干物妹!うまるちゃん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サンカクヘッドによる日本のギャグ漫画。週刊ヤングジャンプ2013年15号より連載が開始。2014年12月にアニメ化が発表、2015年7月~9月まで放送された。
外では頭脳明晰、容姿端麗、運動能力も万能なら性格もよいが一歩家に入るとアニメや漫画、ゲーム三昧にジャンクフードを愛する干物のようなダメ人間、干物妹(ひもうと)に変貌するうまると兄タイヘイと周囲の人々による日常物語である。

橘・アレックス(たちばな・あれっくす)声 - 柿原徹也

橘・アレックス
タイヘイの同僚にして後輩。シルフィンの兄。
金髪のさわやかな好青年だが、重度のヲタクで会社でもたびたびエロサイトを閲覧しPCをフリーズさせている。休日では好きなアニメを観て感想をツイッターにのせるほど。しかし、妹のシルフィンのことはおとなしい性格であると思っているのか、兄弟でアニメをみたりすることはないらしい。
妹のシルフィンと一緒に海にいったときには自家用のクルーザーでくるほどの金持ち。

叶 課長(かなう かちょう)声 - 小清水亜美

タイヘイや猛の上司にして、高校時代からの知り合い。
淡い茶色の髪をロングにしている。猛には高圧的な態度だが、タイヘイには甘く擦り寄る。高校時代からタイヘイに想いをよせているがいまだに気づかれてもいない、不幸な人。ちなみに高校時代から「タイヘイ」と呼び捨てである。高校時代には髪を短くしていた。
高校時代にタイヘイと猛の三人でゲームセンターに行き、叶と猛は失敗するも、初めてゲームセンターにきたはずのタイヘイはすぐに攻略法を見抜き「タグ引っ掛け」で一度に三個ものぬいぐるみをゲットし三人で仲良くわけた。

うまるの名言・名セリフ/迷言・迷セリフ集

「うまるの宴が始まる」

1話にて、学校にて物憂げなうまるが「今日、あれ、しちゃおうかな」と考えていたこと。
学校帰りに1時間かけて選び抜いたジャンクフードでダラダラとDVDを鑑賞することである。
ジャンクフードの中身は、コーラ、ポテイトチップス、たけのこの山脈、プリン、チーズ鱈、イカのつまみ(甘酢)を広げ心ゆくまで食べ、部屋を真っ暗にし、うまる曰くゼロ距離でDVDを観る。
しょっぱいポテイトチップスに、甘いチョコのたけのこの山脈を交互に食べることで無限に楽しめる組み合わせ、らしい。たけのこの山脈のクッキー部分で水分がなくなるためコーラを飲むのがよいらしく「うまぁ~。ぬひゃはぁぁぁぁ」という感嘆の声をあげていた。
イカのつまみ(甘酢)を食べ、そのすっぱさをチーズのマイルドさで相殺させコーラをがぶ飲みする。
「美味しいものを食べて、おもしろいものを観て、しあわせぇ~。うまるはいま、生きている」と迷言も残した。
ちなみに、その後、当然のごとくタイヘイがつくったジャンボハンバーグが食べられなくなり、タイヘイに食べさせた。

「きびしい社畜戦争を乗り切れないよ」

1話にて、一緒にサバイバルゲームをして、普段ゲームをしないタイヘイがリロード(弾薬の補充)にもたついて、敵ゾンビにやられてしまったことに対してはいた言葉。

「『FPS』は遊びじゃないんだよ!」

3話にて、海老名菜々と一緒にテスト勉強頑張ろうね。と言ったにも関わらずFPS(プレイヤーの操るキャラのみの視点で行われるシューティングゲームのこと)をしていたうまるに、「テスト前に遊んでるんじゃしかたないけどな」とタイヘイが嫌味を言ったことに対してカチンときて返した言葉。
ものすごく大事なことなので三回言いました。

「うまるの城」

5話にて、お風呂場にゲーム機などを持ち込み長風呂をしたときに発した言葉。
氷アイス、ポテイトチップス、漫画雑誌、密封したゲーム機を持ち込んで、発泡剤を使用してくつろいでいた。
曰く、「忙しいうまるはお風呂にもゲームを持ち込む。ゲーマーとして一秒たりとも無駄にすることはできないのだ。さらにお風呂の中で食べるポテイトは一見ミスマッチにみえるが、手の汚れを気にせず食べることができる」と堪能していた。さすがに干物妹状態ではおぼれてしまうのか、本来の頭身で入っていた。

「一万円!?なにどうしたの、うまるにワイロはきかないよ!?」

5話にて、夏休みにも関わらず、たいした私服も持っていないうまるにタイヘイがお小遣いとしてお金を渡したときに発した言葉。お金をもらってから発している。
ちなみに、せっかくのお金でゲームソフトを買って私服は安物で済ませている。

「来年から本気出す」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents