X JAPAN(エックス・ジャパン)の徹底解説まとめ

世界を舞台に活躍する、ヴィジュアル系ロックバンド、X JAPAN。
華々しくメジャーデビューし、出すアルバムすべてが大ヒットを記録したが、人気絶頂の中での解散、メンバーの死という苦難を乗り越えて再結成した。
現在は、ワールドツアーや新曲の発表など精力的に活動している。

Forever Loveに次ぐ人気バラード。
ライブでは必ず演奏され、ファンとの大合唱となる。

YOSHIKI伝説

今でこそ落ち着いているが、YOSHIKIは破天荒で有名だった。
数ある伝説の中から代表的なものを紹介する。

カレーが辛い

ライブ前日に食べたカレーが辛いことにキレた。
テーブルをひっくり返し、リハーサルをすっぽかして帰ってしまった。

シャワーが熱い

撮影前のスタジオのシャワーで熱湯しか出ずキレた。
当然撮影は中止となり、またまた帰ってしまった。

布袋寅泰

1994年の音楽イベントで、YOSHIKIがリハーサルに遅刻した。
布袋は怒り狂い、打ち上げの席で喧嘩になった。
その後、YOSHIKIはホテルの布袋の部屋のドアを叩くなど大暴れした。
なお、布袋ファンのhideが謝罪して、和解したとのこと。

関連リンク

www.xjapanmusic.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

自殺ではなく事故死!?hideが最晩年に遺した曲達を紐解く!

1998年、衝撃的な「自殺」を遂げファンのみならず世間を驚かせた、元X JAPANのhide氏。数多の伝説を持つ彼ですが、どうやら「事故死じゃないか」との見方もある模様。死後20年近く経っても未発表曲が発売されるほどの人気や話題は、単に「若くしてショッキングな死に方をした」ためではないのです。そんな彼が「最晩年」に遺した曲の一部をご紹介。

Read Article

目次 - Contents