バイオハザード(Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

Img 5

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

アンブレラ社が開発していたウイルス兵器。
感染すると死亡後に体が蘇り、凶暴化して他の生物を襲うようになる。感染者は知能を失って食欲のみによって動き、脳を破壊されることによってのみ活動を停止する。
感染した個体が突然変異を起こし、怪物化したり身体能力が急激に上昇するような珍しい例も見られる。

レッド・クイーン

ハイブを管理するメインコンピュータ。少女のような姿の赤いホログラム映像で実体化して会話することから「レッドクイーン」の名がついている。感染の広がったハイブを封鎖することを目的に動いており、そのためにはアリスたち特殊部隊を生きたまま閉じ込めることもいとわない計算的で冷酷な判断を下す。
また、自身を守るために防御システムを作動させるなど特殊部隊の行く手を阻む敵となる。

バイオハザード(Resident Evil)の結末

地下研究所ハイブで感染者やクリーチャー、レッドクイーンの襲撃を受けて多数の犠牲を出しながらもハイブ出口へ辿り着いたアリスたち。しかし生き残ったのはアリスとマットの2人だけとなってしまう。
2人はハイブの出入り口を封鎖してその場を後にしようとするが、実験生物であるリッカーから受けた傷で感染したマットの傷口は突然変異を起こす。さらに後からやってきたアンブレラ社の研究員たちによって二人は捕らえられて引き離されてしまい、次にアリスが目覚めるとそこはどこかの医療施設の一室だった。
アリスが病院を抜け出すと街には人影がなく、車が放置され火の手が上がるなど騒動が起きた痕跡があちこちに残されている。その様子は、ハイブの封じ込めが失敗に終わり感染が街まで広がってしまったことを示していた。
アリスが荒廃した街中で乗り捨てられたパトカーからショットガンを取り、更なる戦いに向けて表情を引き締めるところで映画はエンディングを迎える。

バイオハザード(Resident Evil)製作のエピソード・裏話

原作ゲームと比べてオリジナル要素の多い映画版

原作は日本のホラーゲームであるが、映画のストーリーはオリジナルの要素が強く登場人物などは映画独自のものになっている。その一方で登場クリーチャーや「T-ウイルス」「アンブレラ社」など原作の世界観を連想させる要素も十分に残されている。続編シリーズではゲームキャラを連想させる人物が登場するなどゲームと関連する要素が多くなってくる。

また、童話「鏡の国のアリス」を連想させる設定が多い。例としては主人公の名前アリスや敵のボスとして登場する「レッド・クイーン」(赤の女王)、ハイブへの入り口(鏡の館)など。

低予算映画だったため苦労の耐えなかった撮影現場

本作の製作費は日本円でおよそ33億円と、製作費50億円超えが当たり前のハリウッド映画としてはかなりの低予算の部類に入る。この製作費で大規模なアクション映画を撮ったため現場での経費節約のための苦労話が多く残っている。

特にゾンビのエキストラ役の確保が難しかったらしく、手の空いているスタッフやキャストたちのマネージャー、製作陣の個人的な友人や恋人までがメイクされて感染者として出演しているそう。
また、セットの背景にも予算を割くことができず、ダンボールにアルミ箔を貼ったセットや小道具でそれらしく見せて凌いだと語られている。終盤のハイブの出入り口の門が閉じるシーンでも門を作る製作費がなく、閉じていく門の影だけをダンボールで演出することで乗り越えたという。監督のポール・W・S・アンダーソンも「この映画ではダンボールが大活躍した」と語っている。

主演ミラ・ジョボビッチは薄着で冬の撮影に臨むことに

本作で印象的な主人公アリスの赤いワンピース姿は主演のミラ・ジョボビッチ自らが考案したもので、アクションシーンでの体の動きをよく見せるためのものとなっている。ラインが映ることを避けるために下着を身につけず、上着も着ずに撮影に臨むこととなった。真冬の撮影現場で極端な薄着をしなければならず、彼女にとっては過酷な仕事となった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)のネタバレ解説まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

バイオハザード6(BIOHAZARD 6、Resident Evil 6)のネタバレ解説まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)のネタバレ解説まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

Contents