東京喰種トーキョーグール(石田スイ)のネタバレ解説・考察まとめ

「東京喰種トーキョーグール」とは、石田スイ氏による日本の漫画作品。2014年には「東京喰種トーキョーグール」、2015年には「東京喰種トーキョーグール√A」としてTVアニメも公開されている。この物語は、人間だった主人公「カネキ」が人を喰らう存在「半喰種」となり、葛藤や恐怖に溺れていくダーク・ファンタジーである。

特等捜査官。ジューゾーのパートナーであり、亜門のアカデミー時代の教官。
優しい性格の持ち主であり、ジューゾーの起こした問題の数々にも怒るのではなく、何がどう悪いか説明するように指導している。
「不屈のシノハラ」という異名があり、どんな強敵でも堅実に倒していくことから名付けられた。
クインケはSレート喰種を使ったオニヤマダ。

黒磐巌(クロイワ イワオ)

特等捜査官。実戦経験豊富な大ベテランであり、篠原と仲が良く「イワ」「いわっちょ」と呼ばれている。
どっしりとした性格であり、信頼を置く捜査官も多い。
クインケは鱗赫のクロイワSpecial。

真戸呉緒(マド クレオ)

1月24日生まれのみずがめ座。血液型A型。上等捜査官であり、亜門の初めてのパートナー。
亜門からの第一印象は「死者」であり、そのように頬がこけた不気味な見た目をしている。
他の捜査官からは「クインケ狂のおっさん」と呼ばれるほどクインケに興味があり、理由は過去に隻眼の梟に殺された妻の敵を討つためである。
しかしヒナミに追い込められ、トーカにとどめを刺されて隻眼の梟を殺すことなく殉職した。
クインケはヒナミの父親を使ったフエグチ壱と母親を使ったフエグチ弐。

永近英良(ナガチカ ヒデヨシ) 通称:ヒデ

カネキの親友。11区の掃討作戦後に自分でも何かできることは無いかとCCGに行き、捜査官補佐となる。
非常に楽観的で、また何にでもすぐ影響される性格。
その反面、非常に鋭い洞察視力を持ち、喰種になったばかりで食事をしていないカネキの不調を見抜いた。
ニシキはヒデのことを鋭すぎて危険だと思い、殺そうとした。
カネキが喰種になったことに気付いている。

『東京喰種トーキョーグール』の用語解説

喰種(グール)

人間と同じ見た目をし、人肉を喰らう生物。独自の捕食器官である赫子を持ち、種類は四種類ある。
人肉の他には珈琲が飲めるが、そのほかの人間と同じ食事は不味くて摂れない。喰種の肉は人間と違い不味いが、我慢し「共喰い」を行うことにより赫子を複数種類持つ「赫者」になる。
しかし完璧な赫者はほとんどおらず、ヤモリやカネキも半赫者でとどまっている。
腕や脚を切られても再生できるが、首や心臓など急所を突かれると死んでしまうため不老不死ではない。

赫子(カグネ)

喰種の捕食器官。羽赫、甲赫、鱗赫、尾赫と四種類あり、それぞれの特性が異なる。
羽赫は素早い攻撃が可能であり、近距離遠距離どちらにも対応できる。
しかしすぐにガス欠してしまうのが難点であり、甲赫が苦手。
甲赫は赫子を硬質化させるのが可能であり、防御壁が作れる。
しかし重たくなってしまうのが難点であり、鱗赫が苦手。
鱗赫はうろこのような表面の赫子であり、一撃の重い攻撃が可能。
しかしすぐに赫子が分解されてしまい、尾赫が苦手。
尾赫はどの性質も平均以上の力を持っており、オールラウンド。
欠点らしい欠点は無いが、強いて言えば火力不足。羽赫が苦手。

喰種捜査官

喰種に対応するための組織CCGに所属する人間。
ほとんどはアカデミーで捜査官になるための教育や訓練を受け、卒業し三等捜査官から始まる。
等級の順番は低い順に三等→二等→一等→上等→准特等→特等。年功序列ではなく完全な実力。
一等捜査官以下は上等捜査官以上とパートナーを組む決まりである。
両親を殺された孤児も18歳になると大抵はアカデミーに入学する。

クインケ

喰種捜査官が使用する喰種に対応するべく開発された武器。
アタッシュケースの中にある赫包に電子信号を送り、人工的に赫子を発生させる。
形状や機能は素材となった赫包に従ったものになるため、強力な喰種の赫包は強力なクインケの素材となる。
捜査官の等級により持たされるクインケのレートは限られてくるが、持つ本人が討伐すれば話は別。
剣の形や鎌の形、銃の形をしていたりと種類は様々。

misumiyua1
misumiyua1
@misumiyua1

Related Articles関連記事

東京喰種トーキョーグール:re(石田スイ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京喰種トーキョーグール:re(石田スイ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京喰種トーキョーグール:re』とは、石田スイ原作の漫画作品。舞台は東京で、人を食らう化け物「喰種(グール)」の在り方がテーマとなっている。『東京喰種トーキョーグール:re』は『東京喰種トーキョーグール』の続編で、前作ではとある事故から人と喰種と両方の力を併せ持つ金木研が人として、喰種として葛藤しながら戦う姿が描かれた。続編の東京喰種トーキョーグール:reでは、金木の面影を残す捜査官、佐々木琲世に主人公が変更。彼が捜査官として喰種と戦う様を描く。

Read Article

東京喰種トーキョーグールのクインケまとめ

東京喰種トーキョーグールのクインケまとめ

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)で生身の人間である捜査官たちが喰種と対抗するために編み出した武器「クインケ」。喰種には体内に赫包という部位があり、その赫包から赫子という武器を出現して戦うが、クインケはその「赫包」を素材とした武器である。元になった赫包によりクインケはその形状や使用方法などが大きく分かれることとなる。ここでは使用した赫包ごとに、クインケについて紹介していく。

Read Article

amazarashi(アマザラシ)の徹底解説まとめ

amazarashi(アマザラシ)の徹底解説まとめ

amazarashiとは青森県で結成された日本のロックバンド。 時代をリアルに切り取る歌詞とメロディアスな楽曲、耳に心地よいミドルトーンの声。 アニメやゲーム業界とのタイアップを精力的にこなし、なおかつメンバーの顔写真が検索してもヒットしない謎に包まれたバンドである。 紗幕をステージ前面に張り、そこにタイポグラフィーと映像を投影するという独自のライブ演出が展開される。

Read Article

青の帰り道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

青の帰り道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『青の帰り道』とは藤井道人が監督、おかもとまりが原案を務め、2018年に公開された青春群像映画。 歌手を夢見て上京するカナ。東京の大学へ進学しカナと暮らすキリ。浪人生活を送るタツオ。地元でアルバイトをするリョウ。できちゃった婚をするマリコとコウタ。東京で大学デビューを果たすユウキ。群馬県前橋市で高校卒業した仲良し7人グループの、2008年から2018年の10年間が描かれており、実際に起こった政権交代、東日本大震災などの、日本社会の大きな出来事と共に進んでいくリアルなストーリーが魅力。

Read Article

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

東京喰種のグール・赫子一覧【トーキョーグール】

東京喰種のグール・赫子一覧【トーキョーグール】

『東京喰種トーキョーグール』に登場する喰種(グール)は肉食の亜人種だ。グールはそれぞれ赫子(かぐね)と呼ばれる独特の捕食器官を持つ。赫子は現れる場所によって羽赫、甲赫、鱗赫、尾赫と名称が異なり、優劣関係が存在している。 ここでは作中のグールが持つ赫子の種類・形状について解説する。

Read Article

【東京喰種トーキョーグール:re】イケメン過ぎる!白カネキの完全覚醒に全ファンが泣いた

【東京喰種トーキョーグール:re】イケメン過ぎる!白カネキの完全覚醒に全ファンが泣いた

『東京喰種トーキョーグール』で主人公を務めた金木研。そのイケメンすぎるビジュアルが人気を呼び、「白カネキ」と呼ばれてファンの間で親しまれています。そんな彼が、新編の『東京喰種トーキョーグール:re』の77話でついに完全覚醒!変わらぬイケメンぶりに全ファンが狂喜乱舞したそう。この記事でまとめているので、気になる方は要チェック!ネタバレを含むので、閲覧には注意してくださいね。

Read Article

「東京喰種トーキョーグール:re」の六月透がマジキチで怖すぎる…なぜ初期から変わってしまったのか検証してみた

「東京喰種トーキョーグール:re」の六月透がマジキチで怖すぎる…なぜ初期から変わってしまったのか検証してみた

『東京喰種トーキョーグール』シリーズの人気キャラクターである六月透。男性のような見た目と「俺」という一人称を使っていますが、実は女性です。そんな彼女、新編の『東京喰種トーキョーグール:re』ではかなりキャラが変わり、一部のファンの間では「マジキチで怖い」といわれています。六月がそこまで変わってしまった理由をこの記事で検証してみたので、作品ファンの方はぜひご覧ください!

Read Article

【ネタバレ】東京喰種の登場人物・キャラクターの強さを考察!【トーキョーグール解説】

【ネタバレ】東京喰種の登場人物・キャラクターの強さを考察!【トーキョーグール解説】

この記事では「誰が一番強いのか」というテーマのもと、『東京喰種トーキョーグール』の登場人物・キャラクターを紹介していく。本作では喰種(グール)と呼ばれる肉食の亜人種を駆逐するための捜査官が存在する。彼らはクインケという対喰種用生体兵器を用いることで、グールに対抗できるだけの強さを得ている。

Read Article

衝撃的な内容!東京喰種の著者・石田スイが描いたヒソカの過去が話題!【HUNTER×HUNTER】

衝撃的な内容!東京喰種の著者・石田スイが描いたヒソカの過去が話題!【HUNTER×HUNTER】

冨樫義博による大ヒット漫画『HUNTER×HUNTER』。その中に登場する敵キャラクターの一人「ヒソカ」は、常に道化師のような恰好をして本心を明かすことのない、謎に満ちた人物である。そんなヒソカの知られざる過去を、『東京喰種』の作者である石田スイが描いて大きな話題となった。もともとはエイプリルフールのネタとして石田が投稿したものだが、実際に企画が持ち上がり実現したのである。本記事ではヒソカの過去がわかる衝撃的なスピンオフ作品の内容を、まとめて紹介する。

Read Article

NEW
コミック実写化に対する関係者のコメントまとめ【鋼の錬金術師など】

コミック実写化に対する関係者のコメントまとめ【鋼の錬金術師など】

制作発表のたびに批判やバッシングが巻き起こるのが、人気漫画の実写化。ここでは、「鋼の錬金術師」や「銀魂」などの人気作品の実写化にあたって、作者や実写化作品のキャストが発表したコメントをまとめています。原作ファンの反応も交えながら、気になるコメント内容を紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents