と海斗のクラスに勝手にあがりこむ。そしてみんなにいじめをなくそうと訴えるが、全く相手にされない。逆に「家政婦の次は叔母が出てきた」と海斗は古田たちから非難され、靴を泥だらけにされてしまう。こうして海斗は学校に行かずに塾だけ通おうと決意するが、古田が塾にまで姿を現して呼び出しをかけられたため、三田に「古田を殺して欲しい」とお願いする。
そして三田が古田のところへ向かった後、事の重大さに気付いた海斗は慌てて三田を追いかけていき、古田を締め殺そうとしてる三田を止める。どうすればいいかわからなくなった海斗は三田に自分はどうすれば良いかを問いかけるが、「それはあなたが決める事です」と答えが返ってくる。海斗は意を決して古田に飛びかかり、取っ組み合いのけんかの末、古田は諦めて帰って行った。
三田がケガだらけになった海斗を看病し、「よくできたと思う」と伝えたところ、海斗は大泣きした。
家政婦を交代させようとしていた恵一に対し、海斗は「悪いのは全部自分なのだから、三田をやめさせないで欲しい」と必死に恵一に訴える。三田に懐いていた希衣も、同じように「やめさせないで欲しい」とお願いする。とそこへ、うららとその父・義之が訪ねてくる。「トラブルを起こす家政婦なんてやめさせろ」と義之は強い口調で言い放つが、恵一は「辞めさせない」とはっきりと答え、「何かあったら全て自分の責任だ」と言いきる。義之は「父親の資格がない」という言葉を残し、うららとともに帰って行った。
翌朝、学校に行こうとした海斗が靴箱を見たところ、泥だらけにされてしまった靴が、新品同然に綺麗になっているのを見て驚く。その靴を履いて海斗は学校に向かい、そんな海斗を三田は見送った。
恵一は「凪子からの手紙と離婚届を燃やして欲しい」と三田にお願いし、子供達には真実は告げない事にしたと話す。三田が燃やそうとしたところ、出掛けたはずの結が姿を現し、「恵一にどういう事なのか教えて欲しい」と迫った。

バラバラになる家族

遊園地で三田を見つめる翔(左)、希衣(中)、海斗(右)。

恵一は結に、「1年前、好きな人ができ、お母さんに別れてくれないかと頼んだら次の日鞄の中に手紙が入っていた」と正直に話す。結は「お父さんのせいで自殺した!私たちを捨てようとした!私たちより不倫相手をとった!」とかなりショックを受け、父に敵意をむき出しにする。恵一は会社にいても、結や家族の事が気になるが結局飲みに行く。
阿須田家では食べたかったハンバーグが食卓にあがったり、猫舌の翔に温い汁物が出てきたり、さらに折り紙も折れるということで三田の株は急上昇している。三田の個人情報が気になる子供たちであったが、プライベートなことは教えてもらえないのであった。
三田の派遣元である晴海家政婦紹介所に翔、海斗、希衣の兄弟3人が押しかけ、三田の情報をあれこれ質問する。晴海は「色々あったみたい」としか教えない。そこに三田がやってくる。兄弟3人はその後をこっそり尾行すると、三田は遊園地を訪れ、2人分のフードを注文すると何も食べない。そして閉園までたたじっとその場で座っているだけであった。
一方、不倫相手の美枝に会いに恵一の会社を訪れた結は、美枝に母の手紙を見せ「お母さんが死んだのはあなたにも責任があるんですから!」と責める。そして恵一に無理やり家に連れ戻された結は、先輩と出かけてしまう。恵一は朝帰りした結を問い詰めるが、「自分こそ不倫しているくせに!」と逆ギレされてしまう。そして結は三田に、会社に行って恵一の不倫をバラすように命令してしまう。会社の前で「営業部課長の阿須田恵一は経理部 風間美枝と一年前から不倫していた。それが原因で妻は自殺子供たちには事故死だと嘘をついていた」と書いたチラシを配る三田。あわてて止めに入ったが恵一だが、結局プロジェクトから外されてしまう。
全てを知った子供たちは、恵一を責める。しかし恵一は、「もう疲れた…お母さん死んでから、なんとかしていい父親になろうとしたけどもう無理だ。俺には父親の資格もない無理だ。お母さんのこと本当に愛してたかも自信がない」という。恵一に殴りかかろうとする翔。子供たちは三田に「三田さんどうしたらいいの?」と聞くが、「それはあなたたちが決める事です」というそっけない答え。そして子供たちは家を出ていってしまう。
泣き崩れる恵一だが、「時間ですので失礼します」と表情を変えない三田。「なんなんですか?何があっても表情変えないし…命令されたらどんなむちゃくちゃな事でも平気でやっちゃうし、あなたには心ってものがないんですか?」と恵一が言うと、「ありません。そんなものどこかへなくしました」と言う返答が来るのみなのであった。

ベランダに腰掛ける希衣。

誘拐された希衣

家を出た結たち兄弟は、凪子の実家である結城家にしばらくお世話になる事にするが、うららや義之には事情を話さなかった。結や翔は恵一を許す事ができないと怒りを募らせていたが、海斗は「金銭的にも家に帰らざるを得ない」と言い出し、事情が飲みこめていない希衣は「家に帰りたい」と駄々をこねていた。
恵一はプロジェクトを外されて閑職に飛ばされ、さらに不倫相手の美枝にも付き合ってる人がいると言われてしまう。黙々と仕事を続ける三田に苛立ちをおぼえた恵一は、三田をクビにする。
みんなで一緒に暮らしたい希衣は、海斗とともに三田に会うために例の遊園地に向かうが、「もう関係ない人間になってしまったから何もできない」と断られる。希衣はうららにお金を借りて晴海に会いに行き、三田を雇いたいとお願いする。5時間だけ三田を雇う事ができた希衣は、三田と相談し、家族を仲直りさせるために自分自身を誘拐してもらうよう事にする。
三田から、希衣が「家族みんなで暮らせなければ死ぬ」と言ってる事を知らされ、結たちと恵一は希衣を探しまわるうちに合流する。子供たちに「家に帰ってきて欲しい」と恵一がお願いするが、結から「不倫相手の女性よりも自分達の事が大事なのか、一緒に暮らしたいのは本当なのか」と問いかけられると言葉に詰まって答える事ができない。そこに三田から希衣を預かっているという電話が入ったため、恵一の答えを聞けないままになってしまった。
三田の電話の内容から希衣が自宅にいると気付き慌てて駆けつけたところ、ベランダの手すりに腰掛けていた希衣はうっかり下に落ちてしまうが、下で三田が受け止めたため無事だった。恵一は無謀な事をして家族みんなに心配をかけた希衣を叩き厳しくしかる。希衣は大切にしていた家族にみたてた石のうち、恵一の石が無くなってしまった事に気付き、庭を必死に探す。一緒に探してくれている恵一に、「大好きだ」と気持ちを伝えるが、恵一は「希衣や結たちを好きかどうかわからない」と答える。みんなが呆然としていたところへ義之が現れ、恵一を厳しく非難。義之は勝手に結の荷物から凪子の遺書と離婚届を探しだしていて、全ての事実を知ってしまったのだ。怒った義之は恵一の首を絞めようとするが、うららや結が止めに入る。義之は結たちに「一緒に暮らそう」と声をかけるが、結はその申し出を断り、この家で暮らすから恵一に家を出ていって欲しいと話した。恵一は荷物をまとめて家を出て、三田に子供たちの面倒を見て欲しいとお願いする。
希衣を叩いてしまった事を後悔していた恵一だったが、三田は「父親なら叱って当然」と答え、希衣が探していた恵一の石を手渡した。

翔の暴走

命令されて服を脱ぎだす三田。

恵一を追いだし、子供たち4人と三田との生活が始まった。「誰の指示を優先すればいいか」という三田の問いかけに、翔は「長男だから自分だ」と言い出す。しかし、他の3人から賛同を得られず、みんなで話し合って意見を統一して三田に指示を出す事に決まる。隣人から自治会に出席するように言われ、さらに海斗の三者面談がある事がわかり、どうすればいいのか結たちはわからず混乱する。
家を出て行った恵一は、ビジネスホテルに泊まって暮らしていた。うららから呼び出されて「どうして子供たちに愛してると言わなかったのか」と聞かれたため、恵一は「心から愛してると言える自信がない」と答える。そこへ義之が現れ、「子供たちと縁を切って、結城家と養子縁組をしろ」と書類をつきつけられるが、恵一は何も言わずに逃げ去る。
不倫相手の美枝が電話に出てくれないため、恵一が家まで押し掛けてしまったところ、美枝から同じ会社の男性と付き合い始めた事を告げられる。
バスケ部のキャプテンをしている翔は、部員にきつく当たってしまった事からもめてしまい、部長をやめさせられる事になる。ヤケになってゲーセンで暴れた事から警察沙汰になったため、恵一が迎えに行くが、翔は「父親じゃない」と恵一に反発。帰宅後に結とも言い争いになってしまい、翔は誰も自分の気持ちをわかってくれないと怒りを募らせていった。
自暴自棄になった翔は、三田に服を脱ぐように命令するが、帰宅した結に止められる。さらに隣人から嫌みを言われて腹が立ったため、三田に「隣の家をめちゃめちゃにして欲しい」と指示する。そして三田は「気持ちがわかる」と答え、隣の家の壁に「家族を守りたい」とスプレーで大きく書く。隣人が警察に通報した事で恵一は自宅に呼び出される。警察から話し合いで解決を勧められるが、隣人は翔の態度が気にくわないと警察に補導するように騒ぎ立てる。すると恵一は、全ては自分の責任だから翔の事を許して欲しいと土下座し、落書きを消して元に戻す事で納得してもらった。
結は先輩の家に遊びに行っていたため不在だったが、残りの兄弟たちと恵一と三田で落書きを必死にこすって消した。家に戻って食事をしながら話をした結果、翔と恵一のわだかまりはなくなり、海斗の三者面談に恵一が出席する事になる。しかし、事情を全く知らない結が帰宅し、恵一を家の外に追い出してしまった。
翌日、学校に登校した翔はバスケ部の部員たちの前で土下座をし、もう一度一緒にバスケをやらせて欲しいとお願いして和解するのであった。

自暴自棄になった結

包丁を向けられても怯まない三田。

義之から養子になるよう言われ、翔たちは「恵一がどう考えてるか確かめよう」と言い出すが、結は反対する。どうにかしようと思ったうららは、結を結城家に呼び、義之と話し合いの場をセッティングする。しかし、義之が結たちの気持ちも確認せずに養子縁組を強く迫ったため、結は反発して話はまとまらない。翔たちは結に内緒で、三田に「恵一の気持ちを確かめてきて欲しい」とお願いする。三田から翔たちの伝言を聞いた恵一は、どうしていいかわからなくなり、「何も答えなくていい」と答える。その事情を聞いた結は、恵一が何も答えなかった事に怒りを覚える。追い詰められた結は、彼氏の拓也とともに家出をする約束をするが、待ち合わせ場所に拓也は現れず、連絡も全く取れない。そこで写真部部室に向かったところ、拓也は女生徒に結の悪口を言っている場に出くわし、その女生徒を自宅に誘おうとしているところを目撃してしまう。恵一にも拓也にも捨てられて絶望した結は、橋の上から川に飛び込もうとするが、すんでのところでうららに止められる。結は自宅に戻り、うららは結を探しまわっている恵一や翔たちのところへ向かった。
結は三田に「殺して欲しい」と頼み、「やめてといっても続けて欲しい」とお願いする。三田は「承知しました」と答え、包丁を手に結に何度も切りかかろうとする。怖くなり隙をついて包丁を奪った結だったが、三田は包丁を向けられても全く動じない。結から「なぜ怖くないの」と聞かれた三田は、「過去に死のうとした事があったが、晴海からまだ生きる価値があるのだと言われた」と話す。そこへ恵一たちが帰宅したため、結は自分に包丁を向ける。三田から「死んだら悲しんでくれる家族がいることを本当はわかってるのではないか」と諭され、恵一からも「凪子が必死になって産んだ結は阿須田家に結が必要だ」と言われ、結は包丁をおろした。結は恵一に養子縁組の話を断って、「自分達を愛してるという証明をして欲しい」と話す。恵一が泊まってたホテルをチェックアウトしようとしていた時、不倫相手だった美枝から「助けて欲しい」と連絡がはいる。

家族の再結成

幼稚園に爆破予告電話をかけてしまった三田。

三田の事情を知りたい結たちは、晴海に「事情を教えて欲しい」と事務所に押し掛けるが教えてもらえず、三田からも「個人的な話はこれ以上するつもりはない」と断られてしまう。
幼稚園のお遊戯会で主役をする事になった希衣が、恵一に「見に来てほしい」と言い出したため、「お遊戯会に来て愛してる事を証明して欲しい」と恵一への伝言を三田に頼む。三田は恵一が「お遊戯会に行って愛してると証明すると言っていた」と話すが、結たちは自信がありすぎる恵一の言葉を怪しんだため問い詰めると、三田は実は「とりあえずそう言っておいて欲しい」という事だった事を伝える。恵一は、どうやったら愛情を証明できるかわからずに悩み、お遊戯会に行く自信がないのだった。
三田の作ったドレスを来た希衣は大喜びし、結たちを巻き込んでお遊戯会の練習をする。結は拓也に会いに行き、「嫌な現実から目を背けたいだけだった、これからは逃げずに強くなりたい」と別れを告げる。そしてうららには助けてくれた事についてお礼を言い、義之に「謝っておいて欲しい」と話した。
恵一は美枝に会社の同僚名取に遊ばれた事実を相談される。婚約者がいながら元不倫相手を弄んだ名取を殴ってしまい、会社をクビになってしまう。どうすればいいかわからず途方に暮れ、さらに希衣から預かっていた石も失くしてしまい、恵一は三田に「お遊戯会を中止にして欲しい」とお願いする。
翌朝、恵一は慌てて三田に電話して「なかった事にして欲しい」と話すが、すでに遅かった。恵一が幼稚園に駆けつけると、「お遊戯会を中止にしないと爆破する」という電話があったため、警察沙汰になっていた。経緯を説明した恵一は警察署でお説教される事になり、お遊戯会を見る事ができなくなった。
凪子ではなく自分が死ぬべきだったのだと恵一は川に入って行くが、そこへ子供たちが駆けつける。三田から、会社をクビになり、希衣から預かった石も失くし、愛情を証明する自信もないと泣いていた事を聞いていたからだった。警察沙汰になった事で希衣は主役を降ろされてしまったため、「希衣のお遊戯会で演じるはずだったものを見て欲しい」と言われ、恵一は家に戻る事にする。希衣、結、翔、海斗の演技を見ていた恵一は、泣き崩れてしまう。お遊戯会を凪子にに見せられないことへの悔しさと、凪子をもっと愛してあげればよかったという後悔の気持からだった。「俺をお前たちの父親にしてくれ!」と土下座する恵一。そばで見ていた三田は、希衣から預かった石を恵一に渡す。会社のゴミ置き場からわざわざ探し出してくれていたのだった。恵一は石を希衣の箱に入れ、全員で父親復活の記念写真を撮る。
恵一は会社をやめて実家に帰ろうとしていた美枝に会いに行き、子供たちに「お父さん」と呼ばれる事が自分の幸せだという事に気付いたと、思いを伝えお別れする。恵一と結は結城家に出向き、義之に養子の話を断り、恵一は父親として頑張って行く決意を語る。義之は「好きにすればいい」と、機嫌が悪くなってしまった。結たちは三田を例の遊園地へ誘い、家族の事について聞き出そうとするが、三田は何も答えようとしないのであった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

リング2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リング2』とは1992年に公開された日本のホラー映画。前の年の劇場版『リング』の続編であり、映画版オリジナルストーリー。『リング』の正規の続編として『らせん』があるが、本作はもう一つの続編として異なる展開を見せるパラレルワールドとして描かれている。前作『リング』のホラー感を継承し、より恐怖を感じさせる映像が増した。亡くなった恋人、高山竜司の死の謎を解く、高野舞。未だ続く「呪いのビデオ」の呪縛。犠牲者が増える一方で、浅川玲子の遺児・陽一を守り奮闘する。貞子の呪いから逃れることはできるのか。

Read Article

リング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リングとは1998年より作家鈴木光司が出版した小説を映像化した映画作品。この作品はジャパニーズホラーのブームの火付け役となった。主演は松嶋菜々子、真田広之。主人公・浅川玲子が元夫の高山竜司と共に「一度見たら死ぬ」という呪いのビデオを見てしまう。二人は呪いから逃れるために呪いのビデオの謎に迫る。

Read Article

らせん(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『らせん』とは1998年に公開された日本のホラー映画。原作は鈴木光司の同名小説。前作にあたる『リング』の続編として同時上映された作品である。監督と脚本は1995年の単発ドラマ版『リング』の脚本を担当した飯田譲治。「呪いのビデオ」に科学的視点からその謎に迫る。前作のオカルトホラーから雰囲気を変え、原作を忠実に再現したSFサスペンス要素の強い作品になっている。解剖室に送られてきたかつての友人高山竜司の遺体。残された暗号。安藤は第一発見者高野舞とともにその謎に挑む。

Read Article

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『箱入り息子の恋』とは、2013年公開の日本の恋愛映画。この物語の主人公、天雫(あまのしずく)健太郎、35歳は市役所勤務で性格は内気。そして、彼女いない歴=年齢という持ち主。結婚願望がない健太郎を見て、心配した両親は代理見合いに出席する。代理見合いをきっかけに健太郎は奈穂子と出会うが、奈穂子は目が見えなかった。健太郎との恋愛を反対する奈穂子の父と、立ちはだかる障害という壁。もどかしい恋と2人の純粋な気持ちに胸を打たれた人が続出。日本映画監督協会新人賞を受賞した市井昌秀が送る感動のラブストーリー。

Read Article

ダメな私に恋してください(ダメ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダメな私に恋してください」とは、中原アヤによる日本の漫画作品。集英社「YOU」にて掲載された。単行本全10巻。29歳独身、無職で貢ぎ体質の柴田ミチコが大嫌いだった元上司・黒沢歩の力を借りて人生をリセットする物語。 2016年1月に日本テレビにて、深田恭子主演でテレビドラマ化された。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

BankBandのカバーした曲とそのオリジナル曲のまとめ

Mr.children桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史が中心となって結成されたバンド・BankBand。 主催しているフェスやCDなどで数々の名曲をカバーして、そのたびに話題になっています。 そこで今回はBankBandのカバー曲とオリジナル曲を一緒にまとめました。 カバーとオリジナルの違いをぜひ比べてみてください。

Read Article

目次 - Contents