三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

写楽保介(しゃらく・ほうすけ)

出典: middle-edge.jp

左:絆創膏状態。右:三つ目状態。

声:藤田淑子(24時間テレビ版)/伊倉一恵(テレビ東京版)/田中真弓(まんがビデオ版)/くまいもとこ(『手塚治虫が消えた?!20世紀最後の怪事件』)

主人公。罰点印の絆創膏をしている時は幼稚と称されるほどに無邪気で知力も腕力も弱い為いじめられることも多い。古代種族三つ目族の末裔で絆創膏の下には第三の目があり、絆創膏が剥がれると高度な知性と超能力、そして悪魔のような性格を見せる。

三つ目族最後の生き残りとよく名乗るが、実際には他にも生き残りがいる。ただゴブリン伯爵は能力が使えず、セリーナのように死んで物語から退場することがあり、『三つ目族の謎編』で先祖からの遺言を受け取った唯一の末裔が写楽である点から「最後の生き残り」というのもあながち間違いではない。
赤ん坊の頃、肺炎を起こしかけた状態で、医師の犬持の下に連れて来られる。母と思われる人物は雷に打たれて亡くなり、そのまま犬持の養子となった。作中での年齢は中学生。犬持が出張などで不在の際は、ヒゲオヤジの経営する中華料理店の来々軒に預けられる。
乳幼児期はごく普通の子供だったが、2、3歳頃から額に第三の目が形成されはじめる(額にオデキのようなものができ、次第に目のようになったと犬持は語っている)。完全開眼後は一日で英語をマスターし、12桁の計算もやってのけるほどの異常な知能の発達と超能力を発揮。風呂の湯を瞬間的に熱湯にする機械といった危険な発明までするようになった。
写楽の能力の暴走を恐れた犬持により、額に絆創膏を貼られて第三の目と能力を封じられた。実際三つ目の時は危険な性格となるため、養父犬持により第三の目を切除する手術が提案されたこともある。この手術は和登さんにより阻止されている。二重人格というより、三つ目族としての性質が記憶や能力と共に封印されると言った印象である。

写楽の言動は概ねコミカルタッチに描かれるが、本来の三つ目の姿でいることは許されず、三つ目を封じると精神が幼児化して友人を作ることすらままならないいじめられっ子となるなど、その境遇は孤独なものと言える。

犬持の養子ではあるが、名前は母の告げた写楽保介のままである。通称は写楽(テレビ東京版では、犬持やヒゲオヤジに保介と呼ばれている)。名前の由来は、シャーロック・ホームズより。また「保介(ほうすけ)」には「間抜けな奴」との意味もある。

24時間テレビ版では三つ目族の王族の血筋であり、正真正銘のプリンスということになっていた。母ではなく乳母により犬持医院に預けられて育つ(というより、乳母が写楽を託した後で死亡し、そのまま犬持が写楽を引き取った)。写楽が王族の子孫という事実は、王族だけが扱える赤いホコ(形状は赤いコンドル)を博物館から召喚、使用できたことで証明された。
古代三つ目族の知識が脳内にあるとし、最大の武器であるデビルコンピュータのことも知っていた。事件解決後に絆創膏を貼られた後、「二度と写楽君の絆創膏が剥がれることはなかった」と言われている。

『手塚治虫が消えた?!20世紀最後の怪事件』では和登さんとともに登場。アクシデントで絆創膏が剥がれた後は天馬博士に興味を持ち博士の部屋に向かう途中で手塚氏の失踪事件に遭遇。捜査に加わる。特殊なロックシステムで施錠された手塚氏の部屋を編み棒のみで簡単に開ける、警備ロボットを薙ぎ払うといった活躍を見せる。隠し部屋の存在まで見抜き、事件解決の心当たりがあるとして皆を案内した。

写楽が中学生なのは、手塚氏が中学時代飛鳥地方の古代遺跡を見て感銘を受けたことに起因する。絆創膏を剥がすと途端に強い力と鋭い知性を発揮するのは、手塚氏自身がいじめられっ子だった頃の憧れが具現化したものとされる。弱いいじめられっ子でも、何かしらの力、個性を持つとのメッセージが、写楽のキャラクター像には秘められている。

絆創膏写楽(ばんそうこうしゃらく)

出典: video.unext.jp

罰点印の絆創膏がトレードマーク。この絆創膏は半ば苦肉の策で貼られたもので、「絶対に剥がしてはならない」と養父の犬持からきつく言われている。24時間テレビ版では乳児期からのことが和登さんのモノローグで語られている。
精神は幼児並みで、幼稚園児に混じって遊ぶこともある。テストでは回答ではなく落書きをし、悪意なく授業を妨害することも多い為中学校を落第、転校を余儀なくされるなど成績は悪い。四度も学校を変わっており、最終的に不良生徒の多い猪鹿中学に転校している。良くも悪くも純粋無垢であり、何をされても全くへこたれないことや、その純粋さが気に障る者も多くいるようで、不良グループなどからいじめを受けることも少なくない。
目立つ箇所に大きな絆創膏を貼っていることもあって、挑発的に剥がすことを強要される場面もあるが、頑なに拒絶する。「怒られる」というのが本人の弁だが、三つ目状態の自分を恐れているとの説もあり、三つ目の時の記憶こそないものの、絆創膏を剥がしたらどうなるのかをある程度知っているようだ。事実、窮地に陥った際に剥がしてもらうように頼んだり、自分で剥がす(三つ目の自分に託す)描写すら存在する。原作では油を使った特殊な薬でないと剥がせないほど絆創膏の粘着力は強い。
無邪気な振る舞いが多い半面赤ん坊の頃死別した母を恋しがり、時折遺品である服を出しては抱きしめたり臭いを嗅ぐといった寂しがり屋の面も覗かせる。第三の目の摘出手術(オデキを潰すと表現)を拒んだのは、三つ目族との完全な決別として母の形見である服を燃やされる予定があった為。
クラスメイトの和登さんに母性を見い出し、友人とも恋人ともつかない関係を築く。和登さんとは一緒に風呂に入ることもある。

テレビ東京版では天然ボケで子供っぽい性格といった印象になっている。原作の絆創膏写楽よりは空気を読むことができ、ポゴを励ましたり慰めたりしている。いくらか三つ目時の嗜好が残っているのか、犬持の持ち帰った出土品に興味を示したり、「和登さんと結婚して王様になりたい」と言っている(もっともこちらはポゴに「女王である自分と結婚して王様になりたくないのか」と言われた時の返答であり、結婚相手は和登さんがいいとの方に重きが置かれている可能性もある)。

三つ目写楽(みつめしゃらく)

出典: cariosutea.exblog.jp

絆創膏が剥がれ第三の目が露わになった状態。能力も性格も封印時とはまるで別人で、知性的かつ傲慢な言動や冷酷さが目立つ。原作では殺人行為に及び、人間の脳を赤ん坊同然(トコロテンと表現)にする機械を平気で作るなど非道な所業を行った。
目的は三つ目族の復活であり、現代人を滅ぼす、或いは配下にする為ならテロ行為も含めどんな非道な手段も厭わない。『古代王子ゴダル編』では京都に集まった各国首脳をガスで気絶させ、誘拐までしようとした。

現代人には制御できない能力と厄介な性格が同居しており、そのことを自覚していて悪魔のプリンスを自称する。三つ目族の遺物を悪用しようと企むことも多い。
古代文字(基本的に三つ目族の文字)の解読や遺跡の推測ができ、念力で敵を吹き飛ばせるなど利害が一致すれば頼りになる面もある為、仕方なく絆創膏を剥がされることもある。こうした件に対し写楽は「都合のいい時だけ利用する」と皮肉っている。
ガラクタを材料に機械を作ることも多いが、戦闘に関しては基本的に念力や頭脳に頼っている。隙をつかれて絆創膏を貼られることもあれば、自分の力を過信して追い込まれることも多く、決して無敵ではない。

母を慕う気持ちと和登さんへの想いは二つ目の時と変わらず、和登さんにだけは頭が上がらない。また、彼女にだけは絆創膏を貼ることを許している。和登さんに母の遺品である服を託した。和登さんに対しては今で言うツンデレのような態度を取ることもある。和登さんの推測では、養父との間に愛情と距離を感じていた模様。傲慢な態度は仲間がいないことに対する強がりともとれる。

テレビ東京版では第一話から街を破壊し、その後も度々テロや不良行為(夜遊びなど)に手を染めるが、原作に比べるとやや丸い性格になっている。最終話でモエギに現代人を支配して三つ目族の国を作ると言ったが、それとて本心ではなかった。また初期の方でも和登さんを救うため絆創膏を貼るように促すシーンがある(三つ目族のオーラにより動く機械を止めるには第三の目を封じるしかなかった)。
「二つ目の母さんなんかいらない」とのセリフがあり、三つ目の状態でも母を恋しがり、寂しがる姿が見受けられる。
絆創膏が剥がれるや学ランの色が濃くなり、襟を立ててマントのように羽織るなどしている。

和登千代子(わと・ちよこ)

出典: blogs.yahoo.co.jp

声:高島雅羅(24時間テレビ版)/松井菜桜子(テレビ東京版、及び『手塚治虫が消えた?!20世紀最後の怪事件』)/横山智佐(まんがビデオ版)

写楽のクラスメイト。通称和登さん。よく「かわい子ちゃん」と称される美少女。その一方で腕っぷしも気も強く、いじめられる写楽を助けていた。テレビ東京版では「和登さんは怒ると怖い」と写楽に言われている。和登さんにそっくりなセリーナは「こんなにおとなしいなら和登さんじゃない」とまで言われた。

初めはいじめられても反撃しない写楽に歯がゆさを感じて助けたのだが、たまたま絆創膏を剥がされ三つ目になった写楽を見て、そこから写楽との関わりを深めることとなる。写楽が転校することになっても、犬持に頼んで友達でいさせてほしいと言っていた。

三つ目状態の写楽に恐怖心と同時に魅力を感じており、初期はこっそり絆創膏を剥がす描写が見受けられた。両親(特に父)は写楽との関係をよく思っていない。寺の娘で、度々読経などの修行を受けている。

三つ目の写楽の危険性は何度も目にしているが、第三の目の摘出手術には反対し、阻止している。これは単に三つ目の写楽に会えなくなるからではなく、絆創膏の写楽が寂しがり屋であることや、一生懸命に発掘作業を行っていた点を犬持に認めてほしいとの願いからだった。三つ目、絆創膏いずれの写楽にも単なる友情とも恋愛とも母性本能とも言い切り難い感情を抱いており、絆創膏を貼った写楽と風呂に入るなど微妙な関係を築いている。
一人称が「ボク」であることから「元祖ボクっ娘」と呼ぶファンも多い。

名前の由来はホームズの相棒、ワトソン博士より。

犬持(けんもち)

出典: matome.naver.jp

声:岸野一彦(24時間テレビ版)/嶋俊介(テレビ東京版)

写楽の養父。開業医で、赤ん坊の写楽を診療し、写楽の母の死を目撃する。そのまま身寄りのない写楽を引き取った。原作では写楽を古代遺跡や三つ目族から遠ざけようとする傾向にある。普通の子として育ってほしいとの願いと、ゴダルの一件でテロ行為に手を染めかけた三つ目写楽の危険性から、第三の目を切除する手術を受けさせようとした。その選択も随分悩んだ末のことであり、本音を言えば健康な目を潰すことは避けたがっていた。他者から第三の目を取るように言われた時には怒りを見せたこともある。結局和登さんの説得で手術は中止になった。

テレビ東京版では考古学者で、犬持教授と呼ばれる。三つ目族の調査、研究を行っており、その縁で写楽を託された。三つ目族の研究こそしているが、写楽を普通の子供として育てたい気持ちは原作と同じである。

ヒゲオヤジ

出典: animeperson.com

声:八奈見乗児(24時間テレビ版)/緒方賢一(テレビ東京版)

中華料理店、来々軒店主。犬持とは旧知であり、犬持が不在の時に写楽を預かることもある。江戸っ子気質の熱い性格。写楽の絆創膏は、彼の店で使用するラーメンの油を使用した薬でないと剥がせない。写楽の三つ目のことは知っており、時折三つ目族絡みの陰謀や事件に巻き込まれる。
本人曰くバカ田大学出身。

テレビ東京版では犬持とは中学時代からの付き合いで、写楽が柔道部に入り、合宿で数日間いないのならと、犬持と温泉旅行に行くなどした(ただし、犬持は三つ目族絡みの調査が目的であった)。

『手塚治虫が消えた?!20世紀最後の怪事件』にも登場しているが、『三つ目がとおる』ではなく一手塚キャラクターとしての参加である。

須武田博士(すぶたはかせ)

出典: tezukaosamu.net

声:田中康郎

考古学者。犬持とは旧友。三つ目の写楽の危険性を知りながらも、その能力を人類の発展のために使うべきとの考えを持つ。その為、研究者としての好奇心や、協力要請の為に写楽の絆創膏を剥がしてしまうことが多い。危機的状況にあっても古代遺跡を見て興奮したり、写楽の三つ目を取ることになった時には学会をあげて抗議すると言い切る程の学者肌であり、三つ目の写楽の能力に価値を見い出している。三つ目の神仏のモデルが三つ目族であることを説いたのは須武田博士である。
遺跡や遺品の学術的価値を優先する様はある意味でロマン派で、現実主義者の犬持とは対極的な存在と言える。
考古学者という役割を犬持が引き継いだため、テレビ東京版には登場しない(24時間テレビ版には登場した)。

雲名警部(うんめいけいぶ)

出典: video.unext.jp

雲名警部(左)。

声:熊倉一雄(24時間テレビ版)/石塚昇運(テレビ東京版)

ベートーベンのような容姿の警部。自称ドイツ帰りで、「学聖」。これはベートーベンが「楽聖」と呼ばれていることのパロディである。コメディリリーフなキャラクターだが意外と推理力に長けている。『イースター島航海編』では山火事の焼け跡から出た遺体の頭部の傷に気付き、殺人事件と断定。また犬持の頭部の傷と似ていることから二つの事件に繋がりがあると推測。凶器は長く持ち運びがしにくい物に見えるが、分解して運ばれたものと言及した。『イースター島航海編』においてはそのまま、パンドラの陰謀に巻き込まれる。
『古代王子ゴダル編』にも登場し、みやびホテルに集まった首脳を眠らせる為の装置を飲まされて放置される。この装置の作用で酸っぱいものが欲しくなり、部下達とドレッシングを飲んで装置を吐き出すという一種の運び屋の役目をする羽目になった。
「私は不幸だ」が口癖。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents