グラディエーター(Gladiator)のネタバレ解説まとめ

『グラディエーター』は2000年に公開された帝政ローマ時代中期が舞台の歴史映画。ラッセル・クロウ演じるローマ軍マキシマスは将校だったときに、皇帝アウレリウスの子孫、皇太子コモドゥスとの確執に巻き込まれ、グラディエーター(剣闘士)に陥れられてしまう。マキシマスがコモドゥスに因縁の復讐を遂げるまでを描いた壮大なストーリーが見どころ。

概要

帝政ローマ時代中期を舞台とし、ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失い、自らも奴隷に身分を落とされます。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていくことになるのですが…。

1億ドルを超える制作費と破格の宣伝費を費やした大作であり、第73回アカデミー賞作品賞並びに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞。
優れた映像美やストーリーから大きな商業的成功を収め、『エイリアン』や『ブレードランナー』などと並び、リドリー・スコット監督の代表作となりました。
本作の成功を受けて、すぐに製作陣では続編として本編の前後を描いた作品が計画されたものの、現在に至るまで実現されていないのが現状です。

『グラディエーター』の主要人物

主人公「マキシマス」(将校時代)

平民出身の将軍マキシマス・デシムス・メレディウスはゲルマニア遠征で、蛮族との決戦を迎えていました。ローマ軍からの使者が斬首され、交渉決裂となり戦闘が始まります。皇帝から信頼されている指揮官で、その重要な戦闘すべての指揮を執っていたのがマキシマスです。

皇帝マルクス・アウレリウス

次期皇帝にと考えるほどにマキシマスに絶大な信頼をおいていました。そのマキシマスに対する思いを息子であるコモドゥスに告げると、皇帝の座に執着していた息子に首を絞められて暗殺されてしまいます。

皇太子コモドゥス(後に皇帝)

【コモドゥスの誤算】
実の父である皇帝に呼び出されて、戦地におもむくも理由があります。帝位継承について執着していたコモドゥスは、老齢の父(アウレリウス)から皇帝を継承できると思っていたのです。

しかし実際は自分の思い通りにいかず、父・アウレリウスが「継承は無い」と告げると強硬手段に出て、殺してしまいます。

ルシッラ王妃

【美しき皇女】
コモドゥスの姉。若き日はマキシマスの恋人でしたが、身分の差から結婚を諦めマルクス・アウレリウスの共同皇帝ルキウス・ウェルスと結婚することになります。当面の跡継ぎとされた一人息子のルキウスと共に皇帝を支えますが、次第に弟へ恐怖を感じ始めていくのです。

ルキウス・ウェルス

ルシッラの子で、コモドゥスの甥。作中、マキシマスから名を尋ねられ、「父の名を継いだ」と発言していることから、父は皇帝ルキウス・ウェルスと推察されます。あまり登場シーンはありませんが、印象深いキャラクターを演じています。

プロキシモ

【剣闘士団を運営】
マキシマスが所属することになる剣闘士団のオーナーで、マキシマスに興味を持ち、奴隷審査の際立ち会うことになります。
プロキシモに審査の際には実力を見せなかったマキシマスでしたが、いざ実戦になると、多くの奴隷が惨殺される中、マキシマスは剣闘士達を相手に見事な戦い振りで応戦し勝利。それにより、プロキシモの目利きは間違っていなかったことが証明されたのです。

あらすじ・ストーリー

グラディエーターとして連勝してゆくマキシマス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents