ヘタリア(Hetalia: Axis Powers)のネタバレ解説まとめ

2006年より日丸屋秀和の個人サイト「キタユメ。」にて公開されたWeb漫画およびそれを原作とするメディアミックス作品群。本作品は世界史を主軸とした、世界各国の国民性、歴史などをモチーフにしたキャラクターたちによる国擬人化歴史コメディである。イタリアを主人公とし、ドイツや枢軸国を中心に各国の国際関係などを史実とエスニックジョークを交えて描かれる。

CV.井上剛。スペインの擬人化。一人称は「俺」。
明るくマイペースな性格をしており、鈍感で周囲にのせられやすい。根は親分肌。
ロマーノを可愛がっている。広域的な関西弁を話す。

ギリシャ

CV.髙坂篤志。ギリシャの擬人化。一人称は「俺」。
のんびり屋でゆっくり話す。しかし車に乗ると少しだけ早くなる。
経済支援の関係で日本とはそこそこ仲が良い。トルコとは犬猿の仲。

中欧

オーストリア

CV.笹沼尭羅。オーストリアの擬人化。一人称は「私」。
かつて欧州をフランスと二分していた元大国。イタリアを支配していたこともある。
政略結婚を繰り返すことで大国となった。神聖ローマのトップに立った時は尖がっていたが、年を重ねるごとに変な方向におっとりした。
ハンガリーとは現在、ビジネスパートナーとして良好な関係。

ハンガリー

CV.根谷美智子。ハンガリーの擬人化。一人称は「私」。
見た目に反して勇ましい、元騎馬民族の女性。頼れる素敵なお姉さんだが敵に回してはいけない。
普段はおしとやかに振舞っているが、時々出してはいけない素が出る。
オーストリアの使用人をしていたことがある。今は共同でいろいろしている。ルーマニアとは犬猿の仲。

スイス

CV.朴璐美。スイスの擬人化。永世中立国。一人称は「我輩」。
WW1後の恐慌時に、裕福でない中、窮地に立たされたリヒテンシュタインを義妹として引き取り、可愛がっている。
四方を強国に挟まれるなど苦難の歴史を辿ってきたためか、他国とかかわりを持とうとしない。

リヒテンシュタイン

CV.釘宮理恵。リヒテンシュタインの擬人化。一人称は「私」。
スイスの義妹。窮地を救われて以来スイスを「兄様」と呼んでいる。
奥ゆかしいおとなしい性格だが自分の意見ははっきり言う。

ポーランド

CV.たなかこころ。ポーランドの擬人化。一人称は「俺」。
リトアニアとは大親友。人見知りが激しい。慣れると自己中心的な言動を見せる。

東欧

ブルガリア

CV.井上剛。ブルガリアの擬人化。一人称は「俺」。
ルーマニアと仲がいい。ちょっと気弱だが計算高い一面もある。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents