スパイダーマン(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

ピーターと握手をするノーマン(スーツの男性)

ピーターが様々な能力を手にしたのと同じ頃、精神的に追い込まれ“怪物”になろうとしている者がいた。

ノーマン・オズボーンは軍事企業オズコープ社の社長でありハリーの父親でもある。ノーマンはハリーのことをとても大切に思っていたが、愛するがあまり世話を焼きすぎたり、優秀であるよう求めすぎたりしてしまう時があり、ハリーは時折それを重く感じていた。それでもハリーはノーマンを尊敬する心は忘れなかった。ピーターとノーマンは、コロンビア大学での校外学習の時に初めて会った(ノーマンはハリーを車で送るためについてきていた)。ノーマンが「君は高校の科学の成績が抜群だといつも聞いているよ」と話すと「あなたの論文はすべて読みました。素晴らしいと思います。読んだあとレポートも書きました」とピーターが答えたので、ノーマンは非常に驚き同時にピーターのことを好意的に感じていた。

ある日、ノーマンとオズコープ社研究員のストローム博士は、スローカム将軍を始めとする軍関係者向けにフライトスーツとグライダーの説明をしていた。スローカム将軍が知りたかったのは、人体パワー増強実験についてだった。
ストローム博士が増強実験の進捗について話す中、ネズミに対する実験で1例だけ副作用反応があったという点にスローカム将軍は引っかかっていた。
軍に採用してもらおうと一生懸命だったノーマンはあれは例外だとフォローしたが、スローカム将軍に副作用についてのさらなる説明を求められたストローム博士が「凶暴になり、攻撃的になり、錯乱状態になりました」と話すと、スローカム将軍の表情は曇った。ノーマンが「ストローム博士以外は皆、人体実験に既に賛成しているんです」とフォローをしたので、スローカム将軍がもう一度ストローム博士に意見を求めると「実験をいちから見直すべきかと」とストローム博士は率直に答えた。

もともとスローカム将軍はノーマンがやっている人体パワー増強実験やフライトスーツ、グライダーを支持してはおらず(前任者が計画したものを引き継いだだけ)、オズコープ社より、競合相手であるクエスト社のスペーススーツを支持していた。そういった経緯からスローカム将軍は「2週間後のクエスト社のスペーススーツの実験までに君のパワー増強薬の人体実験が成功しなければ、ここの研究資金は全てクエスト社にまわす」と言って去っていった。
スローカム将軍は一応2週間という猶予を与えてはくれたものの、ノーマンは焦りの表情を隠すことは出来なかった。

フォローをするノーマン(手前左からスローカム将軍、ストローム博士、ノーマン)

2週間という期限に焦るノーマン

その日の夜、ノーマンとストローム博士はオズコープ社の研究室にいた。焦ったノーマンが自ら実験台となってパワー増強薬を試そうとするのに対し「人体実験はまだ危険です。やるにしても、医療スタッフも揃えてからやりましょう」とストローム博士が強く止めていた。しかしノーマンは「科学にはリスクが付きものだ。2週間でこの計画も会社も潰れてしまう」と言って聞かなかった。ストローム博士はもう従うしか無かった。

ノーマンは、パワー増強薬の効き目が早くなるプロクロルペラジンを一気に飲み干し、実験台の上に寝転んでガラス張りの実験ケースの中へ入っていった。ストローム博士はノーマンが促すような目で1回うなずいたのを確認し、不安そうな表情でボタンを押した。
緑色のパワー増強薬をガス状にしたものが実験ケースの中に立ち込めると、パソコン画面に示されたノーマンの心拍数値が徐々に上がっていき、実験台にくくりつけられたノーマンが白目になって激しく痙攣し始めた。ストローム博士がガスを放出させた頃にはノーマンの心拍数値は完全に0になってしまっていた。
ストローム博士は急いで実験ケースの中に入りノーマンを蘇生させようと胸を何回も押した。すると突然心拍が戻り、ノーマンが憎悪に満ちた表情でストローム博士の首元をつかんで「いちから見直せだって?」と言い思い切り投げ飛ばした。そして実験ケースのガラスを突き破ってパソコンラックの上に激しく落ちていったストローム博士に、ノーマンは恐ろしい表情で飛びかかった。

ノーマンは焦りから自ら人体実験に踏み切ったが、結果的に凶暴性・攻撃性といった副作用の面が強く現れてしまったのだった。

自ら人体実験に挑んだノーマンを、実験ケースの外から見守るストローム博士

ノーマンは恐ろしい表情でストローム博士の首元をつかんで投げ飛ばした

翌朝、ハリーが学校へと家を出ようとしていると、ノーマンが部屋の床で倒れていた。慌ててハリーが駆け寄りソファーの方へと抱き上げるとノーマンはよろよろとした状態で、なぜ家の床で寝ていたのかや昨夜何をしていたかも全く覚えていない様子だった。そこへ、ノーマンの部下の女性がかなり慌てた様子でやってきて「オズボーン様!ストローム博士が亡くなりました。今朝研究室で遺体が…殺されたんです。フライトスーツとグライダーも…盗まれました」とノーマンに報告した。
何も覚えていないノーマンはただただ唖然として報告を聞くことしか出来なかった。

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」

ピーターが考えたレスリング用の派手なコスチューム

ピーターは、フラッシュのように自分も車を手に入れればMJに振り向いてもらえるかもと考え新聞の車の広告を調べた。しかし高い車ばかりだったのでピーターが諦めかけていると、新聞の片隅に“アマチュアレスラー募集”と書かれた広告があるのが目に入った。派手なキャラクターという指定があり、リングに3分間いられたら賞金3000ドル(約33万円)がもらえるというものだった。ピーターは自分が得た能力を利用してレスリングでお金を稼ごうと、まず派手なキャラクターの案をいくつか考えた。何度もデザインを書き直してようやく決まったのは、自分がかまれたクモと同じ赤と青が基調で、胸元に大きなクモのシンボルがついたキャラクターだった。

次の日、ピーターは早速レスリングに向け糸を正確な位置に飛ばす練習をし始めた。自分の部屋の中で何度も失敗しながら練習していたので、その大きな物音を聞いてメイおばさんは何事かと心配していた。ベンおじさんもピーターを心配し「悩みがあるけど打ち明けられないのか、それをわしが聞かないのがいけないのか…」とメイおばさんにぼやいていた。そこへピーターが「図書館に行ってくるよ」と2階から降りてきたので、ベンおじさんは少しでも話をしようと「送っていくよ」と申し出た。

図書館に着くとピーターがすぐにドアを開けて出ていこうとしたので、ベンおじさんは少し話がしたいと切り出した。ピーターは、本当はレスリング会場に応募に行こうと急いでいたため、少し煩わしそうだった。「手伝いもせず、部屋で実験のようなことをし、学校ではフラッシュとケンカし…最近話が出来ていないからお前が何を考えているか分からないんだ」とベンおじさんが話すと、ピーターはすかさず「フラッシュとのケンカは僕からやったんじゃない」と言った。
ベンおじさんはまっすぐピーターを見つめたまま「フラッシュとのケンカは彼のせいかもしれん。だが勝てる力がお前にあるからといって、やっていいとはいえん。忘れちゃいけない、大いなる力には大いなる責任が伴うんだ」と諭した。しかしピーターは説教はやめてほしいと突っぱねた。「説教するつもりだったんじゃないよ。俺は父親じゃないんだ」とベンおじさんが答えると、ピーターは「じゃあ父親ぶらないでよ!」と言う。

ベンおじさんは一瞬言葉に詰まったあと「10時に迎えに来る」とだけ言って去っていった。

レスリング会場に入ったピーター

ピーターは、ベンおじさんの車が角を曲がっていったのを確認してから、図書館ではなくレスリング会場の方へ足を向けた。

会場内は非常ににぎわっていて、ボーン・ソー・マッグローというレスラーが勝ち残り戦を制していた。ピーターは何人もの応募者の列に並んで待っていると、ついにボーン・ソーと戦う順番がまわってきた。
リングアナに対し名前を「クモ人間(Human Spider)」と紹介してくれるよう頼んだピーターだったが、あまり観客受けしそうな名前ではなかったのでリングアナが機転を利かせ「驚異のスパイダーマンです!(The Amazing Spiderman!)」と会場に向けて叫んだ。ピーターがスパイダーマンとして登場すると会場からはブーイングが起こった。ピーターの用意したコスチュームはあまり強そうではなかったことと、勝ち残っているボーン・ソーは既に英雄的な存在だったからである。しかしピーターはあらゆるところにくっつくことができる能力を活かしてボーン・ソーの攻撃を避け、ボーン・ソーに勝つことが出来た。

試合のあとピーターが事務所に賞金を貰いに行くと、ボーン・ソーに勝ったにもかかわらず、プロモーターは100ドル(約10000円)しかくれなかった。広告と違うとピーターが抗議すると「“3分間”リングに居られたらだ。お前は2分で勝った。100ドルだけでも感謝しろ」とプロモーターは話した。ピーターは「お金がいるんだ!」と怒ったが、プロモーターは「俺には関係ねえ話だろ」と吐き捨てた。

3000ドルはもう諦めてピーターが事務所のドアから出て帰ろうとすると、小太りの男性とすれ違った。その男性はデニス・キャラディンという強盗犯で、事務所のお金を奪おうとやってきたのだった。事務所の方で大声がするのに気づきピーターが振り返ると、先程すれ違ったデニスが大金が入った袋を持って自分の方向に走ってきているのが見えた。プロモーターは「泥棒だ!そいつを逃がすな!」と叫んだが、ピーターは腹いせに何もせず、デニスが逃げるのを見るだけにした。デニスがエレベーターに乗って行ってしまったあと、プロモーターが「捕まえられただろ?お陰で金を盗まれてしまったじゃないか」と話したので、ピーターは「僕には関係ない話だね」と言い捨てた。

強盗に入ったデニス

ピーターが会場の外へ出ると道路に人だかりが出来ていた。何事かと人だかりの中へ入っていくと、ベンおじさんが銃で撃たれていた。ピーターの「どうして…?」という問いに対し、警察官の一人が「車泥棒に撃たれたの」と答えた。ベンおじさんはピーターの声に反応し涙ぐんだ目で「ピーター」と言ったが、その後すぐに息絶えてしまった。ピーターは大粒の涙を流して亡くなったベンおじさんの死を悲しんだ。
その時、ピーターの背後にいた警察官が「犯人は5番街を南下中」と無線で報告していたので、それを聞いたピーターは仇をとろうとすぐに動き出した。
ピーターは走りながら服の中に着ていたスパイダーマンのスーツだけの姿になり、街中のビルを縦横無尽に這っていった。最初はおぼつかない手つきだったが徐々に糸を使ってビルからビルへすばやく移れるようになり、ついに犯人が乗っているベンおじさんの車に追いついてビルの一角まで追い込むことが出来た。
ピーターが戦いながら犯人を窓際まで追い込むと「やめてくれ、チャンスをくれ、頼む!」と犯人が命乞いをした。それに対しピーターは怒りに満ちた表情で「僕のおじさんにはチャンスをあげたのか!どうなんだ!」と言って犯人の首を掴んだ。
その瞬間外の光に照らされて浮かび上がったのは、先程ピーターがレスリング会場で敢えて逃した強盗犯デニスだった。驚いて一瞬何も反応が出来なくなったピーターだったがすぐにデニスに立ち向かい、デニスはピーターに攻撃されたはずみで転んで窓を突き破り転落死した。
デニスを敢えて逃した自分の行動で、結果的にベンおじさんは事件に巻き込まれてしまったんだと、ピーターは深く悲しんだ。そして家に帰り、メイおばさんと共にベンおじさんの死を悼んだ。

撃たれて倒れているベンおじさんに駆け寄るピーター

ピーターが敢えて逃した現金強盗犯が、ベンおじさんの車を盗んだのだった

その後、ピーターはベンおじさんの死を乗り越え無事高校の卒業式を迎えた。また卒業後はピーターとハリーが住むニューヨークの家をノーマンが用意してくれることになった。それくらいノーマンは、ピーターをハリーの兄弟同然に親身に思っていた。一方ハリーは、卒業式の時にフラッシュと別れ話をしていたMJを見かけて気になっていた。

卒業式が終わって自宅に帰ったピーターは、部屋でずっとベンおじさんとのことを思い出して涙を流していた。心配したメイおばさんがピーターの部屋に来ると、ピーターは「今日ベンおじさんに見てて欲しかったな。僕は最後にベンおじさんにひどい言葉を言ってしまったんだ」と打ち明けた。するとメイおばさんは「きっと見ててくれてたと思うわ。あなたはベンおじさんを愛していた。ベンおじさんもあなたを愛していたし、あなたが立派な人になると信じていたわ。その期待に応えて」と言って励ました。
励まされたピーターは、最後にベンおじさんの「大いなる力には大いなる責任が伴う」という言葉を胸に、スパイダーマンの能力を、正義のため、人のために使える立派な人になろうと決意したのだった。

ニューヨークへ移ったピーター

スパイダーマンとして・スパイダーマンのカメラマンとしてのピーターの生活

新聞社デイリー・ビューグル社長J・ジョナ・ジェイムソン(口ひげの男性)と会ったピーター

ニューヨークでの生活を開始したピーターは『親愛なる隣人・スパイダーマン』として人助けをする毎日を送っていた。そのため遅刻が多く、働き口を見つけてもすぐにクビになってしまっていた。

スパイダーマンの正体はまだ誰にも知られていなかったので、新聞や街の人は「スパイダーマンは一体何者なのか」と様々な噂や憶測を口にした。
新聞社デイリー・ビューグルの社長J・ジョナ・ジェイムソンは「助けているのになぜ顔を隠す?きっとこいつは犯罪者だ」とか「わざと事故を起こして自分で助けたんだ」と言い、スパイダーマンにあまり好意的ではなかった。しかしスパイダーマンの記事が1面に載った新聞が売り切れになり4回増刷されたことを知ると、スパイダーマンの情報を載せようとした。部下のジョセフ・ロビー・ロバートソンが「記事を載せるにもスパイダーマンのまともな写真がないんです」と報告するとJ・ジョナ・ジェイムソンはすぐに「“スパイダーマンの写真を買います”と広告を出せ」と指示した。
秘書のベティ・ブラントや社員のホフマンに対しいつも早口で機嫌が悪そうに話したり、普段の買い物にはケチだったりするJ・ジョナ・ジェイムソンだったが、新聞の売り上げにこだわりすぐに行動する仕事一筋の一面も持ち合わせている人であった。

J・ジョナ・ジェイムソンが考えた広告はすぐに効果を発揮し、ピーターの目に運良くとまった。ピーターは、クモの糸で固定しておいたカメラで悪者から街の人を守ったところを撮り、その写真をデイリー・ビューグルへ売り込みに行くと、J・ジョナ・ジェイムソンから「クズだな、これもクズだ」と写真を酷評されながらも、300ドル(約32000円)の報酬をもらった。そしてJ・ジョナ・ジェイムソンは「またスパイダーマンの写真を撮って持ってきたらまた買い取ってもいいが直接雇う気はない、いいな?若者にはフリーが一番だ!」と言ってピーターを帰らせた。
直接雇用ではなかったり、写真に『スパイダーマンはヒーローか、それとも悪人か』という懐疑的な見出しを付けられ、あまり気に入るものではなかったが、ピーターはやっとカメラマンとしての第一歩を踏み出すことが出来た。

ピーターは、ノーマンが用意してくれた家でハリーと一緒に住んでいた。実はハリーはMJと付き合っていたのだが、昔からMJのことが好きだったピーターの手前なかなか言い出せなかった。しかし、ピーターはニューヨークの街中で偶然MJに会った時にMJ本人から「ハリーと付き合っているの。聞いてない?」と言われ、事実を知ってしまう。驚いたピーターだったが知っていたように返事した。そして女優のオーディションになかなか受からず、ムーン・ダンス・ダイナーという飲食店でウェイトレスのバイトをしているMJを優しく励ました。ピーターは家に戻ってからもハリーにMJとのことを問いただすことはしなかった。

ピーターは街中で偶然MJと会い、MJがハリーと付き合っていることを知った。MJの背後(EAT)と書いてある建物がムーン・ダンス・ダイナー。

次第にグリーン・ゴブリンに心を支配されていくノーマン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スパイダーマン3(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

「スパイダーマン3」は2007年のアメリカ映画で、全3部作の3作目となる。原作:スタン・リー、監督:サム・ライミ、出演者:トビー・マグワイア、ジェームズ・フランコ、キルスティン・ダンスト。 幸せな生活を送っていたスパイダーマンこと「ピーター」は、ある日伯父を殺した真犯人が別にいる事実を知らされる。砂の怪物「サンドマン」となったその男に報いを受けさせるため、スパイダーマンは全身を黒く染めていった。

Read Article

スパイダーマン2(サム・ライミ版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン2』とはサム・ライミが監督した2004年のアメリカ映画。2002年公開の『スパイダーマン』の続編で、3部作の2作目である。スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作。大学生になったピーター・パーカーはスパイダーマンとして日々街の人を助けていたが、スパイダーマンの生活が忙しくなり過ぎて、次第にピーター・パーカーの生活に支障をきたすようになってしまう。そしてピーターは突然スパイダーマンの力を失い、思い悩んだ末に「スパイダーマンを辞める」ことを決意する。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

マイティ・ソー(MCU)のネタバレ解説まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

アントマン&ワスプ(MCU)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。 X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。 主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

Read Article

アイアンマン(MCU)のネタバレ解説まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(MCU)のネタバレ解説まとめ

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』とはマーベルコミックのヒーロー、ソーを主役とした映画シリーズの第2弾であり、2013年に公開された。次元移動のできる橋を壊してしまったソーは、地球にいるジェーンを想いながらも次期国王としての仕事をこなしていた。そんなとき、ジェーンがインフィニティ・ストーンのひとつを吸収してしまうという事件が起きたため、恋人と世界を守るためにソーは再び地球に降り立った。

Read Article

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(MCU)のネタバレ解説まとめ

”Marvel's The Avengers”の続編として、ジョス・ウェドン監督を中心に制作され2015年に公開された。原作コミックでも人気のヴィラン、ウルトロンの人類滅亡の野望を止めるべくアベンジャーズが再び立ち上がった。 20世紀FOXが製作するX-MENの方で出演していたためMCUには出ないと思われていたクイックシルバーが参入し、ファンを驚かせた。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(MCU)のネタバレ解説まとめ

スティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となった。彼は国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の一員として正義の為に戦う。 マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編として制作。2011年に製作された『アベンジャーズ』の後日談でもある。

Read Article

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編として2016年に製作された。 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談で、アベンジャーズの2大巨塔キャプテン・アメリカとアイアンマンが、ヒーローを監視下に置く『ソコヴィア協定』を巡って対立する姿を描く。

Read Article

アイアンマン2(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

アイアンマン3(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

ドクター・ストレンジ(MCU)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

デイブレイカー(Daybreakers)のネタバレ解説まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

Read Article

ジョン・ウィック(映画)のネタバレ解説まとめ

『ジョン・ウィック』とは、2014年に公開されたアメリカのアクション映画。 監督はチャド・スタエルスキとデヴィッド・リーチ。 主演を務めたキアヌ・リーブスが製作総指揮も行っている。 引退した殺し屋が、大切なものを奪われたことで、たったひとりロシアン・マフィアに戦いを挑む復讐劇を描いており、R15+指定作品となっている。 ジョン・ウィックのアクションシーンが売りである。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。」となっている。

Read Article

アベンジャーズ(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給で公開された2012年の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』などアメリカン・コミックのヒーロー達で結成したアベンジャーズが、地球支配を目論むロキと闘う姿を描く。

Read Article

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(MCU)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックのヒーロー『キャプテン・アメリカ』を原作に、2011年に製作された劇場公開作品。 ひ弱な青年だったスティーブ・ロジャースは、ある実験の被験体となることで超人的な肉体と力を持つ『キャプテン・アメリカ』となり、世界征服を企てる組織ヒドラのレッド・スカルと戦うことになる。アベンジャーズのリーダーであるキャプテン・アメリカのデビュー作。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(GotG)のネタバレ解説まとめ

マーベル・コミックの中でもマイナーながらもカルトな人気を誇るコミックの実写映画化作品。トレジャー・ハンターのピーターが、緑の肌の美しき暗殺者ガモーラ、遺伝子操作で生まれたアライグマに似たロケット、樹木型ヒューマノイドのグルート、それに全身イレズミ・マッチョのドラックス等と共に、銀河を舞台に凶悪な敵に立ち向かう痛快スペース・アクション。14年に公開され、全世界で7億ドルを超える大ヒットとなった。

Read Article

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(GotG2)のネタバレ解説まとめ

マーベルコミックスのヒーローチーム・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが主役の映画の第2弾。 前作で瀕死の重傷を負ったグルートがベビー・グルートとして復活し、ほのめかされていた主人公ピーターの出生の秘密が明らかになる。相変わらずヒーローとはかけ離れた言動のメンバーたちが大暴れする、コメディ色の強いシリーズである。 MCUシリーズとしては第15作目で、2017年に公開された。

Read Article

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(MCU)のネタバレ解説まとめ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)」は2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第19作目にして集大成となる「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 シリーズ最大のスーパーヴィランのサノスとの闘いが描かれる。舞台は全宇宙のあらゆる場所で、シリーズで最もスケールの大きい闘いが展開。 現在、世界で史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

ブラックパンサー(MCU)のネタバレ解説まとめ

『ブラックパンサー』とは、2018年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。2008年の『アイアンマン』から続くマーベル・シネマティック・ユニバース作品の第18作目。 アフリカの小国ワカンダを舞台に、ヒーローにして国王のブラックパンサーとワカンダの支配を目論むヴィラン・キルモンガーとの闘いを描く。 現在、アメリカで史上最も成功したスーパーヒーロー映画。

Read Article

ハルク(Hulk)のネタバレ解説まとめ

『ハルク』とは、2003年のアメリカ映画。アメコミ『超人ハルク』を原作とした実写映画化作品。監督はアン・リー、出演はエリック・バナ、ジェニファー・コネリーら。 若き科学者ブルース・バナーは偶然の事故により大量のガンマ線を体に浴びてしまう。その事故をきっかけにブルースは怒りを抱くと緑色の怪力・ハルクに変身してしまう体となってしまった。理性が働かず、本能のままに暴れて街を破壊するハルクに政府は兵器を投入して捕獲しようとする。しかしブルースの同僚であるベティーだけは彼を救おうとしていた。

Read Article

ストリート・オブ・ファイヤー(Streets of Fire)のネタバレ解説まとめ

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ2のネタバレ解説まとめ

マーベル作品の個々のヒーロー映画をひとつながりの物語にするMCUシリーズ。フェイズ2ではアントマンやスター・ロードなど新たなヒーローの登場もあるが、既出のヒーローの内面の掘り下げも多く行われている。特にチームの中心となっているアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人についてはアベンジャーズとしてではなく関わった事件について描かれた。 MCUフェイズ2の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ3のネタバレ解説まとめ

MCUのフェイズ3では今までの10年間を一区切りさせるということで、大人気の原作を元にしたシビル・ウォーを皮切りにインフィニティ・ウォー以外でもヒーローの大規模なクロスオーバーが描かれている。また、インフィニティ・ストーンの謎が次々に明かされるフェイズでもある。スパイダーマンやドクター・ストレンジなどの新たなヒーローも参入し、フェイズ4に向けた伏線も張られ始める。 MCUフェイズ3の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

マーベル映画作品(MCU)フェイズ1のネタバレ解説まとめ

マーベルは2008年公開のアイアンマンを皮切りに、個々のヒーロー映画の世界を全てつなげてひとつの物語にするという試みを開始した。フェイズ1では中心となるヒーローたちのオリジンを中心に構成されていて、長い歴史のあるアメコミを初めて見る人にもわかりやすくヒーローが紹介されている。 MCUフェイズ1の作品同士・キャラクター同士の繋がりや時系列的な関係性について深掘りする。

Read Article

MCUシリーズにおけるインフィニティ・ストーンのネタバレ解説まとめ

マーベルスタジオが制作するスーパーヒーロー映画作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース」。多数の作品が作られているMCUシリーズにおいて、物語の重要なカギとなる存在が、インフィニティ・ストーンである。6つ存在するこの石はすべてを集めたものに絶大な力をもたらすという。それぞれの持つ力と、その6つの力が集まる映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて、どのような力を発揮したのかについてをまとめる。

Read Article

アベンジャーズに出てた人 その1 ジェレミー・レナー

「日本よ、これが映画だ」のCMのおかげで大体の日本人が知っている映画「アベンジャーズ」シリーズ。でも主要登場人物のうち、日本で広く名前が知れ渡っている俳優は「アイアンマン」役のロバート・ダウニー・Jrくらいではないでしょうか。意外と知らない他のメインキャストについて、今回から勝手にシリーズものとして紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents