あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の概要

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送された。2012年に漫画化され、2013年8月31日には劇場版が公開、2015年9月21日には実写ドラマが放送された。略称は「あの花」である。
埼玉県秩父市が舞台設定のモデルとなっており、実在する建物、風景などが多く登場する。秩父市はファンが聖地巡礼として訪れる観光名所となった。

幼馴染6人は「超平和バスターズ」というグループを結成し、山の中になる秘密基地で遊んでいた。ある日、「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が事故で亡くなってしまう。めんまの死をきっかけに、「超平和バスターズ」は決別し、高校に入学したときには疎遠な関係となってしまった。
主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」は高校受験に失敗し、高校にも行けなくなって引きこもりの生活を送っていた。そこに、突然死んだはずのめんまが現れる。めんまは成長した姿でじんたんの前に現れ、「お願い」を叶えて欲しいと言うが、めんまは肝心な「お願い」の内容を思い出せずにいた。じんたんはめんまを成仏させようと奔走し、かつて「超平和バスターズ」の仲間であった「安城 鳴子(あんじょう なるこ)」こと「あなる」、「久川 鉄道(ひさかわ てつどう)」こと「ぽっぽ」、「松雪 集(まつゆき あつむ)」こと「ゆきあつ」、「鶴見 知利子(つるみ ちりこ)」こと「つるこ」に協力を得ようとするが、めんまの姿はじんたん以外には見えないため、めんまが現れたことを信じてもらえなかった。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のあらすじ・ストーリー

じんたんの前に死んだはずのめんまが現れる

じんたんの元に死んだはずのめんまが現れる

夏休みのある日、主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の元に、死んだはずの幼馴染、「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が現れた。じんたんは幼い頃、近所の幼馴染と「超平和バスターズ」というグループを結成して遊んでいた。しかし、事故によってめんまが死んでしまい、超平和バスターズのメンバー間には距離が生まれて疎遠な関係となっていた。高校受験に失敗し、引きこもり生活を送っていたじんたんの元に突然現れためんまは「お願いを叶えて欲しい」と言う。めんまは肝心の「お願い」の内容を思い出せずにいた。じんたんはめんまの存在を「熱さや鬱屈した生活のストレスで頭をやられてしまい、その挙句に現れた夏のケモノ」と言って自分の幻想だと思っていたが、めんまの勢いに押されて手探りでめんまのお願いを叶えようとしていく。

夏休みの最後の日に、かつての超平和バスターズの元メンバー、「安城 鳴子(あんじょう なるこ)」こと「あなる」が夏休みの宿題を届けにじんたんの家にやってきた。あなるとは同じ高校の同じクラスだったが、めんまの事故以降は疎遠となり、お互いを名字で呼ぶようになっていた。宿題を届けてくれたあなるにお礼をしに行くというめんまに押され、外に出るじんたんだったが、途中で超平和バスターズの元メンバー、「松雪 集(まつゆき あつむ)」こと「ゆきあつ」、「鶴見 知利子(つるみ ちりこ)」こと「つるこ」と遭遇した。ゆきあつとつるこは、じんたんが受験で失敗した進学校に通っており、二人は超平和バスターズが解散となっても一緒に行動していた。ゆきあつとつるこにめんまのことを言おうとするが、ゆきあつがめんまの名前を聞くと人が変わったようになり、学校に行っていないじんたんを見下したような発言をする。その言葉に逃げ出してしまったじんたんはめんまにも「お前といると…嫌なこととか思い出して、イライラすんだよ」と言ってしまう。めんまはその言葉にハッとして立ち止まってしまう。

じんたんは超平和バスターズとして遊んでいた昔を思い出す。平和を守るために幼馴染6人で結成した超平和バスターズは、隠し事を無しにしてみんなで楽しく過ごしていた。ある日、あなるが「じんたんってさ…めんまのこと、好き…なんでしょ?」とじんたんに聞くと、じんたんは照れ隠しで「誰がこんなブス!」と言ってしまった。めんまが泣いてしまうと思ったじんたんだったが、めんまは困ったように笑ったのであった。その笑みにいたたまれなくなり、じんたんはその場から逃げ出してしまった。「明日謝ればいいや」と思っていたじんたんだったが、めんまが川に溺れて死んでしまい、その明日は永遠に来ることがなかった。

あの日のことを思い出したじんたんは「俺は…欲しかった。ずっと…あの日の明日が。めんまに謝れる明日が…欲しかった。」といい、家に帰ってこないめんまを探しに、かつて超平和バスターズで拠点にして遊んでいた秘密基地へと向かう。そこには人が住んでいる形跡があり、大きく成長した「久川 鉄道(ひさかわ てつどう)」こと「ぽっぽ」に会った。

めんまがいることを信じないゆきあつ

めんまがいることを頑なに信じないゆきあつ

ぽっぽはあっさりとめんまのことを信じ、一緒にお願いを叶えてくれると言った。じんたんとぽっぽは、めんまが「のけもん」というゲームでレアモンスターを欲しがっていたことを思い出し、ゲームが好きなあなるに協力を求める。じんたんとあなるが協力してレアモンスターをゲットするが、それはめんまのお願いではなかったため、めんまは消えなかった。あなるはめんまの存在を否定はしないものの、完全には信じてはいなかった。しかし、あなるの優しくて人を放っておけない性格からか、めんまのお願いを叶えることには協力してくれるようになった。

じんたんはめんまの願いが学校に行くことかもしれないと思い、学校に行こうとするものの、クラスメイトに茶化されて秘密基地へと逃げ帰ってしまう。秘密基地には挙動不審なぽっぽが、「めんまを見た」と言っていたのであった。

ぽっぽはみんながまた一同に集まったことを記念して、秘密基地でバーベキューを企画する。全員は集まらないだろうと思っていたバーベキューだったが、ゆきあつとつるこも肉を持って秘密基地にやってきた。ぽっぽがめんまを見たという話をすると、ゆきあつもめんまを見たと言い、めんまが「これ以上騒ぎ立てないでくれ」と言っていたとみんなに伝えた。めんまは必死に否定するが、じんたん以外には届かなかった。じんたんはめんまが作った蒸しパンを出し、めんまは「皆が集まってくれたら嬉しい、忘れないでくれたら嬉しい」と言っていたことを話すが、誰も信じなかった。ゆきあつは「いつまでもめんまに囚われて、情けないな」と言い捨て、帰ってしまう。じんたんも帰ってしまい、その場に残ったぽっぽとつることあなる。すると、つるこがぽっぽに「久川が見ためんまってどんな感じだった」と聞く。ぽっぽはあまり良く覚えていなかったが、つるこには何やら心当たりがあるようであった。

翌日、つるこがじんたんの家へとやってきた。つるこはじんたんにある頼み事をする。それはロードワーク中のゆきあつに「俺のめんま」であることを強調して話しかけるということであった。つるこ曰く、それは「偽りの平和をバスターする」ということであった。「俺のめんま」という言葉に反応し、静かに怒ったゆきあつは「気安く話しかけんな、負け犬」と言って、走り去ってしまった。家に帰ったゆきあつは様子がおかしく、クローゼットに向かって「めんま、出てこいよ。あいつにお前のことみせてやろうぜ。」と話しかけていた。その夜、ゆきあつ以外のメンバーが秘密基地に集まっていた。すると、ぽっぽとめんまが「めんまを見た」と言う。じんたん達はめんまと共にめんまを探しに行くが、白いワンピース姿が一瞬見えて、走り去ってしまった。すると、つるこが「そんなでかいガタイして、すね毛剃っても相当無理があるわよ!ゆきあつ!」と叫ぶ。その言葉に動揺した白いワンピースの人物は逃げようとするが、枝に引っかかってしまったカツラを取ろうとして、足を滑らせてしまう。その白いワンピースの人物はゆきあつであった。
ゆきあつはあの日、めんまが死んだのは自分のせいだと言いだす。「俺があんなことを言ったせいでめんまは死んだんだ!俺のせいなんだよ!めんまはどこにもいない!」と言って泣き出してしまうゆきあつに、めんまは「ここにいるよ」と優しく言う。じんたんはめんまの言葉を伝えるが、ゆきあつはまだ信じられない。めんまが「ぱっちんありがとう。ごめんね」と言っていることを伝えると、ゆきあつはハッとし、カツラを持って静かに帰って行った。ゆきあつがじんたんに強くあたったり、「いつまでもめんまに囚われて、情けない」と言っていたのは、全部自分がめんまのことを忘れられないからであった。
めんまが死んだあの日、じんたんを追いかけるめんまを止め、告白をしてピンクの花のついた髪留めをあげようとしたゆきあつ。ゆきあつは自分の告白のせいでめんまが死んでしまったとずっと思っていたのであった。

クラスがあなるの話題でもちきりになっているところを助けるじんたん

ゆきあつの女装がバレても、つるこはゆきあつに普段どおりに接していた。ゆきあつはそんなつるこに「お前のおかげで色々踏みとどまれたよ、ありがとな」と感謝を述べる。2人が電車を待っている時、大きな荷物を持ったあなると、クラスメイトの春菜(はるな)と亜紀(あき)を見かけた。春菜と亜紀は最近付き合いが悪くなったあなるに対して、「友達やめようかと思った」と言い、カラオケ合コンにくるように仕向けていた。あなるは乗り気ではないが、断りきれずにカラオケ合コンに来てしまう。一人浮かない顔をしていたあなるに対し、社会人の男はあなると抜け出すと言い、カラオケを出る。あなるは駅まで送ってくれるのかと思っていたが、男はあなるをラブホテルに誘った。泣きながら抵抗するあなるだったが、男は強引にあなるを連れて行こうとする。そこにゆきあつが通りかかった。ゆきあつは近くでじんたん達と遊んでいるから混ざらないかと声をかける。それでも男はあなるを連れて行こうとするため、ゆきあつは遊んでいるという数人にこっちにくるよう声をあげる。男は観念したようで、あなるを離して去っていった。

じんたんはめんまを成仏させるために、学校に行って授業を受けることにした。クラスメイトが噂するだろうと身構えていたじんたんであったが、話題はあなるのことで持ち切りであった。あなるがラブホテルに連れて行かれそうになっているところをPTAの人が目撃したらしく、あなるに援助交際の疑いがかけられていた。授業中もあなるの噂でクラスがざわついていて、じんたんは自分のことは全然眼中にないと拍子抜けしていた。あなるはじっと授業を聞いていたが、ノートに書いているのは「助けて」の文字であった。それを見たじんたんは急に立ち上がり、「俺を見ろ!!久々に学校に来た男だ。ど、どうだこの顔、さぞ珍しかろう!こいつなんて、いつでもどこでも会える。 ラブホ!? それくらいで大騒ぎか!?こいつはどう見たってラブホの一つや二つくらい行ってるラブホ顔じゃねーか!!言っておくが、こいつに限っては援交なんて絶対やらねー!」と叫ぶ。続けてあなるの紹介を始めるじんたんを、あなるは教室から連れ出した。この件で家にも帰りづらくなったというあなるは、秘密基地に寝泊まりするようになった。

打ち上げロケット花火を作る

めんまを成仏させるためにロケット花火を打ち上げる

あなるとぽっぽとじんたんは秘密基地に集まり、めんまのお願いについてで考える。ぽっぽがめんまの家に行ってみようと言い出し、じんたんとあなるとぽっぽはめんまの家に行くことになった。めんまの母、イレーヌはじんたん達が来てくれたことを喜び、めんまが生前書いていた日記を快く貸してくれた。そのことをめんまに言うと、めんまは怒ってじんたんのご飯を没収してしまう。めんまは「めんま、ママにすっごくすっごく寂しい思いさせてる。これ以上ママのこと、寂しくさせたくないの」と涙を流しながら言う。「ママに少しでもめんまのことを忘れてほしい」と泣くめんまに、じんたんは怒って「お前、みんなが忘れないでいてくれたら嬉しいって言ってただろ!」と言う。じんたんは自分が傷ついているのに周りのことを気にして笑っている態度や、人を気遣いすぎるめんまの優しい性格に対して、もっと自分のことを大切にしろと言い、怒っていた。

めんまの日記を見たじんたん達は昔、打ち上げロケット花火を作ろうとしていたことを思い出す。めんまがそのロケットの打ち上げをとても楽しみにしていたので、めんまのお願いはロケット打ち上げ花火を作ることではないかと考えた。女装の件でめんまの存在を信じたゆきあつとつるこも協力してくれるようになり、じんたん達は打ち上げ花火を作ることにする。じんたんの父親の知り合いの花火職人に、花火作りの協力をお願いしに行ったが、花火を作るには20万円もの費用がかかると言う。その資金作りのため、じんたんは昼はあなるのアルバイト先のゲームショップ、夜は工事のアルバイトをすることにした。だが、最初は快く花火作りに協力してくれると言っていた花火職人が、急に花火は作れないと言い出した。それは町の役員であるめんまの父親が、花火作りをやめてほしいと言っていたからであった。めんまの父親を説得しようと、ゆきあつとつるこも加わってめんまの家に行った5人だったが、花火作りに反対しているのはめんまの父親ではなく、母親のイレーヌであった。死んだ娘をダシにして、みんなで楽しく遊んでいると言われた5人は、やっぱり花火作りはやめようと言い出す。じんたん以外の4人は、めんまの存在を完全に信じたわけではなく、半信半疑だったことがわかった。じんたんはそれでもアルバイトを続けていたが、つるこやゆきあつの家に謎の無言電話がかかってくる。発信先はじんたんの家の電話であった。秘密基地に集まり、ゆきあつはじんたんに電話の件を問い詰める。電話をかけた時間はじんたんはアルバイト中で、かけられるのはめんましかいないと言うじんたんに、ゆきあつは「いい加減にしろよ!」と掴みかかる。他の3人もこんなときまでめんまの幽霊ごっこはやめろと、じんたんではなくゆきあつに味方するようになっていた。そこにめんまがやってきて、めんまの日記にメッセージを書く。それは、今日の出来事であり、間違いなくめんまの筆跡であった。

めんまの存在を信じざるを得なくなった4人は、じんたんの家でめんまが作ったレーズン入りの蒸しパンを食べることになった。めんまと筆談しようとするが、秘密基地以外でめんまが文字を書くことはできず、今まで通りじんたんを介しての会話しかできなかった。4人はめんまを成仏させるため、めんまの父親と母親を説得して花火作りを無事に再開させることができた。みんなは少しづつ過去と向き合うようになり、花火が完成する。ぽっぽがめんまを見送るための花火大会の決起集会を企画し、みんなで秘密基地で集まることになった。そこでゆきあつがめんまが死んだ、あの日の再現をしようと言い出した。あなるもぽっぽも当時の出来事の再現をし、じんたんにめんまのことが好きかどうかを聞くが、じんたんはあの日とは違い、小さな声で「好きだ」と言って逃げ出そうとする。ぽっぽに止められてめんまを見ると、ポロポロと涙をこぼしていた。
その帰り道、めんまに「ずっとここにいればいい」と言うじんたんに、めんまは「成仏、しますよ」と言った。めんまは生まれ変わりを信じており、生まれ変わってまたみんなとお話したいと思っていたのであった。

じんたんは打ち上げ花火を上げる直前まで、めんまを成仏させるかを悩んでいた。他のみんなは必死にめんまを成仏させようとしていたので、悩んでいたことも言えずに打ち上げ花火は上がってしまう。しかし、花火があがってもめんまは成仏しなかった。

めんまの本当の願い

本当の願いが叶えられたため消えかかっているめんま

打ち上げ花火をあげた日、じんたん以外の4人は、めんまを成仏させようとしていたのは自分のためだったということを明かす。自分の勝手な思いのせいでめんまが成仏しなかったと泣き出す4人だったが、途中からみんながあだ名で呼び合っていることに気づく。過去の痛みや現在の思いを打ち明けあったみんなは和解し、再び超平和バスターズを結成する。今度こそめんまのお願いを叶えようと一致団結するが、めんまの体は消えかかってしまっていた。

めんまは本当の「お願い」を思い出した。じんたんの母「宿海 塔子(やどみ とうこ)」のお見舞いに来ていた幼いめんまは、塔子から生まれ変わりの話を聞く。塔子は自分の命がもう長くはないことを悟っており、死ぬことは怖くはないが、1つだけ心配なことがあるとめんまに話をする。その心配とは、塔子の入院以来、感情をあまり見せなくなってしまったじんたんのことであった。じんたんは母親を心配させないように、母親の前で弱音を吐いたり、泣いたりしなくなっていた。その話を聞いためんまは、「じんたん絶対泣かす!」と塔子と約束をする。しかし、その約束が果たされることがないまま、めんまは事故で、塔子は病気で亡くなってしまった。めんまはまだ叶えていない約束「じんたんを泣かす」ということを叶えるために、じんたんの前に現れていたのであった。そしてそのお願いは、じんたんが花火作りでアルバイトをしているとき、あなるに「お願い叶えたら、めんまいなくなっちゃうんだよ!?」と言われた夜、めんまを見て泣いてしまったことで叶えられていたのであった。

急いで秘密基地にめんまを連れて行くじんたんだったが、秘密基地についたときには、じんたんにもめんまの姿が見えなくなっていた。めんまの姿が見えなくなって動揺するじんたんに、めんまは「か、隠れんぼだよ!」と言う。超平和バスターズのみんなは隠れんぼをしているというめんまを必死に探すが、もう夜が明けそうになっていた。すると、あなるが木の側に手紙が置いてあるのを見つける。それはめんまが最後の力を振り絞って、みんな宛に書いた手紙であった。
めんまは皆に想いを伝え、消えてしまいそうになるが、5人はめんまを探しており、「もういいかい!」と叫び続ける。めんまは「もういいよ!」と答え、その声はじんたんだけでなくみんなに届いた。みんなにめんまの姿が見えるようになっていたのであった。みんなはめんまのことが大好きだと伝え、めんまを見送るために「めんま、見ーつけた!!!」と叫ぶ。めんまは嬉しそうに泣きながら「見つかっちゃっ…た」と言って消えていってしまった。

めんまが消えてからは、じんたんはあなるとともに学校へ通う日々を送る。ゆきあつとつるこも今まで通りに学校に通っているが、二人の距離は縮まっているようである。ぽっぽはアルバイトをしながら高卒認定をとるために勉強を始めていた。じんたんが秘密基地へやってくると、他のみんなが秘密基地の外でじんたんを待っていた。そして、秘密基地の超平和バスターズの文字には、ずっとなかよしという言葉が書き加えられているのであった。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の登場人物・キャラクター

超平和バスターズ

宿海 仁太(やどみ じんた)/じんたん

CV:入野自由、田村睦心(幼少期)

本作の主人公。あだ名は「じんたん」である。幼馴染のグループで結成した「超平和バスターズ」のリーダー的存在であった。超平和バスターズのメンバーである「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」(あだ名:めんま)に、心にもない言葉を言ってしまった後、めんまが事故で死んでしまったことで心に深い傷を負う。その後、母の死や、高校受験失敗などが重なり、学校にも行かずに家に引きこもるようになる。外出するときは近所の人や同級生の目を気にして、ニット帽やメガネで変装してから出かけるようになった。
ある日、じんたんの前に突然現れためんまを「夏のケモノ」と言い、自分が生み出した幻想だと思っていた。めんまの「お願い」を叶えるため、学校に行ってみたり、かつての超平和バスターズの仲間に声をかけてみたり、バイトをするようになり、引きこもりから脱却していく。
仲間の危機を放っておけない性格で、同じ高校で超平和バスターズの一員であった「安城 鳴子(あんじょう なるこ)」(あだ名:あなる)があらぬ誤解でクラスメイトや学校中で噂になったときには身を挺して、あなるのことを庇った。
変わったデザインのTシャツをよく着ている。

本間 芽衣子(ほんま めいこ)/めんま

shu4220d9
shu4220d9
@shu4220d9

Related Articles関連記事

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

涙腺崩壊必至!?泣けると話題のアニメ作品まとめ【あの花、クラナドほか】

涙腺崩壊必至!?泣けると話題のアニメ作品まとめ【あの花、クラナドほか】

泣きたいときに思いっきり涙を流して気持ちをリフレッシュさせる「涙活」。膨大な数のアニメの中には「涙活」にぴったりな、「泣ける」作品がたくさん存在している。本記事では特にSNS上で評価が高かった「泣ける」アニメ作品を、簡単なあらすじや登場人物・キャラクター、メディア展開情報などを含めてまとめて紹介する。

Read Article

【号泣必至!】あの花の感動するポイントをおさらい!【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。解説・考察】

【号泣必至!】あの花の感動するポイントをおさらい!【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。解説・考察】

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』では幼馴染の死という過去を抱えた若者たちの淡い恋や罪の意識、絆や成長といった内容が描かれて多くの感動を呼んだ。その後漫画や映画、実写ドラマも制作された。ここでは作品のどこに感動するのか解説する。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents