THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー、イエモン)の徹底解説まとめ

90年代半ばからスマッシュヒットを飛ばし、人気絶頂の2001年に活動休止、後に解散したロックバンド、「THE YELLOW MONKEY」。
2016年、ファン待望の再結成を行い、全国20か所をツアーで回った。
再結成後にはシングル『砂の塔』をリリースし、2016年年末の紅白歌合戦に初出場が決まった。

THE YELLOW MONKEYのプロフィール

THE YELLOW MONKEYは1988年結成のロックバンド。
2004年に解散したが、2016年に再結成。
シングルリリース、ライブ活動を精力的に行っている。

結成からデビュー

1988年に結成し、当初は吉井がベースを担当していた。
ベーシスト廣瀬の加入、前ヴォーカルの脱退で、吉井はギター・ヴォーカルへと役割を変える。
また、すでにメジャーデビューしていたドラムの菊地英二が加入。
さらには、英二の実兄・英昭がギターとして加入し、1989年に現メンバーが揃った。

1991年にはインディーズレーベルENGINEから『Bunched Birth』をリリースした。

メジャーデビュー

1992年、日本コロンビアと契約を結び、1stシングル『Romantist Taste』でメジャーデビューを果たした。
バンドとしては2作目で、メジャーファーストアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』をリリースしたが、オリコンチャート圏外という散々な結果だった。

1994年、コンセプトアルバム『jaguar hard pain』をリリース。
オリコンチャートは28位と今一つだったが、ライブの観客動員は軒並み上昇し、翌年に武道館公演を行うことも決まった。

路線変更からのブレイク

「10万枚で終わるか、オリコン1位を目指すか」とディレクターに問われたメンバーは、「オリコン1位を目指す」と答えた。
これにより、オリコンを意識した楽曲作りを始めた。

1995年2月、メジャー4枚目のアルバム『smile』はオリコンチャート初登場4位を記録した。
同年11月には、メジャー5枚目のアルバム『FOUR SEASONS』をリリースし、バンド初のオリコンチャート初登場1位を獲得した。
その後のシングル、アルバムともにオリコン上位の常連となり、人気を不動のものとした。

活動休止、そして解散

8枚目のメジャーアルバム『8』のレコーディングあたりから、多忙さからメンバー間に距離ができる。
そして、2001年、初の東京ドーム公演である「メカラ ウロコ・8」終了後、バンドは活動を休止した。

メンバーはそれぞれソロ活動を行っていたが、2004年、東京ドームで開催された「THE EXHIBITION AND VIDEO FESTIVAL OF THE YELLOW MONKEY メカラウロコ・15」の最終日に、バンドの代表曲『JAM』を演奏し解散した。

再結成

2016年申年、THE YELLOW MONKEYの新公式サイトで突如カウントダウンが表示された。
カウントダウン当時の1月8日、再結成と全国ツアーが発表された。
同年10月には再結成後初のシングル『砂の塔』をリリース。
12月には紅白歌合戦に初出場。

メンバー紹介

吉井和哉

ヴォーカル担当。愛称はロビン(LOVIN)。
多くの楽曲で作詞作曲を行っている。
元妻とは三女一男をもうけており、2015年に結婚した眞鍋かをりとの間にも子供が生まれている。

菊地英昭

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents