アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

アウトレットモールから脱出する際に亡くなった戦友から託された大事なベーコンを持つ英雄

アウトレットから脱出する際、共に戦った村井くんが最期に託してくれたベーコンを持つ英雄。

英雄は、アウトレットモールでサンゴたちと食料調達にフードコートへ向かった。ほとんどの食料が腐っている中、村井君がなんとかベーコンを見つけた。しかしそこにもZQNが侵略していて戦った末、生き残ったのが英雄とブライだった。二人は腹をくくり本名を教え合い、お互いに協力して脱出することにする。作戦開始直前ブライこと村井正和が、「お前に命あずけたっ。でも死ぬつもりはねえ!!失敗してもうらまねえから絶対成功しろよ!!」と言い残す。英雄は、先陣を切ってがんばっている村井に触発されて今まで受け身だった彼がリードをして二人は前へと進んで行く。しかし途中の橋の上でZQNに追い込まれエアガンの弾もなくなった村井は、「ベーコン置いていくわ。じゃあ悪い、お先に」と言い残して橋から落ちた。しばらくすると小田の運転する車が来た。英雄は飛び乗るが、何かを忘れたようで慌てて、待ってくれとお願いする。拾ったのは、「村井くんのベーコン」だった。信頼し合い共に戦った村井くんが命懸けで取ってきたベーコン。死ぬ間際に自分の為に置いていってくれたベーコン。英雄にとってとても大切な物である。

もう死んでいるが妹と意識を通じて交信し英雄を守ってくれと妹にお願いする小田

戦闘型ZQNと化した妹に英雄を守ってくれとお願いする小田。

池袋にたどり着いた英雄は、ZQNに追われて雑居ビルに逃げ込んだ。追いかけてくるZQNの中に一人見かけたことのある戦闘型の女性ZQNがいた。以前英雄は、箱根でZQNに助けられた際、ZQNの口の中で意識を通して彼女を見かけたことがあった。ZQNになった彼女が英雄に追いつき口が合わさると、彼女の記憶が見えた。そこは、小田の記憶の中であり、小田の妹の記憶でもある「感染者の見る世界」であった。小田は、最後のお願いとして妹に英雄を守ってくれと依頼した。すると妹から交換条件として、性行為をさせてくれという条件を提示された。小田は、約束を守ってくれるならとその条件を受け入れた。そこまで見ると英雄は意識を取り戻し、彼女の中に小田の存在を感じていた。そして目の前にいる戦闘型ZQNが、彼女の妹であることも知った。姉との約束を守って、襲ってくる他のZQNに首をもぎ取られるまで懸命に英雄の為に戦ってくれた。生前はぶっきらぼうだった小田の英雄への思いが感じられる場面である。

英雄に別れを告げて自ら巨大ZQNに取り込まれる比呂美

巨大ZQNに取り込まれる直前、英雄に別れを告げる比呂美。

比呂美は、英雄と相思相愛になり、一緒に生きようと誓い合った。しかし彼女には、巨大ZQNからの「一緒に行こう」「一緒になろう」という声が聴こえていた。東京へと向かう船の中で比呂美は、意識を通してクルスから「早く来いよ、あとはお前だけだ」とも話しかけられていた。また巨大ZQNは、比呂美とつながっているようで、彼女が手を上げると巨大ZQNも手を同じ動作をした。彼女の意思で、ZQNを動かすことができるようで、小田が感染する原因となった赤ちゃんのZQNも、小田を殺したいと思った比呂美の気持ちと繋がって小田に噛みついたのだ。それから比呂美は、ZQN化し始め、涙を流しながら英雄に別れを告げて巨大ZQNに取り込まれていった。パニックになりかけながらも英雄は、勉強や大好きな漫画などから逃げっぱなしの人生だったことに気付く。そしてもう逃げないと決め、比呂美を助けに行くことにした。

『アイアムアヒーロー』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

比呂美のコンプレックスは毛深いこと

比呂美は、毛深いことがコンプレックス。

半感染状態になりアウトレットでボウガンの矢が頭に刺さり意識を失っていた比呂美は、小田の手術後、芦ノ湖のペンションで目を覚ました。目を覚ますと元気になっていて、小田と「温泉に行きたい」と申し出た。目的は「ムダ毛処理」。英雄に「生きるか死ぬかの時にムダ毛なんて」と言われて、「あったしものっすごく毛深いんで、早く処理しないと、死んでも死にきれないんです」と反論している。念願の温泉に入った際も、お金を貯めて絶対に永久脱毛をすると小田に力説していた。ちなみに英雄は、女性の腋毛が好きな様である。

クルスは眠っていると本来の姿に戻る

クルスの本体

久喜幕府のクルスの中には、スコップの男・崇・コロリ隊の女兵士が入っている。クルス本体は、眠っていると元の姿に戻る。本来の姿は寝たきりの老人の様だ。彼は、小さい頃から寝たきりの状態で数十年間誰ともコミュニケーションがとれなかった。クルスの中にいる者たちの共通点は、半身不随や引きこもりなど絶望状態だったということである。また彼らはクルスの心の中でつながっていて、中で会話ができる。コロリ隊の女兵士が、中の人たちとの会話と通して「今、生きている人を助けよう」と提案する。そして屋上から飛び立つヘリコプターの手助けを始めた。クルスは身に危険が迫ったおばちゃんを守り、コロリがヘリコプターから身を乗り出して彼女を引き上げた。その際コロリが「あの娘が助けてくれたんでしゅよ」と言っている。

なぜか若返ったおばちゃん

若返って出産もしたおばちゃん

おばちゃんはヘリコプターで脱出する際、ZQNに襲われそうになったところをクルスに助けられた。ヘリコプターからコロリが腕を引っ張り引き上げたらなぜか若返っていた。クルスに取り込まれそうになった後、なぜか今まで履いていたズボンがなくなっていた。伊豆七島に到着した後、若返っただけでなく子どもも産んで、さらに二人目を妊娠中のようである。苫米地が「あの気のいいお兄ちゃんの子供を授かったと思ったら、次は誰の子だろうね」と言っているので、おそらく一人目の子の父親は、瀬戸と思われる。二人目の父親は誰なのか不明。

『アイアムアヒーロー』の主題歌・挿入歌

映画版主題歌:Allie Goetz『Home on the Range』

映画版主題歌「Home on the Range」

アメリカ合衆国の民謡で、カンザス州の州歌。
歌:Allie Goetz

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents